映画学科

2015年4月

  • LINEで送る

2015年4月27日  ニュース

伊藤高志先生『最後の天使』ドイツ・オーバーハウゼン映画祭、コンペ部門にエントリー!

 

 

当映画学科教授の伊藤高志先生の最新作『最後の天使』が

4/30〜5/5にドイツにて開催される「オーバーハウゼン国際短編映画祭」のインターナショナルコンペ部門に
エントリーされました!

 

また劇中の一場面が同映画祭、公式ポスターのメインビジュアルとして使用されています!

 

15オーバーハウゼン_最後の天使_n

 

オーバーハウゼン国際短編映画祭は、今年で61回目を迎える世界最古の短編映画祭です。

毎年5月上旬にドイツの都市オーバーハウゼンのヒトブルク映画劇場をメイン会場とし、
約500作品の短編作品が上映されます。

過去の上映作品の中には近年活躍しているミシェル・ゴンドリー(『ムード・インディゴ うたかたの日々』)や、

スパイク・ジョーンズ(『her 世界でひとつの彼女』)らの作品から、かつてはマーティン・スコセッシ
(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)、ジョージ・ルーカス(『スターウォーズ』シリーズ)、
ロマン・ポランスキー(『戦場のピアニスト』)など巨匠たちの作品も上映されました。

長年映画史をリードしてきた、世界で最も敬意を評される映画祭の1つとして知られています。

 

 

オーバーハウゼン国際短編映画祭 フェイスブック

 

オーバーハウゼン国際短編映画祭 公式HP (※ドイツ語)

 

 

 

  • LINEで送る

2015年4月27日  ニュース

♪春のオープンキャンパス

昨日は「春のオープンキャンパス」に参加された皆様ありがとうございました。

 

0427-2

 

映画学科の高原校舎のスタジオでは「撮影」「美術」「演技」のワークショップが開かれました。

 

0427-3

 

また学科対抗(?)「プレゼンバトル」では山本起也先生と映画学科リーダーの石倉直実(俳優コース3回生)が多くの高校生の前でプレゼンをしました。

 

0427-4

 

次回は6月14日に「一日体験入学」が行われます。

ぜひ映画学科の高原校舎に遊びに来て下さい。「製作コース」「俳優コース」それぞれの楽しい授業が待っています。

 

0426-6

 

  • LINEで送る

2015年4月16日  授業風景

青山、青島両先生の授業

映画学科も新学期からぞくぞくと新しい授業、ゼミが始まっています。

 

「映画演技Ⅹ」は3人の監督、青山真治、高橋伴明、福岡芳穂先生による俳優コース向けの授業で、今日は青山先生によるチェーホフ「ワーニャ伯父さん」をテキストにした授業でした。

 

0416-2

 

3回生ゼミに新しく設けられた脚本家の青島武先生のゼミはもちろん1年を通して長編映画の脚本を書くことが主題です。

 

0416-4

 

そしてこの日は1回生全員履修の「映画概論」の2回目の授業もありました。

「修学素養ガイダンス」の一環として「自分の長所は」「おもしろい映画とは何か」などグループに分かれて話し合い、発表しました。

 

0416-5

 

その他にもバラエティーに富んだ授業が開かれ学生たちは高い意識を持って挑んでいます。

  • LINEで送る

2015年4月13日  イベント

ツツミアスカ先生 個展「The Silent Drama」開催中

4/7(火)より開催しています、ツツミアスカ先生の展覧会のご案内です。

=================================

京都での個展となります。
屋久島で撮影した動植物と風景をモチーフに

 

何を見て
何を感じ
何に感動したのか

 

という、キーワードと共に制作した

新シリーズ「The Silent Drama」の発表となります。

 

お忙しいと思いますが、ご高覧頂ければ幸いです。

 

ツツミアスカ
ー・ー・ー・ー・ー・ー[展覧会情報]ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 
ツツミアスカ個展
「The Silent Drama」
会期|2015年4月7日(火) ~ 4月19日(日)※4/13(月)休廊
時間|12:00~19:00  ※最終日は18:00まで
会場|ギャラリー恵風
会場住所|〒606-8392 京都市左京区丸太町通東大路東入ル南側
AsukaTsutsumiSoloExhibition2015_01
AsukaTsutsumiSoloExhibition2015_2
  • LINEで送る

2015年4月10日  授業風景

新学期スタート

2015年新学期が始まり今年もいろいろな特色に富んだ授業やゼミがスタートしました。

 

0410-8

 

中でも1回生全員履修の「映画基礎Ⅸ」の1回目は、映画にとっての「七つの能力」をみんなで考える授業で、活発な意見交換がなされました。

 

0410-6

 

実際の撮影まで毎週毎週刺激的な授業が続いて行きます。

 

0410-7

 

前期末にどんな映画が出来るのか今から楽しみです。

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。