アートプロデュース学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月24日  授業風景

「インターン報告会 2017」を開催しました

1122日(水)、2017年度の第一回インターン発表会を開催しました。

実際の企業で就業体験をおこなう「インターンシップ」。アートプロデュース学科では、原則すべての学生が在学中にインターンを経験し、社会での実経験を積みます。授業として取り扱うので単位に換算されます。インターン先は、学生それぞれが担当教員と相談しながら決定。実社会で働くことについて考え、卒業後の進路を見定めることを目的としています。

 

今回は前期・夏期休暇中にインターンを終えた3回生10名が発表を行いました。発表のテーマは「研修先をどのような人物または後輩に勧めるか」。それを踏まえながら、研修先の決め手や経験したこと、学んだこと、今後の課題などについてお話いただきました。

 

それぞれ学内の活動では経験しきれない仕事や多様な人々との交流を通して、自分自身と向き合いながら勉強になったことがたくさんあったようです。

 

IMG_6255aIMG_6206a

IMG_6217a

どの発表にも共通しているのは「実際の現場を体験し、社会人と交流する中で、自分のこれからの(進路の)方向性が見えてきた」「意外と、現場で自分が貢献できることは多かった」ということ。それぞれが貴重な経験を積んできたようです!

 

 

聴講生は「自分がこれからどのようなインターンを経験したいのか」を念頭に、発表内容の感想や発表者への質問を考えました。

IMG_6230a

「遠方にインターンに行く際の資金はどうしているんですか?」「研修先で辛かったことや大変だったことはなんですか?」

発表者へは様々な質疑が投げかけられました。

発表者からの具体的な返答とアドバイスを聞いて、他の学生たちは社会に出ることや働くこと、そこで必要なスキルなどをより現実的に考えることができたのではないでしょうか。

 

  1. IMG_6236
  2. 左奥から:中野亜美(TAKAMI BRIDAL、京都高島屋 UNTITLED)、山口由稀(KANSAI ART BEAT)、山本陽子(Touch On Art タチョナ)、原田遊歩(うかぶLLC たみ)、田代菜々子(enoco 江之子島文化創造センター)

 

 

IMG_6289

  1. 左から:平下弥優(NPO法人 HELLO Life)、中川恵理子(明和電機)、藤村南帆(WAITINGROOM)、栗田野々花(BEPPU PROJECT)、山下将平(つなぎ美術館)

 

発表者たちからは今後の抱負として、再びインターンに挑戦したい、学科で学んだことを新たな研修先でさらに深めていきたいという感想をいただきました。

これからインターンシップに挑戦する学生たちにとっては、この発表会がはじめの大きな一歩になったと思います。それぞれがこうした活動を通して、卒業後の進路に結びつくような経験や学びを得ることができると良いですね。

 

asp

  • LINEで送る

2017年11月17日  授業風景

【特別講義レポート】『新しい劇場をつくる – Theatre E9 Kyoto -』 あごうさとしさん

IMG_6156

118日(水)の特別講義は劇作家のあごうさとしさんをお招きし、『新しい劇場をつくる – Theatre E9 Kyoto –』というタイトルのもとご講義頂きました。

 

あごうさんは京都で小劇場が立て続けに閉鎖していく現状を目の当たりにし、今後の演劇活動の支援やアートと市民とを繋ぐ場づくり、地域の活性化などを目的として、「Theatre E9 Kyoto」を京都駅東南部の東九条地域に創設する計画を行っています。

今回京都に新たな小劇場を創設するにあたって、Theatre E9 Kyotoの企画内容から地域の調査、クラウドファンディングを利用した資金協力の要請についてなどご説明いただきました。劇場(または演劇)をプロデュースすることの必要性や実務的な注意点など細やかにお話いただきました。

 

学生たちにとってあごうさんのお話は、アートプロデュースの新たな側面や活動方法を学ぶことができ、さまざまな分野に興味を持って今後の活動の幅を広げるきっかけになったのではないかと思います。また、アートを後世へ繋いでいくことの重要性について再考させられるようなお話でもありました。

 

あごうさん、貴重なお話ありがとうございました。

 

IMG_6153

 

以下、学生の感想から抜粋

 

自分で稼いだお金を自分のことだけではなく、もっと人の為になる様な使い方をしたいと思いました。

 

「プロデュース」における、リアルな裏側のお話を知ることができ、嬉しかったです。お金や周りの環境、行政とのやり取りの複雑さが垣間見えました。(中略)京都駅東南部エリアに興味が湧きました。新しい芸術エリアの誕生に立ち会える現場として、とても貴重な場所だと思いました。

 

クラウドファンディングのお話を聴いて、先を考え、計画すること、見通すこと、希望を持つこと、もしもダメだった時のことをしっかり考えておくことが大切かなと思いました。(中略)現実を見つつ、希望を持ち続ければ、希望や期待していた以上のことを得られるかもしれない。

 

小劇場は若い演劇人たちにとって大事な場所です。若い世代の演劇人が成長できないと演劇の未来はなくなるので、若い世代を育てるのは何より重要なことです。小劇場を建てる事を通して京都の演劇を守ろうとするあごうさんの意思が印象的でした。

 

  • LINEで送る

2017年10月23日  授業風景

【ACOP】スラックライン体験!

昨年からACOPの授業で開催されている「スラックライン」が今年も行われました!

「スラックライン」とは、ライン状のベルトの上を渡っていくスポーツで、綱渡りのようなものです。

 IMG_5929

「両手を伸ばすとラインの上でバランスが取りやすいよ」と、まずは伊達先生からレクチャーしていただき、その後はそれぞれ3つのグループに分かれて綱渡りに挑戦です。

 IMG_5873

集中力とバランス感覚が必要になるので、最初は思ったように進まず、ラインの上で激しく揺れる学生も…! 周りの人に支えてもらって、なんとかライン上を歩いていきます。

落ちてしまっても、何度も挑戦する学生たち。

 IMG_5913 IMG_5998 IMG_5896

みんな練習に練習を重ね、はじめはほとんど歩けなかったのが暫くすると…

 

 IMG_6016

 IMG_5888

IMG_5902

ひとりでも渡れるようになったり、颯爽と渡ったり、一番高いラインもブレずに行けるようになりました。たった数十cmでも、渡れたときは本人も周りもとても嬉しそう!

一見するとスラックラインはACOPと何のつながりもないように思えますが、周りのみんなとどう取り組んでいくか考えたり、物事を成し遂げていくために具体的に行動し、挑戦し続けたりするところなどはACOPにも通じるところがあったと思います。

 

 IMG_5984

来週にはACOP説明会もあり、鑑賞会本番まであとわずか。

後期のACOPもグループ全体で協力し合いながら、素敵な本番を迎えられると良いですね。

みなさん、おつかれさまでした!

  • LINEで送る

2017年10月20日  授業風景

【特別講義レポート】『古美術を鑑賞するってどういうこと?』水谷亜希さん

IMG_5786

10月18日(水)に『古美術を鑑賞するってどういうこと?』というテーマで特別講義を開催しました。ゲストでお越しいただいた水谷亜希さんは京都国立博物館に勤務しており、教育普及担当として「文化財ソムリエ」という活動を行っています。文化財ソムリエとは、京都市内の小中学校を対象に文化財を鑑賞する訪問授業をすることで、子どもたちが文化財に興味や関心を持ってもらうことを目的としています。

 

IMG_5794

 

この活動がどういったものなのか体験してもらうために、前半は実際に対話型鑑賞を行いました。作品は俵屋宗達の『風神雷神図屏風』。鑑賞会の進行役には、以前から文化財ソムリエとして活動を行っている西村歩さん(アートプロデュース学科2回生)に登場していただきました。風神雷神の表情やポーズを実際に真似て、感情を考えてみたり、どういう場所にいて、どんな会話をしていそうなのかなどを想像し、発言しあいました。

IMG_5800

IMG_5802X

 

IMG_5841

後半は、博物館・文化財ソムリエの役割や前半に鑑賞した『風神雷神図屏風』をもとに「古美術」を現代へ伝えていくことの意義を水谷さんからご講義いただきました。

「古美術は生きてきた美術」と語る水谷さん。古美術は一見取っ付き難い印象を与えがちですが、対話型鑑賞によって、過去の歴史や当時に生きた人々の生活を学んだり、現代にも活かされている技術の発見などがあったりしました。過去から現在までたくさんの「みる」人たちがこうした学びや発見を繰り返してきたことによって、古美術は現代にまで大切に生き残ってきたのだと実感できました。

 

IMG_5849

アートプロデュース学科の学生たちにとって、外部で作品を「プロデュース」していくこと、「伝えていくこと」の重要性を普段とは違った視点から考えさせられる講義だったのではないでしょうか。

 

水谷さん、ご講義いただきありがとうございました。

 

 

以下、学生の感想から抜粋

 

ACOPでの学びをどう社会に活かすことが出来るのか考えていたので、その考えを深めるためにも文化財ソムリエはすごく良い体験になると思いました。参加してみたいです!

 

なぜ古美術の鑑賞が必要なのかを考えてみる良い機会になりました。古美術は時代と時代を繋ぐタイムマシンみたいな存在だと思いました。

 

古美術を鑑賞し、過去を知ることで新しいことをはじめるヒントになると思いました。鑑賞者が興味を持って作品をよくみて考えることで、古美術を現代や未来の人たちに作品を伝える一員となる気がしました。

 

鑑賞の仕方を目的によって変えるというお話を聴いて、はっとしました。自分がその方法を使う目的をあまり考えていなかったなと思いました。また、鑑賞をした後も考えたことがありませんでした。その鑑賞が参加者に何を及ぼすのか、そして私は何を伝えたいのかを考えて、今後鑑賞をしていきたいです。

 

  • LINEで送る

2017年10月16日  授業風景

【特別講義レポート】『目の前に何がある?から始まる「つなぐ」仕事』 鈴木一郎太さん

IMG_5661

10月4日(水)に行われた特別講義は、ゲストに株式会社大と小とレフ取締役の鈴木一郎太さんをお招きし、『目の前に何がある?から始まる「つなぐ」仕事』というテーマでご講義いただきました。

 

今回鈴木さんをゲストとしてお招きしてくれたのは、3回生の大場美里さん。夏期から鈴木さんの元でインターンシップを行っていることがきっかけで、アートプロデュース学科で特別講義をしていただくことが決定しました。当日ははじめに似顔絵のワークショップを行い、後に大場さん、阿部先生(アートプロデュース学科教員)を交えて、鈴木さんの活動についてお話をしました。

 

IMG_5607 IMG_5593

 

以下、大場さんの講義レポートです。

 

 

 後期第一弾の特別講義は、株式会社大と小とレフを設立しプロジェクト企画、マネジメント、アートディレクションに携わる「鈴木一郎太さん」をゲストとしてお招きし、どのような活動をしてきたのか、活動する時に大事にしていることなどをお話していただきました。

 一郎太さんはさまざまな活動をする中で「肩書を持たない」という姿勢で物事に取り組んでいます。どんなことをやっている人なのかを一言で表すことができません。しかし、肩書きを持たないところが一郎太さんの面白いところのひとつだと私は考えています。一郎太さんと初めて会った時に「僕自身はやりたいことがない。でも、誰かのやりたいことに関わって相手のやりたいことを成功させたい。」と言っていたことが、私の中で非常に強く印象に残りました。私以外にも、アートプロデュース学科の学生の中に、この言葉が響く人がいるのではないかと思い、今回講義をお願いしました。

 

 一郎太さんに「アーティストを子どもへの療育を行っている施設に招きたい」という依頼がありました。一郎太さんは施設では何が行われているのか、何か困っていることがあるのかなどを聞き、その施設に合ったアーティストを探し「織り込み」ます。その施設には演奏者が選ばれました。本来ならば「異物」である存在なのに、その場にとても溶け込み、空気のように馴染んでいました。こちらから積極的に動きすぎるのではなくその場に合わせて、子どもたちにとって居心地の良い場をつくるということが、この施設のしたかったことなのかなとお話を聞いて思いました。

 

 講義中、一郎太さんが活動の時に大切にしているキーワードとして「織り込む」という言葉が挙がりました。さまざまな糸が重なり合って布ができていくように、活動の中で関わりあう人たちが互いのことを意識することで、ひとつのモノができてくようなイメージが一郎太さんの中にあり、「織り込む」という言葉を大切にしているのかなと思いました。

 また、一郎太さんが「織り込む」という表現をした時、教室中が一気にざわざわしだし、多くの学生がメモを取っていました。学生たちにこのワードが響いたのだとすぐに分かりました。一郎太さんのいう「織り込む」という表現は、アートプロデュース学科の学生にとって「繋げる」という言葉と似たような感覚かもしれません。人と作品を繋げることを学んでいる学生として「織り込む」という表現は新鮮で、面白く、自分たちにも当てはまると感じたのだと思います。と同時に、一郎太さんの活動に興味が湧いた学生が多いということを改めて感じました。

 

 講義後、ある学生が「私も自分のやりたいことをやって自由に生きたい。会社に縛られないで生きていきたいと思っていたから、一郎太さんの講義は面白かった」という感想を言っていました。自由に生きていきたいけど、どのようにして生きていったらいいのか分からなかった学生にとって、ひとつのヒントになったのかなと思いました。

 

(大場美里)

 

IMG_5568

1 2 3 17

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。