環境デザイン学科

2013年4月

  • LINEで送る

2013年4月25日  授業風景

環境デザイン特講Ⅰ

 

4月14日(日)

一年生を対象としたフィールドワークの授業を開催しました.

集合場所のトラップを無事にクリアーし,長時間歩きましたが疲れた様子もなく,今年の学年も期待を持つことができます.

ルートは,伏見稲荷大社→東福寺→河井寛次郎記念館→三十三間堂.

第二回目は5月12日(日)に,大阪市内の複数ある都市ランドスケープデザインの作品を訪れる予定です.

 

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社

 

東福寺

東福寺

 

河井寛次郎記念館

河井寛次郎記念館

 

三十三間堂

三十三間堂

 

 

 

  • LINEで送る

2013年4月18日  授業風景

【環境デザイン学科】庭園実習

3回生対象の庭園実習の一環で、学科の教室がある松麟館テラスで飛石設置実習を行ないました。

1階、2階、3階、それぞれのメザニンフロアテラスに3種類の異なる飛石デザインを施しています。

1日の実習で3種類の飛石を完成させるのは大変な作業でしたが、学生諸君の熱意によって出来上がりました。石の重さを体感しながら、飛び石の用と美について直接深く学びとる極めて貴重な実習となりました。次週以降、屋上緑化システムと芝生を設置する実習を引き続き行います。5月1日には全学年から学生有志が集まって、屋上緑化システムを設置する作業も行ないます。

5月中には美しいテラスが完成しそうです。楽しみですね。

1-650 2−650 3-650 4-650

  • LINEで送る

2013年4月17日  授業風景

【環境デザイン学科】環境デザイン特講Ⅳ吉野山ツアー

今年も環境デザイン特講Ⅳで、恒例の吉野山ツアーを実施しました。

残念ながら今年は桜の開花が早すぎ、上千本より標高の低いところの桜花は既に散っていました。

写真は、下千本を俯瞰できる昭憲皇太后碑の前で、吉野山の奥へ奥へと誘う景観構造について解説を受ける受講者諸君。

吉野山は長いやせ尾根。その地形をいかしながら、幾多の宗教施設や桜などが巧みに配置されています。

吉野山は長いやせ尾根。その地形をいかしながら、幾多の宗教施設や桜などが巧みに配置されています。

  • LINEで送る

2013年4月12日  ニュース

新年度スタート!(入学式当日画像)

今年は満開の桜が新入生を迎えてくれました。入学式当日の画像アップします!

いよいよ授業始まりましたが、フレッシュな仲間を迎えて上級生もみんな

「明るく、オシャレに(城戸崎学科長、新入生ガイダンスでの言葉)」頑張りましょう!sakura_1 kande_nyuugakushiki_1 kande_nyuugakushiki_2 kande_nyuugakushiki_3

  • LINEで送る

2013年4月9日  ニュース

「スチューデントデザイナーによるマンションリフォームプロジェクト〈第5期〉」の最終結果

(株)長栄との合同で行っている「スチューデントデザイナーによるマンションリフォームプロジェクト〈第5期〉」の最終結果が発表されました!

最優秀賞 インテリアデザインコース3回生 池田泰宏

優秀賞 インテリアデザインコース2回生 塚本菜帆

授賞したふたりには表彰状と賞金が授与されました。

今後ふたりはリフォームの完成に向かって、施工業者と打合せを行っていきます。

表彰状と賞金を授与される池田君

表彰状と賞金を授与される池田君

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。