映画学科

2013年3月

  • LINEで送る

2013年3月31日  ニュース

北白川派第4弾 林海象監督の『彌勒 MIROKU』公開情報

0330-2

 

映画学科の看板プロジェクトである『北白川派映画芸術運動』とは、毎年一本の劇場公開映画を学科のプロと学生で共同製作するものです。

 

これまでに第一弾『黄金花』(2008年・木村威夫監督)、第二弾『MADE IN JAPANこらッ!』(2009年・高橋伴明監督)、第三弾『カミハテ商店』(2010年・山本起也監督)が公開され、現在第五弾『正しく生きる OVER THE RAINBOW(仮題)』(福岡芳穂監督)が制作されています。

 

第四弾作品として、今夏公開される、謎の映画『彌勒 MIROKU』の公演は京都から始動します。

 

2013年7月20日(土) 京都文化博物館・別館ホール(ワールドプレミア)
2013年7月21日(日) 京都芸術劇場 春秋座

 

『彌勒 MIROKU』の公演では、映画音楽を制作された渡邊崇さん率いる楽団の生伴奏をつけて上映する「Sound on Film」をお送りしします。
また、当日の豪華ゲストも続々と決定しています。

今後も新しい情報をお届けしますので、どうぞお楽しみに。

 

『彌勒 -MIROKU-』公式サイト

 

ミロク革命軍ブログ

 

彌勒 林海象監督

  • LINEで送る

2013年3月31日  ニュース

ゼミ作品「彼方」の撮影風景がJR西日本ロケーションサービスHPにて掲載

昨年度のゼミ作品「彼方」(監督・田中沙紀さん) の撮影風景がJR西日本ロケーションサービスのホームページにて掲載されました。

梅小路蒸気機関車館で撮影をおこなう学生たちの様子が御覧頂けます。

ゼミ作品「彼方」1

 

《『彼方』に関わったメンバー》
キャスト  金子友萌(映画学科)
      村上広輔(舞台芸術学科)
監督・脚本 田中沙紀
助監督   堀田晃佑
撮影    城間典子
録音    大坂菜朋
      阪口和
美術    村上菜緒
協力    池下すみれ
      齋藤愛子
      堀千夏
      篠崎佳代子
      西日本旅客鉄道株式会社
      梅小路公園
      京都造形芸術大学映画学科
指導    伊藤高志

      山本起也

 

 

《監督・脚本 田中沙紀さんからのコメント》

撮影や制作については、私にとって初めての映画制作で、
限られた時間のなかでの撮影は難しいところもあり、
思い描いていたものにできるのかという不安もありましたが、
ロケ地を決定するまでの過程など、今回の制作を通して多くのことを学ぶことができたので、
これからにつなげていきたいと思います。

 

 

JR西日本ロケーションサービスHP

  • LINEで送る

2013年3月30日  イベント

「春の顔見世2013」映画学科 特別上映

キャプチャ2
「春の顔見世2013」での映画学科の映画上映スケジュールです。

 

会場 ギャルリオーブ
入場無料
毎回 18:20より

 

4/5  嵩村裕司(美術監督)参加作品 寺内康太郎監督『デメキング』
4/8  小川真司(撮影監督)参加作品 飯塚健監督作品『彩恋』
4/9  水上竜志主演作品 林海象監督作品『黄昏のビギン』
4/10  林海象監督作品 『私立探偵濱マイクシリーズ第一部 我が人生最悪の時』
4/11  林海象監督作品 『私立探偵濱マイクシリーズ第二部 遥かなる時代の階段を』
4/10  林海象監督作品 『私立探偵濱マイクシリーズ第三部 罠(THE TRAP)』
4/13  鈴木歓(編集)参加作品 若松孝二監督作品『寝盗られ宗介』
4/15  伊藤高志監督作品 『伊藤高志短編集』
4/16  福岡芳穂監督作品 『愛してよ』
4/17  山本起也監督作品 『ツヒノスミカ』
4/18  高橋伴明監督作品 『道~白磁の人』
※ 4/1~20 北小路隆志著 『王家衛的恋愛』 (書籍の展示)

 

興味のある方はぜひご覧下さい。

  • LINEで送る

2013年3月29日  日常風景

映画学科3期生めでたく卒業!

去る3月16日、京都造形芸術大学において卒業式が執り行われました。

我が映画学科の3期生も、めでたく卒業式を迎えることができました。おめでとうございます!

 

映像・舞台芸術学科から引き継いでいる伝統の一つとして、卒業式の「仮装」があります。

今回はそんな仮装した学生達の写真を掲載します。お楽しみください!!

 

 

sotugyou1 sotugyou2
sotugyou3 sotugyou4 sotugyou5 sotugyou6 sotugyou7
※映画学科らしく、主に映画のキャラクターが多いですが、何に仮装しているかは想像にお任せします。

  • LINEで送る

2013年3月27日  ニュース

映画『千年の愉楽』に 水上先生と大西礼芳さん出演

只今公開中の若松孝二監督の映画『千年の愉楽』に、本学科准教授の水上竜士先生と、本学科俳優コースの大西礼芳さんが出演されています。

是非ご覧ください。

 

sennennoyuraku

 

監督・企画・プロデューサー: 若松孝二

原作: 中上健次

 

『千年の愉楽』公式サイト

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。