京都芸術劇場

KYOTO ART THEATER

多様な芸術・文化に触れ、
広い視野と創造の
引きだしを手にいれる。

京都芸術劇場とは

日本初の大学運営による本格的な劇場。

四代目市川猿之助氏が芸術監督を務める大劇場「春秋座」、舞台芸術のための実験空間である小劇場「studio21」の大・小からなる劇場。授業で使用する他、学生の公演、プロの公演などが行われます。

古典から現代まで幅広い演目を上演。

大劇場「春秋座」では、能、狂言、歌舞伎、落語などの伝統芸能はもちろん、ミュージカル、演劇、オペラ、コンサートなどの公演も可能。毎年50本以上もの公演が行われ、国内外の多様な芸術文化を発信しています。

学生時代により多くの良い作品に触れる。

学生は公演を特別料金で観覧することができ、また劇場スタッフとして舞台の裏方を経験することも可能。学生時代により多くの良い作品を生で見ることで、表現の幅の広がりや、豊かな感性を育むことを目指します。

過去の公演※過去に上演された主な演目のチラシを掲載。