文芸表現学科

2016年1月

  • LINEで送る

2016年1月29日  授業風景

「LIVE」─Nee?vol.8 完成!

 

村松先生の制作Ⅲの授業では1年間を通して

雑誌「Nee?」を制作しています。

 

第8号の今回は「音楽」をテーマに雑誌制作を続けてきました。

1年間かけて制作してきた雑誌もいよいよ完成間近ということで、

授業最終日には刷り上がりを確認しに印刷所へ行ってきました。

 

印刷所の案内は、Nee?の「プリンティングディレクター」として長年関わってくださっている

アサヒ精版印刷株式会社の築山万里子さんがしてくださいました。

 

印刷所へ入るとインクの香りが。

大きな印刷機からNee?の原稿がどんどん刷られています。

 

早速、刷られた原稿を見せてもらい、触れさせてもらいました。

1年間を通してつくってきたというだけあって、形になったことに学生たちも大喜びです。

 

_DSC0500

 

それぞれ担当ページを確認し、色の調整をしてもらいました。

少し色を足すだけで違った雰囲気が出ます。

 

また紙が変わるだけで、こんなにも仕上がった時の質感や雰囲気が違うということも

築山さんが解説してくださいました。

上がマット紙、下がコート紙なのですが写真でみても分かる通り全然違いますよね?

 

02

 

そして次にプリンターの解説を印刷所の方にしていただきました。

こんな大きな印刷機で刷られているんですよ!

 

04

05

 

他にも最新のプリンターや、そのプリンターで印刷されたものなど見せていただきました。

 

自分たちが手がけてきた雑誌がどうできあがるのか

その過程を学ぶことができた授業となったと思います。

 

06

 

築山さん、印刷所のみなさま、ありがとうございました。

 

さて「Nee? vol.8」ですが、「文芸表現学科 後期合評会」で

お披露目となります!

 

合評会は他学科の学生も参加可能です。

ぜひ、みなさんお越しください!

 

Print

2月1日(月)

09:30-10:30 制作Ⅰ[脚本]
10:50-11:50 創作Ⅰ[短篇小説]
13:20-14:00 制作Ⅲ[Nee?]
14:00-14:30 芸術文化論Ⅳ[インタビュー]
14:50-15:50 制作基礎Ⅱ[アーティクル・ライティング]
16:10-17:20 創作基礎Ⅱ[短歌エッセイ・短篇小説]

 

2月2日(火)

13:10-18:15 通学部ゼミ・通信文芸コース合同作品合評

 
(スタッフ・鈴木真美)

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。