マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年10月19日  授業風景

【授業紹介】表現技法基礎Ⅱ

  

こんにちは。

副手の黒田です。

 

今日は水曜日3,4限、1回生向けに行われている『表現技法基礎Ⅱ』をご紹介します。

この授業は『様々な画材、技法のふれあいと、その可能性を探る 』をテーマに作品を制作していきます。

そしてその作品は制作したら終わり、というわけではなく

3,4回生になった時に使用するポートフォリオの素材に使用するため、クリアファイルに保存していきます。

自分の成長がよく分かるポートフォリオを制作で来たら良いですね!

P1180114

今日写真を撮りに行ったときは「ネコの描き方」を説明していただきました!

この京都造形大学はネコがたくさんいるのですがいざ、自分でネコを描いてみると何かおかしい・・・。

いつも見ているはずなのに何がおかしいんだろう・・・。

P1180110P1180113

今日の授業を聞くと、「なるほど!」と思わず声が出そうな内容でした。

背骨から骨格を意識して描く。という事でしたが恐らくこれはどんな生き物を描くときでも言えることなんだと思います。

色々な画材を触り自分にあった画材を見つけるとともに、自分の画力も上げて行ってほしいです。

関連記事

<157158159160161>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。