空間デザインコース

Spatial Design Course

ものづくりから、しくみづくりへ。空間デザインは新しいデザインへ。

 空間演出デザイン学科での学びの目標は、これからの社会をよりよくしていくための、様々な課題解決を提案する「ソーシャルデザイン」を習得することです。そのために、空間デザインコースでは、これまで当たり前と思われてきた様々なものをもう一度捉え直す視点を大切にします。そして、人ともの、人とできごとから生じる空間を生き生きとつくりあげるデザインを学びます。空間デザイン(インテリア・ディスプレイ・展示・イベント)の基礎から応用までを多角的に学んだ上で、それを社会の課題解決に結びつけるデザインへと展開していきます。「ものづくりのデザインから、しくみづくりのデザインへ」。新しいデザインの時代がはじまっているのです。

学べる分野

空間デザインコースで学べる分野

社会で役立つ基礎技術

1、2年生で空間デザインに必要な設計製図やCAD、模型、グラフィック、ディスプレイなどの基礎技術をしっかりと習得。社会での課題解決において、広い視野を持って応用手法に取り組むことができます。

空間デザインコースで学べる分野

豊富な学科合同授業

ファッションデザインコースとの合同授業により、空間演出デザイン学科が包括する「空間」「ファッション」「ジュエリー」の3領域を総合的に学びます。店舗デザインや販売、流通などを多面的にとらえる力を育みます。

空間デザインコースで学べる分野

社会における問題意識を醸成

地域の暮らしや環境問題、商品流通など、空間デザインコースで取り組むテーマは多彩です。3年生以降は社会に出て自身の問題意識から発したテーマを見つけます。卒業後の進路にもつながる実践的な学びです。

NEWS&TOPICS

地域貢献プロジェクトを開催

「馬との多様な過ごし方」をテーマに学生が淡路島の「あわじシェアホースクラブ」を舞台に企画・運営した「馬場BAR ̶ FRANCIS ̶ 」プロジェクト。馬とふれあい、馬にちなんだお酒を飲みながら、人々が地域活性化について語り合う場をつくりました。

[ルクア イーレ]でアートグッズ・ショップデザイン

「DMO ARTS」と連携した、大阪の[ ルクア イーレ]でのディスプレイ・プロジェクト。与えられたテーマに対して、アクセサリーなどのグッズのデザインや、ショップ空間のデザインを行いました。公共空間で「人の心を動かすデザインとは何か」を学びました。

障がいのある人たちとコラボレーション

障がいのある人たちが描いた魅力ある作品とコラボし、学生が雑貨や作品を制作し、展覧会を開催。自分たちにできるデザインとは何かを考え、社会に貢献できることを実感しました。

2年生〈Experimental Studies〉

学外を舞台に、展覧会づくりを実践で学びます。展覧会のテーマを効果的に伝えるために作品と空間を構成し、展覧会を通じたコミュニケーションデザインを社会へと発信。

カリキュラム

1
年生

空間デザインを知る、ソーシャルデザインをやってみる

基礎から学びをはじめます。つくることの基礎として、スペースデザインやデッサン、グラフィックなどを学び、ソーシャルデザインの基礎として、社会と関係する力を育むために、京都のフィールドワークをチームで実践します。

 

PICK UP! 授業

空間演出デザイン基礎

学科の理念を伝える合同授業。ソーシャルデザインの基礎として、「地域をもっとよくするためには?」を考え、京都でフィールドワークを行い、新しい観光の提案に取り組みます。

空間デザイン基礎Ⅰ

「森にすまう」といった身近な空間を考えて、それをかたちにするレッスンをします。そのために図学(設計製図・CAD)という空間の専門技術を修得します。

2
年生

個人の基礎力の養成。社会的視点でデザインする

ソーシャルデザインの実践のために、空間デザインの基礎知識や技術・応用手法を学びます。スペースデザインとビジュアル・プレゼンテーションを中心に力を養い、社会的視点を持ったデザインへ展開していくことを修得します。

PICK UP! 授業

空間表現演習

空間デザイン・ソーシャルデザインを魅力的に表現していくために、家具や雑貨(木工)・写真・シルク印刷・グラフィックといったデザインスキルを一気に修得します。

空間デザイン基礎Ⅳ

持続可能な環境を考えるために、「インテリア・リノベーション」や「コミュニティとすまい」などのデザインを学びます。設計製図・模型・CADの技術も向上させます。

3
年生

社会に出て、デザインによる課題解決を実践

社会に飛び出し、課題解決のデザインに取り組みます。地域活性化の活動や、生活の中での環境問題などをデザインで解決することに挑戦します。また、社会貢献をより広く伝える手法としてディスプレイデザインを実践的に学びます。

PICK UP! 授業

空間演出デザイン

社会発信を重視した授業です。これまで学んだデザインを応用して、環境やコミュニティの発展をメッセージとしたディスプレイを、自分たちで企画・制作していきます。

空間デザイン演習

もののデザインだけでなく、しくみをデザインしていくことを考えます。地域の活性化のために、人ともの、人と人をつなぐ企画・実践などに取り組みます。

4
年生

社会の課題を解決する、独自の発見・手法を提案

これまでの学びを統合する卒業制作として、社会の課題・解決をより本格的に探究。何が課題の核かという重要な部分をじっくり考え、その発見をもとに独自のデザインを提案します。次の社会が見える作品を目指します。

PICK UP! 授業

卒業制作・キャリアデザイン

地域や高齢者の問題、異文化交流などのプロジェクト型のものから、新しい時代の生活像をもたらすモノのデザインなど各自のテーマを作品にします。卒業後の進路決定も確実に行います。

卒業展

空間演出デザイン学科では、自分たちの卒業制作を展示する会場空間のデザインも行います。最後の学科合同授業で、コラボレーションの集大成に取り組みます。

STUDENT'S VOICE

専門分野に加えて、幅広い刺激がある!

幼少の時に親しんだ絵本『バムとケロ』に描かれている家が好きで、ずっと内装やディスプレイなどの分野で世界観を表現する仕事がしたいと思っていました。好きなことだけにまっすぐになりがちな私ですが、ここでは建築も学べるし、木工や写真、美術表現など、幅広い授業を受けることができます。友人も様々なことを専攻してます。今は図面の描き方などを学んでいますが、幅広い視野でアイデアを考えられる環境ですね。

3年生山中 宏華さん

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら