開催中のイベント
展覧会
かつて時間であった線 かつて気配であった色
2017年03月10日 〜 2017年04月01日
卒業生 津上みゆきさんの個展
展覧会
【ARTZONE】DIVE 2017 
2017年03月25日 〜 2017年04月16日
京都造形芸術大学卒業生優秀作品展
展覧会
MIMOCAコレクション じつはいろいろあるんです!
2017年02月25日 〜 2017年05月28日
やなぎみわ教授が出品し、トークショーを行います
注目のイベント
講座・講演
都をどり in 春秋座
2017年04月01日 〜 2017年04月23日
2017年、京都の春の風物詩「都をどり」を春秋座で開催!

京都造形芸術大学 開学40周年記念 2017年度公開連続講座

日本芸能史【後期】

日程 2017年09月25日(月)〜 2018年01月22日(月)
時間 16:30 〜 17:50
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座(10月2日の回のみ学内他会場で行います)
場所詳細 〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116

MAP

カテゴリ 講座・講演
エリア 近畿圏

京都造形芸術大学 開学40周年記念 2017年度公開連続講座 「日本芸能史」【相撲と芸能/神仏と芸能・芸道】

この講座は、舞台芸術研究センターのコーディネートによって、京都造形芸術大学の授業を一般公開するものです。
第一線で活躍している専門家を講師にお迎えし、日本で受け継がれてきた多様な伝統芸能を実演をまじえながら解説していただきます。

----------------------------------------
芸能・芸道は、超越存在、広義の神霊と人とが、一体となって、新しく生命を更新する場である。多様な生命更新の方法の一つに超越存在の意志を問う占いがある。超越存在の種類と変化につれて、占いの方法は多様となったが、人、動物などの勝負による占いは世界各地にみることができる。相撲は、その勝負占いに起源がある。

相撲に代表される日本の芸能・芸道が対象とする超越存在は、日本人が信仰する神と仏である。日本の神仏は、広義の大地の神々である。固有の神道はもとより、外来の仏教も日本人に浸透してくるにつれて大地の神々の性格を強めた。前期講座の相撲を通して、後期講座の神と仏の芸能・芸道の特質もあざやかに浮かびあがってくる。

企画・コーディネーター 京都造形芸術大学 教授 田口章子

【後期日程】
9月25日第1回 総論/諏訪春雄 [比較芸能史研究]/理論
10月2日 第1回 能/天野文雄 [能楽研究]/理論
10月9日 第1回 華道/池坊専好 [華道家]/実演
10月16日第1回 嵯峨大念佛狂言/嵯峨大念佛狂言保存会/実演
10月23日第1回 風流(京都の民俗芸能)/京都大原里づくり協会/実演
10月30日第1回 聲明/天台宗総本山比叡山延暦寺法儀音律研究部、木戸敏郎/実演
11月6日第1回 京舞/井上八千代 [舞踊家]/実演
11月13日第1回 能/藤田六郎兵衛 [能管演奏者]/実演
11月20日第1回 説経浄瑠璃/若松若太夫 [説経節太夫]/実演
11月27日第1回 茶道/千宗員 [茶道家]/理論
12月4日第1回 六斎念仏/京都中堂寺六斎会/実演
12月11日第1回 日本舞踊/坂東温子 [舞踊家]/実演
12月18日第1回 神仏なき世界の演劇/諏訪春雄 [比較芸能史研究]/理論
1月22日第1回 神楽(石見神楽)/温泉津舞子連中、小林泰三/実演

■費用 各期15,000円
■定員 -
■申込方法 まずは京都藝術学舎へお電話、または窓口にて受講予約をお願いします。
■主催 京都造形芸術大学 京都藝術学舎
■お問合せ 075-791-9124
■URL http://k-pac.org/?page_id=2541
■関連教員 田口章子(創造学習センター 教授)