マンガ学科

2016年10月

  • LINEで送る

2016年10月26日  ニュース

【Cheese!出張編集部】&【0年生開講式】

 

こんにちは。

副手の黒田です。

 

10/21(金)に小学館から5名の編集の方にお越しいただき、

学生の作品を見ていただきました。

Cheese!は少女マンガ誌ですが、少年マンガや青年マンガのアドバイスももらえるということで

数多くの学生が参加しました。

 

午後から18時までの出張編集部ですが、

ギリギリまで何人もの編集の方に作品を見てもらっている学生もいました!

同じ編集部内で違う編集の方に何回も見てもらうという事は

普段絶対にできないことなので最後まで残っていた学生はとてもためになるアドバイスをもらったのではないかと思います。

 IMG_4344

 

自分の納得できたアドバイスはおおいに取り入れて、

今後の制作活動に役立ててほしいです。

 P1180136

 

10/23(日)は0年生の開講式でした。

来年度から新しく入ってくる学生との初の顔合わせでしたが、

どの学生もみんな希望に満ちているようでした。

 

P1180168

 

今まで周りにマンガを描いている友達なんていなかったと思いますが、

これからは周りのみんなマンガを描いています。

刺激し合って、面白いマンガをどんどん制作してほしいと思います。

 

P1180169

 

入学前学習プログラムはもちろん大切ですが、

今のうちに今しかできないことをたくさん経験してほしいです。

次回の登学日も楽しみにしています。

 

 

  • LINEで送る

2016年10月20日  授業風景

【授業紹介】専門英語

 

こんにちは。

副手の黒田です。

 

今日は木曜の5限に2回生以上に開かれている『専門英語』をご紹介します。

マンガ学科といえど、もちろんマンガを描いているだけではありません。

この授業は『English for Manga Artists 』をテーマに、マンガを制作しながら英語を学習する授業です。

P1180115  

自分の作品を発表するとき、ほかの学生の作品に意見をする時はもちろん、

授業中は基本的に英語のみで会話します。

今まで受けてきた英語の授業から視点を変えて勉強するのが目的です。

得意なマンガを絡めた英語の授業だとすんなり英語が理解できるのではないでしょうか。

P1180117P1180118

京都は年中世界中から観光客が来ますし、この大学は留学生も多く在籍しています。

英語を使って世界中の人と自由に会話ができると良いですね!

  • LINEで送る

2016年10月19日  授業風景

【授業紹介】表現技法基礎Ⅱ

  

こんにちは。

副手の黒田です。

 

今日は水曜日3,4限、1回生向けに行われている『表現技法基礎Ⅱ』をご紹介します。

この授業は『様々な画材、技法のふれあいと、その可能性を探る 』をテーマに作品を制作していきます。

そしてその作品は制作したら終わり、というわけではなく

3,4回生になった時に使用するポートフォリオの素材に使用するため、クリアファイルに保存していきます。

自分の成長がよく分かるポートフォリオを制作で来たら良いですね!

P1180114

今日写真を撮りに行ったときは「ネコの描き方」を説明していただきました!

この京都造形大学はネコがたくさんいるのですがいざ、自分でネコを描いてみると何かおかしい・・・。

いつも見ているはずなのに何がおかしいんだろう・・・。

P1180110P1180113

今日の授業を聞くと、「なるほど!」と思わず声が出そうな内容でした。

背骨から骨格を意識して描く。という事でしたが恐らくこれはどんな生き物を描くときでも言えることなんだと思います。

色々な画材を触り自分にあった画材を見つけるとともに、自分の画力も上げて行ってほしいです。

  • LINEで送る

2016年10月14日  授業風景

【授業紹介】企画演習II

 

一日の気温の変化が激しい日が続きますね。

こんにちは。

副手の黒田です。

 

今回は金曜日の3,4限に行われる『企画演習II』をご紹介します。

 

この授業は、「Adobe Illustrator及びAdobe Photoshopを使用した作品制作 」

をテーマに行われます。

本日写真を撮りに行かせていただいたら、

3限目は「自分の名前をもとにしたロゴ制作」

4限目は「Tシャツのデザイン」ということで学生はPCとにらめっこをしていました。

P1180105

最近はアパレルショップよりも

ライブ会場で服を買うことが多くなった僕は

Tシャツのデザインはとても興味がそそられました!

Tシャツはその後プリントまで行うそうで、完成が楽しみです。

 

PC操作が苦手な学生、そうでない学生もこの授業を取っていますが、

少人数制なので「分からないところがあればいつでも先生に聞ける」という

環境が出来上がっており、とても快適な授業になっています。

 

P1180107

P1180106

マンガ家になるにしてもその他イラストの仕事をするとしても

Adobe IllustratorとAdobe Photoshopのスキルはもはや必須となっています。

学生達は苦手を克服し、長所を伸ばしていってほしいですね。

 

  • LINEで送る

2016年10月6日  ニュース

マンガ学科の建物がリニューアル!

夏休み期間の改修工事が終わり、備品も追加され、マンガ学科のリニューアルが完了しました。

外観はあまり変わらないのですが、中は大幅に変更になり在学生たちもビックリしてる様子でした。

ではその全貌をご覧ください。

 

まずは研究室と学生ラウンジの位置が入れ替わり、ラウンジが広くなりました。

大量のマンガに囲まれてゆったりと過ごせる憩いのスペースになりました。

IMG_4373

 

そして、作業ルームも拡張。

機材も追加され、別の建物に行かなければ完了できなかった製本作業もこの部屋の中でできるようになりました。

見晴らしがよく窓からの緑がとても気持ちいいです。

IMG_4349IMG_4345

 

さらに、これまでキャラクターデザイン学科と入り組んでいた教室の配置を整理したことで、今までマンガ学科の学生は、その存在すら知らなかった階段と出入り口、レトロトイレへのアクセスができるようになりました。

IMG_4372

こんなかわいいデザインの階段があったんです、実は。

 

せっかくキレイになったので、みんなでこの状態を保っていきたいと思います。

 

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。