キャラクターデザイン学科

2017年4月

  • LINEで送る

2017年4月28日  イベント

オープンキャンパスはじまります‼

 

いよいよ明日から京都造形芸術大学のオープンキャンパスがはじまります!

 

私たちキャラクターデザイン学科でもたくさんの学生さんにお目にかかれるのを楽しみにしつつ、本日会場の設営をいたしました。

 

学生作品がてんこ盛りのキャラデブースにぜひぜひご来場くださいませ!!

 

みなさまのご来場おまちしております。

 

カクセイ

  • LINEで送る

2017年4月14日  授業風景

大熊美音子先生にキャリアの特別授業を行っていただきました!

こんにちは。副手の今です。

 

328()2限目~5限目、

大熊美音子先生にキャリアの特別授業を行っていただきました!

 

IMG_3908

 

大熊美音子先生は株式会社大丸入社後、数々の職域を経験。大丸退職後はトッズ・ジャ

パン株式会社に入社。店長のほか、人材育成にも携わっておられました。

現在はキャリアアドバイザーとして大学の就職活動講座等でご活躍されています!

 

いよいよ始まった就職活動に向けて不安いっぱいの4年生。

そんな中、大熊先生のキャリア授業では「自分自身をブランディングする」というテーマで

さまざまなワークショップを行っていただきました。

 

IMG_3889

 

大熊先生はラグジュアリーブランドの研究をされていて、ルイ・ヴィトンやエルメスの歴史を

紹介していただきました。

そのなかで、「機能的価値」と「情緒的価値」のお話がありました。

例えば同じ腕時計であっても5万円の腕時計と、ダイヤのちりばめられた100万円の時計。

機能としては全く同じものでも、100万円の時計を購入する人がいます。

そこには時を刻むという「機能的価値」だけではなく、つけているとなんだか心が満たされるといった

「情緒的価値」があるから高級なものが売れるのだそうです。

 

それは就職活動でも同じことが言えるのではないかとおっしゃっていました。

出来ることはほとんど変わらなくても、「この人でなければならない」と思わせるような情緒的価値を

自分自身で気付き、高めていくことが大切なのではないかということでした。

 

 

IMG_3875

その後も、キャリアデザインとブランディングについてのワークショップを行いました。

ブランドを構成する5つの要素を元に、実際の商品などの実例を交えながら、

自分の進路に置き換えブランディングしていく様子がとても興味深く、学生も楽しくキャリアデザインが

出来ているようでした!!

 

最後には代表者に隣の人を「ブランド」として紹介してもらいました!

IMG_3911

 

学生の一人は、

 

「改めて、自分自身の経験や体験を振り返り他の人に伝えることによって、今まで気付かなかった長所に気付くことができた。」

 

と感想を語っていました!

 

この授業で学んだことを就職活動に活かしていけると良いですね!

 

大熊先生、本当にありがとうございました!!

 

  • LINEで送る

2017年4月7日  ニュース

TOHOシネマズ学生映画祭でグランプリを受賞しました!

 

こんにちは。副手の今です。

 

 

先日3月25日に第11回TOHOシネマズ学生映画祭にて

4年生の村井野愛さん監督作品「ハタチオバケ」がグランプリを受賞しました!!!

 

samune

 

IMG_3934

左上から監督の村井野愛さん、「ハタチおばけ」製作チームの横山真奈さん

白神はるかさん、大川友梨子さんです!

 

この作品は学科展でも上映され、村井監督のほかにも制作には4年生の

横山真奈さん、大川友梨子さん、白神はるかさんが携わっています!

 

監督の村井野愛さんからは、

「ハタチおばけをつくるにあたって、『楽しくつくる』を優先して制作を進めました。
なので、最初から最後まで楽しんでつくることはできましたが、ほぼ毎日、一つの作品に時間を割いていたので
この作品が自分以外の方からどの様に見えるのかという客観的な視点に疎くなっていました。完成した今でも作品に込めたメッセージは伝わるのだろうかと思うこともあります。
しかし、ハタチおばけを見て「感動した」「ちょっと泣きそうになった」という感想をいただき、ちゃんと伝わっていたのだなと安心しました。
ですので、TOHOシネマズ学生映画祭でグランプリをいただいた時はとても嬉しかったです。」

 

と感想を語ってくれました!

 

 

 

 

また準グランプリには2016年度卒業生の木村拓くん監督作品「ROMANCE OF THE TURN」が選ばれました!!

こちらは、木村君の卒業制作になっており卒業展では優秀賞も受賞した作品です!

 

11317025_TakuKimura

木村君はこの春から社会人としてアニメーション制作会社で働きます。

今回は「学生」としての最後の受賞となりました。

この先は大人の一員として素敵な作品をつくり続けていってほしいです!

 

近々、木村監督の作品がスクリーンで観れる日もそう遠くはないのではと感じています。

 

 

キャラクターデザイン学科からグランプリ・準グランプリとワンツーフィニッシュで受賞できたことは本当に素晴らしいことだと思います!

これからのさらなる活躍を期待しております!

2人とも本当におめでとうございました!!

 

2人の受賞作品は以下URLからご覧になれます!

 

・「ハタチおばけ」 

・「ROMANCE OF THE TURN」 

IMG_4268

左からファイナリストのジョンボギョンさん、申ヨソップくん、グランプリ受賞・監督の村井野愛さん、

準グランプリ受賞・2016年度卒業生の木村拓くん、「ハタチおばけ」制作の横山真奈さんです。

  • LINEで送る

2017年4月5日  イベント

都をどり開催中です!!

 

こんにちは。副手の今です。

 

いよいよ新年度がスタートしました!

 

 

4/1(土)から開催している都をどりにキャラクターデザイン学科が関わっています!

 

 

まず1つ目には人間館カフェ横のガラスドアにて投影されているウェルカムアートの

アニメーションです!

IMG_3965

 

IMG_3967 IMG_3970

 

こちらはアニメーション領域ご担当の野村誠司先生、音響の田口先生、2回生から4回生までの8名の学生で制作されています。制作期間が短い中、

どの作品も非常にクオリティーが高く、「都をどり」のために制作されているので音楽・アニメーションともに、都をどりを感じることの出来る作品になっております!

 

アニメーション作品をYoutubeでもご覧になれます!

「都をどり in 春秋座」ウェルカムアートver.1

「都をどり in 春秋座」ウェルカムアートver.2

 

 

2つ目には人間館入ってすぐのおみおくりアート。

7本の和傘を使用し、プロジェクションマッピングを行っています!

IMG_3980  

 

 

このプロジェクトは、CG領域をご担当の池田篤史先生が制作されたものです。

制作には初の試みということもあり、大変なことも多かったかと思いますが

完成した作品はとても美しく、本当に素晴らしい出来上がりとなりました!!

 

プロジェクションマッピングの様子もYoutubeからご覧いただけます!

 

「都をどりin春秋座おみおくりプロジェクションマッピングAバージョン」

「都をどりin春秋座おみおくりプロジェクションマッピングBバージョン」

 

どちらのプロジェクトも短期間の中、最高の出来上がりになったかと思います!

池田先生、野村先生、アニメーションを制作された学生の皆さん、本当にお疲れ様でした!

 

また、人間館を入って左手にはキャラクターデザイン学科2016年度卒業生の

アニメーション作品を3本上映しておりますので、そちらにもぜひ足を運んでみてください!

IMG_3976

 

★都をどり★

4月1日(土)ー4月23日(日)

1日3回公演(開演時間:1回目13:00/2回目14:45/3回目16:30)※但し4月10日(月)・17日(月)は休演

 

オフィシャルサイトはこちら

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。