大学院

2013年7月

  • LINEで送る

2013年7月4日  日常風景

SPURT展 搬入!

SPURT2013、ギャルリ・オーブでの搬入が始まりました。

 

天気が心配でしたが、なんとか無事に作品の持ち込みが完了し、

全員でパーテーションの移動から始めています。

 

DSC05506

模型を見せながら、搬入の段取りの説明を全体リーダーから。

それぞれ緊張した面持ちで聞いています。

DSC05522

DSC05523

 

これからだというのに、足が震えてる・・

DSC05511

DSC05534

 

DSC05536

DSC05540

DSC05543DSC05546

DSC05569

明日が搬入最終日、今日はここまで。

みなさん明日も頑張りましょう!

 

  • LINEで送る

2013年7月2日  イベント

【大学院 芸術表現専攻修士一回生 個展のお知らせ】 崎川真璃絵 個展  バネバネバネバネバネバネバネ

期間:2013年7月2日(火)から7日(日)
時間:12:00から19:00 (最終日17:00まで)

場所:Kunst Arzt

http://kunstarzt.com/top/top.htm

場所詳細:605-0033 京都市東山区夷町155-7

 

034image

KUNST ARZT では、崎川真璃絵の個展を開催します。
崎川真璃絵は、まるで絵本のように、
シンプルでかわいらしいカタチのちょっとした動きから、
豊かなイメージを生み出すアーティストです。
日常の中にある何気ないユーモラスな動きに着目し、
スポンジや木といったどこにでもある素材をシンボリックなカタチに加工し、
それらに動きを与えること(鑑賞者参加型、映像)を通して、
アーティストの着目点に鑑賞者を導き、
さらにはアーティストが内包するシニカルに社会を見る視点を感じさせてくれます。
今年3月に発表した「バネ」では、
バネによって繋げられた○や□などのシンプルな木製オブジェたちを
いくつもテーブルの上に置き、そのテーブル面に、
それぞれのバネが弾かれたシルエッ ト動画を投影する試みでした。
ここでは、それぞれのシルエットが動くことによって、
まるで木製オブジェたちに命が吹き込まれたかのような不思議な印象を与えました。
本展では、その「バネ」を多角的に発展させたインスタレーションをご覧頂けます。
(Kunst Arzt 岡本光博)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

「バネ」

バネ(丸)、バネ(四角)、バネ(細い四角)
バネ(ひし形)、バネ(楕円と丸)、バネ(丸とスポンジ)
バネ(丸と小さい丸)、バネ(丸、縦置き)
2013年

 

 

■アーティスト・ステートメント

私は動きに注目して制作している。
私が制作している作品の動きとは例えば、歩く時に変化する靴の形や、
ペットボトルのラベルを手でぐしゃぐしゃに丸め
手を離すとゆっくり戻っていく動きであったり、
あの人の髪の毛が風で一本だけ宙に浮いている。
そんな日常にある少し笑ってしまうような感じに似ている。
素材はビニールひもやスポンジ、ティッシュなど
日常的によく見るものを使用している。
それらが本来の用途と全く違う使われ方や動きを見せる。
私たちは当たり前にあるものほど意識することはないが当たり前にあるからこそ、
それが変化した時強く意識するのではないか。
私の作品は動くといっても電気などの大がかりな仕掛けや
大きな動きがあるわけではない。
人の動作や人が触れることによって動く。
現在はバネ(コイル)の特徴的な動きを利用し制作をしている。
バネにさまざまな形をした木材をつけたり、バネの本数を変えたりしている。
基本的には同じ構造ではあるが
その微妙な変化によりそれぞれまったく違った動きをみせる。
それらに人が触れたり、歩く時の振動などの
人の動作により奇妙なふるまいがうまれる。

 

 

dryer

「どらいやあ」

風船、粘土
2012年

私たちは今、エネルギーがないと生きていけない
原発などからできる強大なエネルギーを
社会からサービスを受けながら生活している。
しかしこの今のエネルギーに頼りきった生活で良いのか。
東京では震災以降エスカレーターが止まっているところが多いらしい。
本当に私たちの生活に必要なものだったのか。
私たちはエスカレーターがなくても階段をのぼることができる。
私は風船を使ったドライヤーを制作した。
自分で風船に空気をためて、風船のゴムの力で風がでる。
一生懸命風船に空気をためても
風がでてくる時間は膨らましている時間よりずっと速い。
しかし私たちが毎日使っているスイッチを押すと
ドライヤーからでてくる風だってそういうものだ。

 
■崎川真璃絵プロフィール
1990年 香川生まれ
2011年 倉敷市立短期大学 服飾美術科入学 卒業
2013年 京都造形芸術大学 情報デザイン学科 先端アートコース 卒業
現在 京都造形芸術大学 大学院芸術表現専攻在籍

2011年 「私たちは必死なのです」
倉敷市立短期大学卒業制作展 倉敷市立美術館
2011年 「先端と石のある角部屋」
京都造形芸術大学 大学祭グループ展 京都造形芸術大学
2012年 個展 崎川真璃絵展 「そんな感じでおきる」  1963ギャラリー (大阪)

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年7月2日  イベント

【修了生・卒業生展覧会のお知らせ】 On the paper

【作家】
後藤優子、しなのかずこ、西住恵子、目良真弓、岩崎咲子、長谷川可奈、三浦真衣、本岡千尋

【期間】2013年7月23日(火)~7月28日(日)

会場名:ギャラリー恵風
webサイト:http://keifu.blog86.fc2.com/
アクセス:〒606-8392 京都市左京区丸太町通東大路東入ル南側
電話番号:075-771-1011
開館時間:12:00~19:00(最終日18:00まで)
休館日等:月曜日休み

 

この度、「On the paper」展と称しまして、京都造形芸術大学版画コースの卒業生8名で、グループ展を開催する運びとなりました。 私達8名は、大学を卒業してからも制作を続け、日々作品制作に取り組んでいます。それぞれ技法は違いますが、”紙の上に表現する”という共通した表現を楽しんで頂きたいと思います。 (一同)On-the-paper-530x357

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。