情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2015年8月21日  イベント

【特講】長嶋りかこ氏

8月も後半となり、随分と涼しい気候となってきましたね。

今回は7月24日(金)に行われた情報デザイン論Ⅷ特別講義を紹介します。

前期授業の最終回となったこの日のゲストは、長嶋りかこさん!

 

長嶋さんは本授業担当の伊藤直樹先生、服部滋樹先生とご友人との事で、

序盤から和やかな雰囲気で講義がスタートしました。

IMG_1310

札幌国際芸術祭2014のアートディレクションやzuccaでのお仕事等、長嶋さんのこれまでの作品紹介に始まり、博報堂時代のお話、昨年立ち上げた事務所の事や、独立に至った経緯など、沢山のお話をして頂きました。

 

IMG_1356

デザインをする上で何らかの困難に立ち会ってしまった時は、

長嶋さんの「制約を逆手にとって楽しむ」という発言がありましたが、

日々授業や課題に追われる学生達には、新鮮で勇気の出る言葉だったようです。

 

IMG_1290

現在進行形で大活躍されている3人のデザイナーのトークは、3人ともがそれぞれに真摯なこだわりを持って「デザイン」に取り組んでいる事が強く伝わってきました。

そして何より印象的だったのが、本当に楽しそうにトークが行われた事です。

それぞれのデザインへのアプローチは共通する点もあれば、真逆のような点もあり、それを登壇者である3人がとても興味深そうに対談されていました。

 

IMG_1312

仕事をする上では対人関係がとても大事だというお話もありましたが、

人当たりの良い長嶋さんのキャラクターのおかげで、終始和やかに行われた今回の講義、

最後に学生からの質問に対する答えで、

「日の当たっていない所のデザインをしてみたい」

とお話しされていました。

国際的に活躍されている長嶋さんのこれからの活動が益々楽しみになる回答ですね。

IMG_1342

長嶋さんのファンだと言う学生も多く、講義終了後も質問をしに行ったり、話しかける学生が後を絶ちませんでした。

長嶋さん、楽しい時間を本当にありがとうございました!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長嶋りかこ氏プロフィール

グラフィックデザイナー

1980年11月11日生まれ。2003年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業後、
博報堂を経て2014年デザイン会社「village®」設立。
グラフィックデザインを基軸に、ブランディング、CI、VI、プロダクトデザイン、
パッケージデザイン、エディトリアルデザイン、サイン計画、アートディレクションなどを手がける。
現在までの主な仕事に Mercedes-Benz Fashion Week、坂本龍一ゲストディレクターによる札幌国際芸術祭2014、
BAOBAO ISSEY MIYAKE×Rikako Nagashima「FREE HAND BAG」、zucca「zucca dayz」、
坂本龍一氏 × 鈴木邦男「愛国者の憂鬱」装丁など。
主な受賞歴に、カンヌデザイン部門銀賞、ニューヨークADC 銀賞/銅賞、東京ADC賞、
アジア太平洋広告祭グランプリ、日本グラフィックデザイナー協会新人賞、ワルシャワポスタービエンナーレ銀賞、
日本パッケージデザイン大賞金賞、経済産業大臣賞、等国内外の賞を多数受賞。
2012年にはニューヨークADC デザイン部門、2014年には ONE SHOW DESIGN 部門の国際審査員を務める。

 http://rikako-nagashima.com/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタッフ:イトウ

~~~~~~~~~~

【学生作品展】

 

日時:9月19・20日/10:00~18:00

場所:京都造形大学各所

(情報デザイン学科は人間館3階)

 

~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

関連記事

<199200201202203>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。