環境デザイン領域日本庭園

Environmental Design Field

一流の現場に立ち、実践を身につける。

日本庭園の歴史を振り返ると「いつの時代にも創造的であったものだけが伝統となり、その伝統が新たな創造性を刺激する」という「創造する伝統」の思想が見えてきます。そして、それこそが、現代に求められている重要な命題だといえます。「庭園史研究」「作庭技術」「文化財庭園の保存修復」を三本柱とする本分野では、日本庭園の歴史を踏まえたうえで、伝統的日本庭園の立地・空間構成・意匠・素材・技法等を実地に検証・考察する中から現在へのメッセージを読み解き、それぞれの研究や作庭、デザインに生かしていきます。

この分野の特長

京都を中心に、週末スクーリングを開講。WEB学習も組み合わせ、効率的に学ぶ

京都と東京それぞれの立地を活かしたスクーリングを開講。土・日のみのスクーリングで修了できます。またwebを活用した自宅学習を組み合わせることで、社会人にも取り組みやすいカリキュラムを整えています。

充実した実地研修で深く学べる

文化財庭園の保存管理・修復現場、石造美術の工房などの現地を訪れ、実践的な学びを重ねます。名庭と向き合い、作庭家の意図、職人の思いを直接感じ取ることで、独自の視点を確立していきます。

学びの要となる三本柱

「庭園史研究」「作庭技術」「文化財庭園の保存修復」を学びの要とし、一流の庭師や文化財庭園保存技術者から直接指導を受けることで、多様な視点から各自の研究を深めていきます。

教育訓練給付制度 指定講座 ※詳細は『募集要項2021』をご確認ください。

学びのすすめ方1年次

日本庭園の本質を見極め、その再生と創造に資する力を養う。

環境デザイン演習(日本庭園)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

伝統的日本庭園の本質とは何か。そこから何を学び、未来へ継承・発信すべきか。この命題に応えるため、名庭と向き合い、作庭家の意図、職人の思いを感じとり、独自の視点を確立していきます。実地研修と研究発表の二本柱で、文化財庭園の修復現場なども訪問。その成果を各自の視点で発表し、研究テーマを絞り、資料収集や調査など、修了研究・制作への骨格づくりをします。

環境デザイン特論Ⅰ-1、2
(テキスト科目)

本科目では、「プロジェクト研究」「工法・技法研究」、それぞれについて基礎的資料収集・調査、あるいは教材の精読、および整理・分析を行います。それらを通して、修了制作の研究テーマを抽出するための基礎知識および観察力を獲得し、さらには自身の研究を客観的に位置付けることのできる判断力を養います。

学びのすすめ方2年次

独自性のある視点と知見を生かし、質の高い研究・制作へ。

環境デザイン研究(日本庭園)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

自身の設定したテーマについて、学術的・芸術的・デザイン的解答を導き出すための演習を行います。先行研究や事例の資料収集などから自身の研究制作の客体化と位置づけを行い、そこから導き出される目的の明確化、方法論を検討、調査、ケーススタディ、分析評価、結論への到達といった一連の研究制作プロセスを通して、専門家としての素養を高め、独自性のある視点と新しい知見を手に入れ、質の高い研究・制作へと結実させていきます。

環境デザイン特論Ⅱ-1、2
(テキスト科目)

日本庭園はランドスケープデザインの原点といえます。本科目の「日本庭園論」と「ランドスケープ論」では、総合的な観点からの思索を通じて、修了研究・制作をより質の高いものにしていく糧とします。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2021』でご確認ください。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程(2021年度予定)
■授業一覧 授業一覧(2021年度予定)

学生紹介

井出 寛52歳 東京都 大学院1年次

「日本庭園とは、石の世界」という先達の言葉を知り、「石」と「庭」についてその歴史や文化などを深く学んでみたい、と進学。「和庭の普遍的な美」を再発見すると同時に、自分の足と目で確かめながら、自分なりの視点で新たな発見をしていくことの大切さを知りました。また、学友の方々の研究内容にも興味が湧きますし、その発表に対する先生の意見や指摘も勉強になります。私自身が研究テーマに選んだのは、仕事として採掘や販売を手がけている、国産の「庭石」。日常生活の中で学習時間を確保するのは難しいですが、学びによって仕事の領域と質が高まるのを実感します。そのうえ、作庭の背景にある文化や歴史、宗教や茶道との関わりがわかると、お庭を鑑賞する楽しさも倍増します。「温故知新」。「日本庭園の美しさ」を深く学ぶことで人生を豊かにしつつ、今後の作庭において新しい造景にも挑みたいです。

■教員 加藤 友規(教授)尼﨑 博正(教授)、吉村 龍二(講師)、町田 香(講師)

※尼﨑 博正教員、吉村 龍二教員は2021年度はテキスト科目のみ担当し、研究指導は担当しません。

修了制作 作品ギャラリー

髙宮 さやか59歳 福岡県 2019年度修了

[修了制作について]自分のライフワークとして、納得のいく答えを得ようと思考。主観論で終わりかねない漠然としたテーマながら、遺跡の発掘調査から見えてくる造形を手がかりに、そのモチーフや本来の役割をたどりました。まだ緒に就いたばかりです。

[学びの振り返り]師と呼べる先生方に出会い、同志を得ました。これほどの幸福はありません。研究は持久力と体力、ひとつ越えるとまた次の山が見える登山のような仕事ですが、京都という特別な町で、庭園を見つめる時間を持てたのは人生最大の贅沢です。


日本庭園の底流にあるアニミズム

大木 裕子神奈川県 2019年度修了

[修了制作について]歴史遺産分野を修了後、芸術学舎で日本庭園の魅力に触れ、よりコアな学びをめざしました。専門分野の知識が足りないので、できる限り、扱う時代(明治)の原資料に当たり、客観的に論文を構築することを心がけました。

[学びの振り返り]身体と頭脳の“体力”を鍛えられた2年間でした。史料を探すなかで、わずか100年前から現在までの間に、日本庭園や日本文化を取り巻く環境が大きく変化していると痛感。自分の研究が今後の一助になれば、と思っております。


伊集院兼常の研究 ―近代数寄空間の濫觴―

坂部 真理32歳 京都府 2019年度修了

[修了制作について]本研究では、日本庭園の作庭手法と維持管理方法によって、ケニアの風土性― ―自然条件、民族性、文化慣習、宗教的概念、原風景と自然観― ―から「ケニアの庭園」を創ることがどのようにめざせるのかを論考できた。

[学びの振り返り]日本庭園の技術を持って、12年間暮らしたケニアの庭園を創ることをめざしてきた。思想の真核にあった概念が、本研究を通して鮮やかに再認識され、新たに知り得、言語化できたことは大きな進歩で、人生の道標となった。雲隠れしていた山頂が望めつつあるので、自分なりに歩みを進めていきたい。


ケニアの風土性を生かした造園の在り方 ―日本庭園の視点から―

若松 三枝子65歳 宮崎県 2019年度修了

[修了制作について]夢窓疎石の言葉をまとめた『夢中問答集』を精読することにより、疎石の人間性を探っていくことにした。研究を進めていくうちに、禅宗の高僧である疎石に神道の要素が多分に存在することに気付き、神道に関する論文や文献を参照しながら、疎石の神道的要素を明確にすることができた。

[学びの振り返り]夢窓疎石に関する研究は多数存在しているため、これまでに明らかにされていない疎石像を私なりに発見し、新たな疎石の一面を明確にしたい、という思いがあった。結果的に、「夢窓疎石の神道的要素」としてまとめ上げることができたことに心から感謝したい。


夢窓疎石の神道的要素

日本庭園分野オンライン説明会

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都芸術大学通信制大学院 入学説明会