環境デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月22日  授業風景

【講評会】1回生巨匠分析!

 

こんにちは^^

 

環境デザイン学科の副手です♪

 

 

 

前回に引き続き、講評会の様子をお届けします。

 

 

 

今回は先週金曜日におこなわれた、

 

1回生の「巨匠の住宅分析」という課題の講評会です。

 

 

RIMG0009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近代建築のなかで名作と呼ばれる4つの住宅の中から一つを選択したうえで、

 

設計の核となるコンセプトや、空間の幾何学的な分析といった発表を行います。

 

 

この課題を通して、設計を進める上で重要なコンセプトづくり、

 

図面や模型といった成果物を制作するスキルの習得をしていきます!!

 

 

RIMG0013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選択する4つの住宅は

 

 

ル・コルビュジェの「サヴォア邸」

 

フランク・ロイド・ライトの「落水荘」

 

ミース・ファン・デル・ローエの「ファンズワース邸」

 

アルヴァ・アアルトの「マイレア邸」

 

 

の中から一つ選び、実際に図面を見て、模型を制作し、

 

設計に行き着くプロセスを学び、建築のつくり方を学びます。

 

 

 

そして、次の課題である住宅設計ではそれらを生かし、初めての建築設計課題に取り組みます!

 

 

 

 

RIMG0026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのグループはコルビュジェの「サヴォア邸」をつくっています^^

 

ルーバーまで細かく作られています!!

 

 

 

今回はグループワークでしたが、次の課題はひとりひとり1/50スケールで模型をつくり、

 

1/100スケールの図面を描いていきます。なかなかハードな課題ですが、頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年6月9日  授業風景

1日体験入学OC 環境デザイン学科「ミニマルカフェ」

青空の下、腰を下ろすとそこにはあなただけの居場所ができます。
心地よい居場所をつくるのは、家具のデザインからランドスケープのデザインまで、
環境デザインのすべてに共通の、大切な基礎のひとつです。
この授業では、あなたがつくるオリジナルのピクニックシートに腰を下ろして、
小さな(ミニマル)カフェを体験します。

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/

6月体験授業01 6月体験授業08 ミニマルカフェ_3

  • LINEで送る

2015年10月28日  授業風景

10月21日ー第4回環境デザイン演習Ⅱ

10月21日の環境デザイン演習Ⅱでは、伝統的建造物保存地区の祇園新橋と産寧坂を訪れました。

 

白川と桜の並木が迎える祇園新橋には、本2階建ての立派な町家が軒を連ねています。明治以前の2階が低い町家とは異なり、祇園新橋の町家は、茶屋として2階を使えるように、建設当初から本2階建ての茶屋様式で建てられています。そして、石垣で囲まれた閑静な石塀小路を抜け、産寧坂に着きました。道に沿って並ぶ多くの町家が商業圏を作り、世界中から観光客が訪れる活気溢れる町並みを形成しています。京都を代表するふたつの伝統的建造物保存地区で、私たちは町家建築の形成と変化について学ぶことができました。(TA:大学院修士1年 シン ユンジョン)

 

 

 

 

祇園新橋 白川沿いの桜並木は春必見です。

祇園新橋 白川沿いの桜並木は春必見です。

祇園新橋 前田先生から茶屋様式の町家の説明を聞きました。

祇園新橋 前田先生から茶屋様式の町家の説明を聞きました。

閑静な石塀小路を歩きました。

閑静な石塀小路を歩きました。

産寧坂は観光客でいっぱいでした。

産寧坂は観光客でいっぱいでした。

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年10月23日  授業風景

10月14日-第3回環境デザイン演習Ⅱ

10月14日の環境デザイン演習Ⅱでは、嵯峨鳥居本を訪れました。秋空のもと、嵐山の竹林の道を抜け、北へ北へと歩くと、京都の伝統的建造物群保存地区のひとつである嵯峨鳥居本保存地区に着きます。清滝へと続く長さ約600メートルの通りに沿って、木造の伝統的建造物が並ぶ、昔ながらの穏やかで静かな町並です。町並みを抜けた先には、緑に覆われた茅葺き屋根が美しい平野屋茶店を背景に、朱色の一之鳥居が建っています。そして、たくさんのユニークな表情の羅漢さんたちが並ぶ愛宕念仏寺を訪れ、秋の気配を感じる嵯峨野を後にしました。(TA:大学院修士1年 シン ユンジョン)

一之鳥居の前で偶然会った外国人観光客と一緒に記念撮影

一之鳥居の前で偶然会った外国人観光客と一緒に記念撮影

愛宕念仏寺のそれぞれの顔が異なる羅漢たちの中で

愛宕念仏寺のそれぞれの顔が異なる羅漢たちの中で

嵯峨鳥居本の町を歩く

嵯峨鳥居本の町を歩く

嵯峨鳥居本の民家

嵯峨鳥居本の民家

  • LINEで送る

2015年10月23日  授業風景

10月7日-第2回環境デザイン演習Ⅱ

10月7日の「環境デザイン演習Ⅱ」では、上賀茂神社と上賀茂社家町を訪れました。平安京がつくられる以前からあったという長い歴史を持つ上賀茂神社は、境内を廻る川が特徴的です。朱塗りの桜門の前、玉橋と片岡橋から上賀茂社家町へと流れる明神川は、上賀茂ならではの風景を作ります。
かつて、上賀茂神社に奉仕していた神官たちが住む町として形成された社家町は、明神川に沿って石橋が架け並び、社家の建物と共に美しい町並みを見せてくれます。

上賀茂神社の桜門と玉橋を背景に記念撮影

上賀茂神社の桜門と玉橋を背景に記念撮影

上賀茂神社の境内に流れる明神川

上賀茂神社の境内に流れる明神川

穏やかな上賀茂社家町を歩く

穏やかな上賀茂社家町を歩く

明神川沿いのそれぞれの社家に繋がる石橋

明神川沿いのそれぞれの社家に繋がる石橋

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。