こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年10月11日  授業風景

「 色を学ぶお祭り 」

知っていますか?

巨匠たちが作る優れた作品には知性と野性(感性)の両方が具わっていることを。絵画、デザイン、工芸など、どのようなジャンルであれ作品を作る時に色彩は欠かせない造形要素の一つです。

こども芸術学科1年次「造形表現1」の前期授業ではまず色について学んでいきました。まずは大学生らしく知的に・・・「黄色と紫を混ぜたら何色になる?」「なぜ色相環には茶色がないの?」「ドラえもんとガンダムとセーラームーンに共通する配色の原理は?」「カルビーポテトチップスうす塩味がよく売れる色の秘密とは?」意外と知らない色の理屈を識って学生たちはフムフムなるほどという様子。

1

さて、知性で学んだ後は野性(感性)の出番です。自転車が転ばずに走る理屈を知ったところでそのまま自転車に乗れるようになるわけではありません。美術も同じ。作り手としては頭で覚えるだけでなく身体で覚える必要があります。色彩感覚を作るのはセンスや才能というよりどれだけたくさんの色を使ったことがあるかという経験値が重要。パレット代わりに机に敷いていた大きな紙を制限時間5分で色で埋め尽くすように言われてみんな必死です。

2

3

4

最初はみんな筆で塗っていましたが気がつけば手で直接絵の具を画面にのばして塗っています。待ってましたとばかりに先生が画面に液体糊を垂らすと、目から入ってくるたくさんの色と手から伝わるニュルニュルの感触でクラスは色のお祭り状態。野性 MAXです!!

5

6

7

8

9

10

たくさんの色彩には人を興奮させ、昂揚させる効果があります。色とはまさに目から入ってくる光の刺激だからでしょうね。テレビのバラエティー番組の背景セットがカラフルなことと、創られた当時のお寺や仏像が極彩色だったことは色によって人を非日常に連れていくという意味では同じことなのかもしれません。

よく晴れた春の日のとても楽しい色のお祭りでした。

 

由井(教員)

  • LINEで送る

2017年9月1日  授業風景

【授業紹介】こどもの食と栄養

朝夕が涼しくなり、少しだけ秋の気配を感じますね。

でも日中はまだまだ日差しが強いので、こまめに水分を補給しましょう!

 

今回は、前期に開講された「こどもの食と栄養」の授業をご紹介します。

一生のうちでも成長・発達が盛んな乳幼児期に身に着けた正しい食習慣は、将来の健康に良い影響を与えます。この授業では、そのような大切な「食」についての理解を深めるとともに、自分自身の食生活を振り返り、確立をしていきます。

 

栄養に関する基礎知識はもちろん、食育についても学びます。そして、授業の学びのまとめとして「食育実践発表」を行いました。グループに分かれて、こどもたちに食の大切さを伝えるため、伝えたいテーマ、対象年齢を設定し、歌や劇を交えて発表をします。このグループは5大栄養素について発表しました。

 

それぞれの役割について説明中。

IMG_9579

ジャーン!!5人そろうと、食事のバランスがうーんとよくなります。

IMG_9583

お互いに感想を書きあい、こどもたちに伝わりやすい内容だったか。ことばづかいの配慮はできていたか・・・などを改めて振り返ります。

IMG_9593

造形の授業で養った発想力と、物をつくる力は保育の現場で大いに活かされます。今回の発表でも、小道具や演出を工夫してより話が伝わりやすいようにする、という事がすこしづつ出来きている印象を受けました。

 

来週からは実習が始まります。現場に行って、沢山のことを吸収してきてくださいね。

 

                                             (スタッフ:大塚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【お知らせ】

9月16日(土)~9月17日(日)

学園祭&オープンキャンパス「大瓜生山祭」 開催→詳しくはコチラ

 

3年生による個性豊かな作品が発表されます!

こども芸術学科展示会場:人間館NA413

お友達やご家族の方もお誘いの上 是非遊びに来てくださいね!                    

 

 

  • LINEで送る

2017年8月1日  授業風景

【授業紹介】音楽・こども達に歌を届けました!

みなさんこんにちは。こども芸術学科です。

毎日暑い日が続きますね~。夏バテ、していませんか?

 

さて、今回は授業紹介をしていきたいと思います。

こども芸術学科では「保育士資格」「幼稚園教諭免許」取得のための授業がたくさん開講されています。

そのなかでも「音楽」の授業は、教育実習や保育実習の現場において重要な役割を担っています。

 

こども達と歌ったり、手遊びをしたり、歌に合わせてピアノの伴奏をしたり。現場では様々なことが求められます。

1年生は、「音楽」の授業で、歌やピアノの練習を行います。

そして先日学生たちは、こども芸術大学(お母さんとこどもが通う学内附置機関)で歌の発表を行いました。

グループに分かれて歌を歌い、最後は全員で歌いました。

IMG_8128

IMG_8166

IMG_8212

途中からこども達も歌い出したり、リズムに合わせて体を動かしたりしていて、とても楽しそうでした。

学生たちは緊張していたようでしたが、途中から笑顔も出始め、明るい雰囲気作りができていたと思います。

みんな、後期の「音楽」も頑張ろう!

 

                                        (スタッフ 大塚)

  • LINEで送る

2017年6月19日  授業風景

【授業紹介】 壁面飾りをつくろう!

こども芸術学科の保育の授業を紹介します!

 

みなさんは保育園や幼稚園の教室に、季節ごとに飾りをしてあったのを覚えていますか?

4月は桜の花、5月は鯉のぼり、6月はあじさいやカタツムリ・・・実は、その飾りは壁面飾りと呼ばれているんです。

1年生の「保育内容・表現」の授業では、お誕生日や、入園、始業式、5月6月の季節をテーマに、6グループに分かれて壁面飾りを作りました。

IMG_6099 IMG_6102 IMG_6104 IMG_6109 IMG_6112

IMG_6121

「始業式」の桜の木は紙をくしゃくしゃにして幹を表現していたり、チューリップの汽車に乗った象の鼻から虹をだしたり、みんな趣向を凝らして壁面飾りを作っています。絵が苦手な子でも、画用紙を単純な形に切り貼りして工夫しながら動物や花を作っていました。

 

保育園や幼稚園の先生方の中には、壁面飾り制作が苦手という人も多いのだそうです。学生たちが実習に行った際、壁面飾りの制作をお願いされることもあります。その時が、ここでの経験を活かすチャンス!1年生、がんばれ!

 

—————————————————————————————-

【こども芸術学科7月の体験入学のご案内】

 

1日体験入学 7/9(日)「ものがたりをつくる。」

 

私たちは、「言葉」と「表現」という素晴らしい道具を持っています。この日はこどもの頃へタイムトラベルしたり、自分と他者の間に生まれるコミュニケーションからいろんな発見があるはずです。キャンパス内を散策し、自然からインスピレーションを受け、1つの物語をつくります。それを絵本や紙芝居にまとめ、発表し合い、いろんな物語を楽しみましょう。

【Webからお申込みいただけます。申し込みはこちらから!】

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-11_07-09/

 

 

  • LINEで送る

2017年6月7日  授業風景

フェルトと羊毛で、立体名札つくり!

2年生はこの夏、幼稚園へ教育実習に行きます。

実習先で、子ども達と仲良くなるための第一歩は、お互いの名前を覚えること。

そこで欠かせないのが、名札です!みんなそれぞれ工夫を凝らして名札制作を行いました。

 

名札の材料としてよく使われるのはフェルトです。

ある程度強度があり、動いてもくしゃくしゃになりにくく、活動中に子どもにケガをさせる心配もありません。

しかも今回は、羊毛も使って、さらに名札に立体感を出すことにも挑戦しました!

 

トマトの蔓がうまく表現されています。 キリンの顔が立体的でかわいい!

IMG_6298

ウサギの口から名前が見えるのがおもしろいですね。ちゃんと歯があるんですよ!

IMG_6294

むらさきの鳥は裏表で尾っぽの色を変える工夫が。めくってみても楽しい!

IMG_6291

IMG_6297

IMG_6295

IMG_6299

この中の何個かは、表面・裏面両方使えるように工夫されています。何個あったかわかりましたか?

 

保育の授業においても、このように造形の力や発想力が加わると、壁面飾りはもちろん、子ども達対象のプログラムを組み立てるとき、手遊びをするとき、エプロンシアターや、ペープサートを作るときなど、様々な場面で役立ちます。

実習でその成果を発揮できるよう、がんばれ!2年生!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こども芸術学科1日体験入学のお知らせ

【1日体験入学 A日程 6/11(日)】 植木鉢に未来を描き育てる

小さな草木の命が育つ場所、「植木鉢」あなたなら、そこに何を表現しますか?

植物の種をこどもに見立て、種が元気に育つ鉢をデザインします。紙、草木、布

などを自由に使って、コラージュしたり、絵を描いてのびのび制作してください。

小さな命=こどもの可能性や、他者を受けとめる優しさについて一緒に考えてみましょう。

【Webからお申込みいただけます。申し込みはこちらから!】

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-11_07-09/

1 2 3 20

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。