環境デザイン学科

2017年10月

  • LINEで送る

2017年10月30日  ニュース

松麟館の♪秋♪

 

 

 

 

今月は雨続きでどんよりしていましたが

 

 

 

 

 

_MG_2904

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れました

 

 

 

_MG_2905

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向こうの山を見るのも、心なしか久々な気がします

 

 

 

 

 

_MG_2908

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫式部が美しく実りました

 

 

秋です

 

 

 

 

 

雨のおかげか、育てている苔が元気です!

 

 

 

IMG_2910

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発光しています。

 

 

 

 

 

更に秋が深まると、もみじが紅葉します

 

今年は紅葉が綺麗なはずだと天気予報のお姉さんが言っていたので期待しています

 

紅葉したらまたお届けしたいと思います。

 

 

 

それでは!

 

 

  • LINEで送る

2017年10月11日  ニュース

★連休初日は4年生恒例の中間発表会★

 

 

三連休が終わりましたね。

 

秋晴れで気持ちのいい連休でしたが、みなさんどこかに行かれましたか?

 

京都は観光客が沢山でとっても賑わっていましたよ^^

 

涼しくなってくると京都を観光したくなりますね~

 

 

 

そんな中、三連休の初日7日は、卒業研究の中間発表会を行いました!

 

 

 

卒業研究の審査会及び、卒業展覧会は一年間で最も重要なイベントです。

 

4回生は、7月に行われた卒研のテーマ発表から早3ヶ月、どの様な成果を出しているのかを

 

第三者に発表し、助言を得た内容を精査したうえで、4年間の集大成へと発展させます。

 

 

 

RIMG0005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもの講評会とは違った緊張感のある会場で、物々しい雰囲気の中で発表を行います。

 

こちらにも緊張感が伝わってきます。。。

 

 

 

RIMG0010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専任の先生方に加え、ゲストの中山英之さんをお呼びしての審査会。

 

自分の考えを相手に伝えるって難しいな、、と私自身思いました。

 

 

 

そして、環Dの学生として2年前この場に立っていた自分を思い出しました。

 

トップバッターで緊張し過ぎて何も伝えられなかった記憶があります。

 

それを考えると、みんな堂々と話しているように見えてたくましかったです!

 

 

 

 

この中間発表会を助けてくれた学生スタッフのみなさん

 

この日はみんな黒子になって挑んでくれました^^

 

 

R0018703

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※プライバシー保護の為、ぼかしてお届けします。

 

1~3回生の後輩たちが、この中間発表及び本審査を支えてくれています!

 

先輩が後輩に的確な指示を出す、チームワークばっちりの心強いスタッフです^^

 

 

 

 

4回生のみなさん、本審査まであと2ヶ月、期待してます!

 

お疲れ様でした★★

 

 

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。