プロダクトデザイン学科

2013年4月

  • LINEで送る

2013年4月27日  ニュース

学科紹介ビデオが出来ました.

  • LINEで送る

2013年4月25日  授業風景

授業開始!


大学の前期の授業が始まりました.今日は1回生の「素材造形I」の授業です.
この授業は、木工の基礎を学ぶ授業で、家具や木製の製品を制作する際の、木の特性を手を動かしながら学ぶ授業です.


授業の中では、自分の教室で使うワゴンを製作しますが、今日はその準備として簡単にペンケースをデザイン、制作しています.


工具の使い方を技官の百々先生に教わりながら、製作をしています.
上手く出来たでしょうか?

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2013年4月12日  授業風景

iPhoneケースデザインプロジェクト進行中

kp_0402_2

 

学科では学科メンバー専用のプロジェクトも活動をしています.
三重県の中村製作所様という金属切削加工の会社とコラボレーションをして、チタンを用いて削りだしたiPhoneケースのデザインプロジェクトが進行中です.
金属の細かい切削は熱の問題などで非常に難しいので、ノウハウと熟練した技が必要です.
kp_0402_1

 

学科では3DCADを使っていますので、デザインの打ち合わせはプロジェクターでデータを投影しながらになります.
現在はテストピースを切削して、デザインのチェックやはめあいの公差などの設定をしています.完成までもう少しです.
kp_0402_3

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2013年4月9日  イベント

入学式と新入生歓迎パーティ

今年度も入学式が大学講堂で盛大にとり行われました.多くの新入生が、期待を胸にしてプロダクトデザイン学科にも入学してきました.
早速、新2回生が企画した新入生歓迎パーティを、大学の食堂で開催しました.

0406_2

歓迎会では、1回生と2回生が混じってそれぞれの自己紹介する名札をまずデザインしました.自分を表す色やカタチを表現して、各テーブルの優秀作を前で発表しました.
その後ビンゴ大会では大いに盛り上がって、上級生と下級生の交流ができました.

0406_3

授業は4/10から開始ですが、先輩や仲間とも友達になれて楽しい大学生活のスタートを切ることが出来そうです.

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2013年4月1日  ニュース

よしもと×大西常商店×KUAD 扇子デザインプロジェクト

kp_0401_1

 

関西のお笑いを代表するよしもと興業と、京都の扇子の製造卸の大西常商店、京都造形芸術大学がコラボレーションして制作した、オリジナル扇子の完成披露記者会見が行われました.

このプロジェクトはプロダクトデザイン学科の北條准教授が指導にあたって、プロダクトデザイン学科、美術工芸学科、情報デザイン学科、京都芸術デザイン専門学校など多くの学科の学生有志がこの夏より取り組んできたものです.
よしもと興業の京都住みます芸人である「タナからイケダ」さんたちと組んで、関西のお笑いをテーマに、新しい扇子のデザインを考えました.

kp_0401_3

途中何度も検討会を重ねて、図柄の検討や実際の扇子としての完成度、細かい修正など学生達が熱心に取り組んで、この春にようやく完成にこぎ着けました.

完成披露の記者会見では、山田京都府知事、今いくよ・くるよさん達もお越し頂き、タナからイケダさん達より我々のデザインした扇子をプレゼントさせて頂きました.

完成した扇子は、大阪難波にあります「よしもと47ご当地市場」にて5月より発売開始となります.皆さん、街でこの扇子を見かけたら、ぜひ手に取ってみて下さい.

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。