博士課程カリキュラム

16単位以上を修得し、論文の審査および試験に合格すると博士(芸術)の学位を取得できます。
但し、芸術文化、比較文化、歴史文化の学際的分野を主な内容とする論文については、
博士(学術)が授与されることがあります。

研究 研究&制作
学内外の研究者との連携を視野に入れつつ、自らの研究課題を追求し、独自の学問的領域を確立。 制作に関わる作家・素材・技法・理論などの研究を 進めつつ、各分野で制作者としての自立を目指す。
必修特論(必修履修)
第一線で活躍する研究者、作家、伝統芸術継承者などを特別講師として招く。講義・ディスカッションにより、問題の発見、批評、分析、論述能力を研鑽し、修士課程を深化させるかたちで、各自の研究および表現の刺激となる幅広い見識を得る。(4単位)
比較芸術文化論特論
研究科目(1科目以上選択必修)
個別の論文指導教員のもと、1年次は各自の研究課題に応じた歴史的、思想的背景を認識し、研究テーマを確立。2~3年次は、自らの研究テーマに沿って理論研究を進め、博士論文の提出を目指す。(各12単位)
研究I~VI
[3年間継続履修]
制作科目(1科目以上選択履修)
個別の制作指導教員が、論文指導教員と綿密に連携をとりつつ指導にあたる。制作と理論研究の融合を目指して、研究と同時に作家としての表現力を鍛える。(各12単位)
制作I~IV
[修了要件には含まない]
[3年間継続履修]
博士論文 博士論文および作品
[学位取得]
博士(学術)または 博士(芸術)
[学位取得]
博士(芸術)

資料請求 あたらしいパンフレットができました。