舞台芸術学科

日常風景

  • LINEで送る

2017年2月17日  日常風景

びわ湖ホールプロジェクト

昨日、びわ湖ホールプロジェクトの研修中の様子を見に行ってきました〜!

 

このプロジェクトは去年の7月からスタートし、いよいよ先週から仕込みが始まりました。

学科教員の、ごまのはえ先生が主宰する劇団「ニットキャップシアター」の方々やびわ湖ホールの技術スタッフといったプロの方達と一緒に、

音楽劇を製作し、期間中に技術研修も行います。

研修には他大学の学生や一般の方も参加されていて、いつもの授業以上に緊張感ある空気の中京都造形の学生たちもがんばっていました。

IMG_2121

この日は各セクションに分かれて、リハーサルに向けて打ち合わせをしていました。

今回の作品は、大ホールのバックステージをツアーの形で周り、いろんな場所でお芝居やパフォーマンスを見られる形になっています。

上演場所が変わるので転換も多く進行スタッフは大変そうです。。。

IMG_2154

 

今回の作品のテーマは「アンデルセンの夢」がテーマです。

お客さんも子どもたちが対象になるので、子どもたちが喜んでくれる仕掛けや装飾にもかなり力が入っていて、

子どもたちが喜んでくれる顔を想像してとてもわくわくしました。

下の写真は、京都造形の学生が作った船首です。

今回はほとんど1回生なのですが、目を見張る仕上がりで感激しました。

IMG_2145

 

 

大ホール搬入口も普段の様子とは全然違い美しい雪の世界に変わっています。

照明が入って本当に奇麗でした!!

IMG_2127IMG_2159

IMG_2141

 

中にはパフォーマーとして出演する学生もいてこの間に稽古も行われています。

どんな仕上がりになるのか本当に楽しみ!!

明日がいよいよ本番です!!

 

 

 

関連記事

<2728293031>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。