開催中のイベント
講座・講演
『福島 生きものの記憶 シリーズ1~被曝~』上映会
2017年10月24日
文明哲学研究所主催のドキュメンタリー映画上映会
展覧会
オールテニプリミュージアム in 京都
2017年10月12日 〜 2017年10月26日
ワンソース・マルチユースプロジェクト第4弾
展覧会
#アートコスプレ・フェス@大塚国際美術館
2017年07月21日 〜 2017年10月29日
名画の登場人物になりきれる衣装をファッションデザインコース4回生が制作
展覧会
環境ポスターのデザイン ―表現のふりはば―
2017年10月16日 〜 2017年11月04日
芸術館では環境ポスター展を開催しております。
展覧会
京都木工芸協同組合青年部木工芸展2017 SESSION!
2017年10月06日 〜 2017年11月07日
D&DEPARTMENT KYOTO by京都造形芸術大学で開催
注目のイベント
展覧会
オールテニプリミュージアム in 京都
2017年10月12日 〜 2017年10月26日
ワンソース・マルチユースプロジェクト第4弾

「太秦おかげサマー」

ニットキャップシアター第38回公演

日程 2017年06月29日(木)〜 2017年07月09日(日)
場所 シアターウル
場所詳細 京都市右京区太秦北路町26-2 登喜和野会館2F

MAP

カテゴリ 映像・舞台
エリア 近畿圏

ごまのはえ先生が主宰するニットキャップシアターの公演

ニットキャップシアター第38回公演
「太秦おかげサマー」


【作品紹介】

早いものでニットキャップシアターも今年で18周年を迎えました。
今回上演する『男亡者の泣きぬるところ』は、10年以上前の作品です。私も20代。たいした覚悟もなく演劇を続けていくことが怖くてしかたない頃でした。街でホームレスの人をみかけるたびに、未来の自分を見せつけられた気がして、なんとかしなくてはと焦っていたのを覚えています。『男亡者の泣きぬるところ』はコメディですが、底にあるのは焦りだと思います。映画がお好きな方には、お洒落じゃないウディアレンといえばイメージしやすいかもしれません。
新作『女亡者の泣きぬるところ』は去年書きました。女の二人芝居。自分の性格に足を引っぱられながらも、なんとか幸せになろうともがく女の二人芝居です。お芝居の冒頭が自殺から始まるので、明るい芝居ではないかもしれませんが、よく泣き、よく笑い、よく食べて、よく寝るお芝居です。まるで健康優良児ですね。
両作品ともタイトルに「亡者」という単語が出てきますが、生きてる人間の生きてくためのお話です。

作・演出 ごまのはえ




『男亡者の泣きぬるところ』

出演:門脇俊輔、澤村喜一郎
声の出演:佐藤弘樹(α Station DJ)、西村貴治、仲谷萌、高原綾子

『女亡者の泣きぬるところ』

出演:高原綾子、仲谷萌

※ 男亡者または女亡者のどちらか1演目と、ゲストパフォーマンス1組とのセットで1ステージとなります。




2017年6月29日(木)~7月9日(日)

6月29日(木)19:30 女+小暮はな+出店1
6月30日(金)19:30 男+大澤利麗+出店1

7月1日(土)14:00 女+Plants of Circus!+出店2

7月1日(土)18:00 男+藤本浩史(the coopeez)+出店2

7月2日(日)14:00 男+THE GO AND MO'S+出店3,4

7月2日(日)18:00 男女+餃+出店3,4

7月3日(月)19:30 女+ユニット美人

7月4日(火)19:30 男+はなもとゆか×マツキモエ
7月5日(水)19:30 女+二口大学

7月6日(木)19:30 男+桂二葉+出店5

7月7日(金)19:30 女+ベビー・ピー
7月8日(土)14:00 男+ベビー・ピー
7月8日(土)18:00 男女+餃
7月9日(日)14:00 女+原田茶飯事



男=男亡者の泣きぬるところ

女=女亡者の泣きぬるところ

★=ゲストパフォーマンス

餃=ギョーザナイトクラブ(乾杯イベント)

出店1: ホホホ座〔本/土産〕

出店2: タコとケンタロー〔たこ焼き〕

出店3: AOW〔タイカレー〕

出店4: Frau Pilz〔ドイツ菓子〕

出店5: かもがわカフェ〔フード&珈琲〕



※ 公演はドリンクを飲みながらご覧いただけます。

※ 7月2日(日)、8日(土)18:00の回は、男/女亡者連続上演。
 
ゲストパフォーマンスなし。終演後、乾杯イベントあり。


チケット料金(ワンドリンク付き!)

前売券
[一般]2,800円

[ユース・学生]2,200円(ユースは25 歳以下。当日要証明書)

[高校生以下]1,000円(当日要証明書)


[ギョーザナイトクラブパス]3,500円

(7月2日(日)、8日(土)18:00のステージ。
 
この回は、一般/ユース・学生/高校生以下券の設定はございません。)

当日券

各前売券料金 +500円(高校生以下券は同額)


★半券割引
当日受付で『太秦おかげサマー』の観劇済み公演チケットの半券をご提示いただくと、受付で1,000円をキャッシュバックいたします。(半券1枚につき1名、1回のみ有効)



※HPより抜粋しております

■費用 前売券
[一般]2,800円
/当日券各前売券料金 +500円(高校生以下券は同額)


■定員
■申込方法 https://ticket.corich.jp/apply/82382/
■主催 ニットキャップシアター
■お問合せ 090-7118-3396 (ニットキャップシアター)
■関連卒業生 2007年度卒業:花本ゆか、松木萌  2011年度卒業:仲谷萌 
■関連教員 舞台芸術学科専任教員:ごまのはえ(劇作家・演出家・俳優)
関連機関 舞台芸術学科