プロダクトデザイン学科

2013年1月

  • LINEで送る

2013年1月30日  授業風景

後期の合評

P1030494

1月の末に後期の成果を学科みんなの前で発表し、先生方の講評を頂く合評会を開催しました.後期に行われたプロダクトデザイン演習の3クラス合同での合評会です.

P1030510

 

それぞれのデザイン案を、プロセスを通して詳しくみんなの前で発表し、それぞれの先生方よりデザインに対して講評を頂きました.

それぞれのデザインの良いところ、悪いところ、改善案などを討議し、3年生からのゼミでのデザイン活動につなげました.

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2013年1月16日  授業風景

モリタ製作所様見学会

DSC_8415

 

京都には優秀なメーカーがたくさん集積しています.プロダクトデザイン学科の「素材加工論」の授業の一環として、医療器具を製造している株式会社モリタ製作所様を見学してきました.

モリタ製作所様は、歯科向けの診察台や治療器具を中心に幅広いモノ作りをされていて、革新性と品質、デザイン性で高く評価をされている会社です.
2012年度のグッドデザイン賞金賞、2012年度ドイツのiF賞金賞など製品デザインで世界の有数の賞を次々に獲得しています.

DSC_8434

 

見学会では、会社の概要を紹介していただき、ショールームや博物館、工場などを見学させていただきました.

診察台などをショールームで実際に体験し、またどのように考えて設計されているかを説明を受けました.
治療の練習用のロボットもあり、かなりリアルに練習をすることが可能です.

また、製品の歴史や製造方法も教えていただき、どのようにデザインを進化させてきたのか、どのように作られているのかを詳しく説明を受けました.

教室では一応知識として、モノ作りの方法や考え方を学んでいますが、実際に社会でどのようにそれらが活かされているのか知ることで、また新たな発見やチャレンジが見えてきます.

お忙しい中、株式会社モリタ製作所様には本当にお世話になりました.

DSC_8411

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。