舞台芸術学科

ABOUT

舞台芸術は、総合芸術です。俳優やダンサーなどのパフォーマー、舞台美術家や音響家、照明家などのスタッフ、そしてその要となる演出家など、様々な人たちによるコラボレーションで作品が成立しています。演技や演出、そしてダンスなどを学ぶ演技・演出コース、舞台美術や照明、音響などのスタッフワークを学ぶ舞台デザインコースの2コースに分かれていますが、自分のコースの授業を核としながら、もう一方のコースの授業も受けてもらう、受けることができるのが大きな特徴です。総合芸術の創作のなかで他の人たちと協調しながら一人のアーティストとして独創性を発揮できる人を育てていきます。
お問い合せ:butai@kuad.kyoto-art.ac.jp

NEW ENTRY / BLOGRSS

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。