環境デザイン領域日本庭園

Environmental Design Field

一流の現場に立ち、実践を身につける。

日本庭園の歴史を振り返ると「いつの時代にも創造的であったものだけが伝統となり、その伝統が新たな創造性を刺激する」という「創造する伝統」の思想が見えてきます。そして、それこそが、現代に求められている重要な命題だといえます。「庭園史研究」「作庭技術」「文化財庭園の保存修復」を三本柱とする本分野では、日本庭園の歴史を踏まえたうえで、伝統的日本庭園の立地・空間構成・意匠・素材・技法等を実地に検証・考察する中から現在へのメッセージを読み解き、それぞれの研究や作庭、デザインに生かしていきます。

この分野の特長

京都を中心に、週末スクーリングを開講WEB学習も組み合わせ、効率的に学ぶ

京都と東京それぞれの立地を活かしたスクーリングを開講。土・日のみのスクーリングで修了できる、社会人にも取り組みやすいカリキュラムを整えています。

充実した実地研修で深く学べる

文化財庭園の保存管理・修復現場、石造美術の工房などの現地を訪れ、実践的な学びを重ねます。名庭と向き合い、作庭家の意図、職人の思いを直接感じ取ることで、独自の視点を確立していきます。

学びの要となる三本柱

「庭園史研究」「作庭技術」「文化財庭園の保存修復」を学びの要とし、一流の庭師や文化財庭園保存技術者から直接指導を受けることで、多様な視点から各自の研究を深めていきます。

学びのすすめ方1年次

日本庭園の本質を見極め、その再生と創造に資する力を養う。

環境デザイン演習(日本庭園)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

伝統的日本庭園の本質とは何か。そこから何を学び、未来へ継承・発信すべきか。この命題に応えるため、名庭と向き合い、作庭家の意図、職人の思いを感じとり、独自の視点を確立していきます。実地研修と研究発表の二本柱で、文化財庭園の修復現場なども訪問。その成果を各自の視点で発表し、研究テーマを絞り、資料収集や調査など、修了研究・制作への骨格づくりをします。

環境デザイン特論Ⅰ-1、2
(テキスト科目)

本科目では、「プロジェクト研究」「工法・技法研究」、それぞれについて基礎的資料収集・調査、あるいは教材の精読、および整理・分析を行います。それらを通して、修了制作の研究テーマを抽出するための基礎知識および観察力を獲得し、さらには自身の研究を客観的に位置付けることのできる判断力を養います。

学びのすすめ方2年次

独自性のある視点と知見を生かし、質の高い研究・制作へ。

環境デザイン研究(日本庭園)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

自身の設定したテーマについて、学術的・芸術的・デザイン的解答を導き出すための演習を行います。先行研究や事例の資料収集などから自身の研究制作の客体化と位置づけを行い、そこから導き出される目的の明確化、方法論を検討、調査、ケーススタディ、分析評価、結論への到達といった一連の研究制作プロセスを通して、専門家としての素養を高め、独自性のある視点と新しい知見を手に入れ、質の高い研究・制作へと結実させていきます。

環境デザイン特論Ⅱ-1、2
(テキスト科目)

日本庭園はランドスケープデザインの原点といえます。本科目の「日本庭園論」と「ランドスケープ論」では、総合的な観点からの思索を通じて、修了研究・制作をより質の高いものにしていく糧とします。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2019』でご確認ください。

■スクーリング日程 ※2019年度のスクーリング日程は2019年1月に公開予定です。

学生紹介

坂部 真理30歳 神奈川県 大学院1年次

多摩美術大学環境デザイン学科ランドスケープ専攻を卒業後、造園会社と設計事務所で8年実務経験をしてから本大学院に入学しました。入学当初は漠然としていた研究対象でしたが、自分なりに整理、言語化し「自分が人生でやりたかったのはこれだ」と心から思える道筋へ、的確に指導してくださる先生方には頭が下がります。また、共に学べる学友・先輩達の発表や会話の中から学べることも多々あり、一人で進んでいくよりも多角的な視野が持てることが大きいです。自分の人生において、間違いなく今が一番前向きで自由で広がっていることを感じられ、楽しい日々です。私はケニアで生まれ育っているので「ケニアにおける日本庭園の造園技術を援用・展開する」ことを研究としています。まだ文献調査の段階で不安要素も多々ありますが、素晴らしい教授陣にご指導を賜りながら、今後も研究を進めていくことが楽しみです。

■教員 尼﨑 博正(教授)加藤 友規(教授)

修了制作 作品ギャラリー

小島 弘嗣39歳 愛知県 2017年度修了

[修了研究・制作について]日本庭園の骨格をつくりあげている石組。それらによって創りだされる空間構成について研究を行った。多くの庭園をまわり、粘土模型をつくるなどの工夫をしながら検証し、石組を基軸とした空間論を展開できた。

[成果、そして、これから] 仕事をしながらの研究は想像以上に大変だった。しかし、学びたいという熱い気持ちを持って入学した同期や先輩、後輩との出会い、なにより親身になってご指導くださった先生方との2年間は、今後の大きな糧であり財産である。


庭園の空間性に関わる石組造形論序説

加藤 武史42歳 京都府 2017年度修了

[修了作品について]国の名勝「對龍山荘」庭園の植栽景観について、現場の視点から研究し、具体的な庭園の育成管理法を見いだそうとした。結果、對龍山荘単体ではなく、南禅寺界隈という広い視野で、植栽景観を育むという新しい目標に至った。

[学びの振り返り]専門的な知識はもちろんのこと、先生方や他の院生との出会いで世界が広がったこと、「研究する」という新しい挑戦をしたことが、仕事する上で良い刺激となった。


名勝對龍山荘庭園の植栽景観のあり方に関する研究

西岡 貞義62歳 京都府 2017年度修了

[修了研究・制作について]京都市の岩倉にある「圓通寺」を事例として、景観法が施行された現状を「視点場からの眺めの通年観測」などの手法を用いて確認。宅地造成による山肌の露出などに対する改善方法や、景観を守る関係者の取り組みについて提案を行った。

[学びの振り返り]私の学びは、先人の研究論文や資料を探し、調べ読むことからはじまりました。大学の図書館では足りず、国会・府立・市立の図書館をハシゴ。研究に必要な資料整理は、新たなことをはじめるための第一歩である、とあらためて感じました。


庭園と周辺景観とのつながりに関する調査研究 ―圓通寺を事例として―

森 和生43歳 愛知県 2017年度修了

[修了研究・制作について]庭師でありながら、庭に関する知識・勉強不足を感じて入学。修了研究は茶道に関する題材だったので、資料も茶道・茶庭に関するものが多く、読むことで自分の知識として取り込まれていく感覚が楽しかったです。

[成果、そして、これから]先生に教わりながら庭園を見ることで、自身の庭の見方にも変化が生まれ、先生の言葉の意味を理解することで自身の成長を感じられました。ゆくゆくは文化財庭園に携わり、引退まで学びつづけ、日本の伝統文化である「庭」を後世に伝える努力をしていきたい。


古田織部の路地空間に関する研究 ―御成を想定した造形―

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会