映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年11月4日  ニュース

港 岳彦先生脚本、映画『あゝ、荒野 前篇・後篇』公開中!

映画学科で非常勤講師として脚本の授業を担当しておられる、港 岳彦先生が脚本を手がけられた、寺山修司原作・岸 善幸監督作品『あゝ、荒野(前篇・後篇)』が、現在全国の映画館と、U-NEXT独占配信(全六話形式)にて、絶賛順次公開中です。

 

62d3103d28271932

(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

 

 

『あゝ、荒野』の公開について、港先生から一言いただきました。

 

港先生「『あゝ、荒野』が公開されると同時に、普段あまり映画館には来ないお客さんからも、大きな反響が返って来ています。たまたま選んだ作品が、その人の実人生に想定外の影響を及ぼす事が起きるのが、映画の凄い所だと思っていますが、『あゝ、荒野』を書いた事で、今回それを実感できています。」

 

映画学科での授業はいかがですか?

 

港先生「授業を受けている学生達が、楽しんでくれている事が伝わって来ます。脚本の授業と言っても、一人のビジョンで書くのではなく、4〜5人のチームで考えて書いてもらうという事をやっているんですが、学生のみんながお互いに他者の反応を楽しみながらキャッチボールが出来ていて、とても空気が良いなと思います。僕もやってて凄く楽しいです。」

 

Exif_JPEG_PICTURE

港 岳彦先生です。

皆様、是非『あゝ、荒野』をご覧下さい!

『あゝ、荒野』公式サイトはこちらです。 → http://kouya-film.jp/

 

 

 

関連記事

<45678>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。