写真・映像コース

Photography and Video Course

いまさら「写真・映像」ではなく、
今こそ「写真・映像」。

いまや写真と映像は、現代社会に深く浸透したメディアであり、先端的なアート表現においても無限の広がりを見せています。本コースでは、世界や人間を鋭く観察して幅広い視野を育むことを目的に、写真と映像を学びます。撮影技術を習得するだけではなく、その背景にある社会の仕組みや歴史、理論も学ぶことで、「作る力」「見る力」「考える力」の3つを養います。そうすることで、世界に通用する表現者として必要な感性と知性を養うことができるのです。さらに定期的にポートフォリオ制作や展覧会、プレゼンテーションをおこない、粘り強く対話を重ねることで、卒業後の幅広い進路に対応できる「伝える力」が身につくカリキュラムとなっています。

学べる分野
  • 写真
  • 映像
  • 現代アート
  • 写真史・映像史

NEWS&TOPICS

1年間撮りつづける「京都サーヴェイ」

たくさんの写真や映像に撮られつづけてきた京都。この街で暮らし学ぶ立場だからこそ見えてくる、紋切り型ではないこの街の姿を再発見する授業です。その成果を1年間かけて作品にしっかりまとめます。

韓中日 国際交流写真展で、5名選抜!

韓国で開かれた3大学合同写真展に、在学生と卒業生5名が選抜されました。さらに卒業生の1人が運営を担当し大活躍。この他にも在学生や卒業生が国内外で展覧会やコンペ受賞を続々と決めています。

カリキュラム

1
年生

カメラを通して世界を知る奥深さを発見し、イメージを見る力を養う。

主に大判カメラによるアナログ写真の撮影、暗室作業を学び、さらにデジタル機材を使用した映像制作にも取り組みます。基本的な技術だけではなく、その背景となる考え方や幅広いイメージ表現への理解も深め、作品を発表するために必要なノウハウも身につけます。

PICK UP! 授業

大型カメラ撮影

主に大判カメラと銀塩フィルムを使用して、写真撮影と暗室作業の基礎を習得。対象やイメージと向き合い「撮る」「見る」「考える」プロセスを体得します。

ミュゼ・イマジネール

各自が架空の展覧会を企画するキュレーターになるという設定で、テーマに沿って作品を選び、構成し、自分の世界を広げてゆくための授業です。図書館を駆使して古今東西の膨大な作品に慣れ親しみ、イメージを見て編集することの面白さを体得します。

2
年生

さまざまな技術と知識をもとに、本格的な作品制作に取り組む。

写真や映像の背景となっている歴史や理論について学ぶと同時に、一人ひとりが自分のテーマで本格的な作品を制作することに挑戦します。表現者として必要なリサーチ力、行動力、プレゼンテーション力も同時に身につけます。

PICK UP! 授業

特殊機材撮影

ドローン、アクションカムやスライダーなど機動性の高い最先端機材を使用した撮影方法を学びます。あらゆる視点で我々の世界を映し出し、新しい着想を得るだけでなく、このような撮影に必要な技術やマナーについて学びます。

デジタル演習

1年次に学んだ基礎技術をもとに、デジタル技術をみっちり学びます。フォトショップをはじめとする基本的な画像編集ソフトウェアの使い方、デジタル出力のために必要な技術を学びながら、本格的なポートフォリオ制作にも取り組みます。

3
年生

作品制作を積み重ね、発表し、他者や社会とのつながりについて考える。

作品制作の技術をさらに伸ばすと共に、社会へ発信するための具体的なノウハウを身につける1年間です。作品をめぐって深い対話を積み重ねることにより、自分の考えをわかりやすく他者へ伝えるための言語力、コミュニケーション力も習得します。

PICK UP! 授業

プロジェクション・マッピング

自分で制作した映像を、3次元の現実空間に投影(プロジェクション)します。映像の内容と投影される場所との組み合わせを慎重に検討しながら、本格的な映像技術と理論を複合的に学びます。

スタジオ撮影

スタジオにおける写真撮影の技術を本格的に学びます。人物やオブジェの撮影を通して、スタジオ機材の使い方や実践的なライティングテクニックを習得し、自分が思い描くとおりのイメージを実現するための力を身につけます。

4
年生

丁寧な個別指導により、自分にとって一番大切なテーマで卒業制作に取り組む。

ゼミ形式で指導教官やクラスメートとの対話をさらに深めつつ、卒業制作に取り組みます。社会情勢や世界の写真、映像、現代アートの動向を知り、そのなかで自分の作品を適切に位置づけて語るための思考力も養います。

PICK UP! 授業

卒業制作

新しい技術が刻々と更新される写真・映像分野。卒業制作においては技術の新しさや古さにとらわれることのない、多様なアプローチやコンセプトにもとづいた見応えのある作品が並びます。

美術工芸学科 コース一覧

Kyoto Art Course

京都を深め、京都から
世界につながる静かな力。

学べる分野

  • 立花
  • 茶の湯
  • 能楽
  • 漆芸
  • 陶磁
  • 障壁画

Japanese Painting Course

日本画を学ぶなら、京都。
最先端の素材科学で、日本画の本質に迫る。

学べる分野

  • 日本画
  • 写生
  • 模写
  • 戯画・マンガ
  • 素材研究

Oil Painting Course

描くことは生きること。
描くことで問いかける。

学べる分野

  • 油画
  • 版画
  • テンペラ・フレスコ
  • ドローイング
  • デジタル表現

Photography and Video Course

いまさら「写真・映像」ではなく、
今こそ「写真・映像」。

学べる分野

  • 写真
  • 映像
  • 現代アート
  • 写真史・映像史

Textiles Course

伝統に触れ、先端を知る。
染織のまち京都で『手しごと』を学ぶ。

学べる分野

  • 染織
  • ファッションテキスタイル
  • インテリアテキスタイル
  • 伝統表現
  • 雑貨

Mixed Media Course

手で考え、手でつくる。
3つの工房で挑む立体造形の世界。

学べる分野

  • 彫刻
  • 陶芸
  • ウルトラゼミ
  • 3Dデジタルモデリング

京都造形大学 美術工芸学科が今なぜ注目されているのか!?

京都造形大学 美術工芸学科が今なぜ注目されているのか!?

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら