歴史遺産学科

2014年3月

  • LINEで送る

2014年3月4日  ニュース

卒業論文発表会

こんにちは。歴史遺産学科副手のYです。

京都造形芸術大学では2月22日(土)~3月2日(日)まで卒業制作展を開催していました。

歴史遺産学科では、期間中の展示も勿論行いましたが、22日(土)は文化遺産コースの発表会、23日(日)には文化財保存修復コースの発表会を行いました。

今回は、その卒業論文発表会の様子をご紹介したいと思います。

 

22日(土)は文化遺産コースの発表。

IMG_5385

まず仲先生から開会の言葉があり、開会しました。

 

P1200484

文化遺産コースの1人目は、初日の1人目。

とても緊張したと思いますが、質疑応答もしっかりと受け答えしていました。

 

P1200501P1290458

P1290470P1160891

P1160888P1290537

P1160855P1200498

その後も発表、質疑応答は進み、文化遺産コースは総勢14名の発表を終えました。

文化遺産コースの発表会にはゲストとして、上杉和央先生(本学客員教授)、坪井剛先生(本学非常勤講師)、町田香先生(本学非常勤講師)をお呼びしていました。

発表終了後、ゲストの 先生方にも講評をしていただきました。

 

P1290760

最後にゲストの先生方も一緒に集合写真を撮って発表会1日目が終了しました。

 

 

発表2日目の23日(日)は文化財保存修復コースの発表です。

P1290767

開会の言葉は岡田先生から。

 

P1200771P1170044

P1170032P1200794

P1300021 P1170070

P1300209P1170089

来場者は前日よりも多く、緊張したと思いますが、しっかりとした発表と質疑応答でした。

また、来場者からの意見や質問も多くあり、活発な議論が行われました。

 

P1300275P1300287

P1300297P1300302

各先生方からの講評。

P1300314

最後に大林先生から総括があり、2日間の発表会は終了しました。

 

P1300315

2日目も、最後に集合写真を撮影して終了しました。

 

IMG_5379P1290594

P1290886P1300009

2日間、受付や司会進行など運営を手伝ってくれたのは3回生でした。

 

23日(日)は発表後に展示替え作業を行い、現在は閲覧用の卒業論文と共に要旨パネルや論文の題材となったものを展示していました。

みなさん、ご覧頂けましたでしょうか?

 

 

最後に、3・4回生のみなさん、お疲れ様でした。

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。