映画学科

2015年5月

  • LINEで送る

2015年5月30日  授業風景

柄本明さん特別授業

数々の映画やテレビでご活躍中の俳優の柄本明さんが5月29日、30日の2日間に渡って特別授業を行いました。

 

0530-7

 

「台詞をしゃべると言うこと」、「仕込みについて」、「芝居とはどう言うことか」などなど役者の姿勢と演技の本質についてワークショップを通じてお話をされました。

 

0530-11

 

俳優コースの1回生から4回生まで約60人ほどの学生が熱心に耳を傾け、叱咤激励あり笑いありのとても内容の濃い特別授業となりました。

この日の柄本明さんの一言一言が俳優コースの学生たちの未来に繋がることと思います。

柄本さん、ありがとうございました。

 

0530-22

  • LINEで送る

2015年5月25日  イベント

「映像学会第41回全国大会」が本大学で開催

「日本映像学会第41回大会」が5月30日(土)と31日(日)の2日間にわたり本大学で開催されます。

今回の実行委員長は映画学科の伊藤高志先生が務めます。

 

0522-23
この期間中本大学内で55件の研究発表や作品発表が行なわれます。
また「映画批評・理論の現在を問う~映画・映像のポストメディウム状況について」というテーマで当映画学科の青山真治監督をはじめ、映画学、映画批評、表象文化論などの若手研究者、ウェブ上で展開する映画プロデューサーといった多彩なゲストを交えての大シンポジウムを行ないます。司会は映画学科の北小路隆志先生。
刺激的な2日間となることと思いますので、学生たちおよび教職員の皆様に積極的に参加していただきたいと思います。

 

日時:5月30日(土)13時~大シンポジウム/16時50分~研究・作品発表/18時30分~懇親会(有料)
5月31日(日)10時~17時30分 研究・作品発表
会場:ギャルリ・オーブ(大シンポジウム&懇親会)、人間館4Fの各教室、B1Fの映像ホールでの研究・作品発表
参加費:一般2,000円/学生1,000円(2日間通し/概要集込み)

0522-24

  • LINEで送る

2015年5月22日  授業風景

俳優コースと録音の合同授業

2回生俳優コースの「映画演技Ⅲ」と製作コースの録音領域の「映画技術Ⅷ」との合同授業が行われました。

 

0522-9

 

映画制作の上でアフレコは必ずと言っていいほどある作業ですが、これを体験してみると言う授業です。
アフレコと言う作業は俳優と録音の両者がいないと成立しないので今回の合同授業となりました。

 

0522-10

 

最初に録音の江口先生と俳優コースの水上先生から説明と注意点などの話を聞いた後で、実際に俳優コースの学生がブースに入ってアフレコをし、録音の授業を受けている学生が録音をしてみました。

 

0522-8

 

相当共に初めての体験で最初は戸惑いましたが何回もやって行くうちに形になって行きました。
この経験を活かせる日も近いと感じさせる内容になった授業でした。

  • LINEで送る

2015年5月19日  ニュース

中山隆匡先生 参加映画の公開情報

映画録音の授業をご担当いただいている、

客員教授の中山隆匡先生が本作品の整音とMAをご担当されました。

 

6月27日より、イオンシネマ久御山にて公開されます。
ぜひご覧ください。

 
ドキュメンタリー映画『ぼくは写真で世界とつながる 〜米田祐二 22歳〜』
 
中山先生チラシ表
 
中山先生チラシ裏
 

  • LINEで送る

2015年5月14日  ニュース

俳優コース2年生 井上雅貴くん出演 舞台情報

大阪を拠点に活動されている人気劇団「南河内万歳一座」さんの次回舞台公演『楽園』

映画学科から、俳優コース2年生の井上雅貴くんが出演することになりました!

また、2014年度映画俳優コース卒業生の伊藤祥くんも出演します。

他にも「映画基礎VID」授業ご担当で、劇団「空晴」主催の岡部尚子先生もご出演されます。

 

「南河内万歳一座」さんの公演では、昨年の『ジャングル』に現4年生の駒野侃くんが出演するなど

これまでにも映画学科俳優コース生がお世話になっています。

井上くんは今回が初舞台とのこと。頑張ってほしいです。

プロの現場で多くのことを学んで、他の学生にも刺激を与えてくれることを期待しています。

 

お近くの方はぜひお誘い合わせの上、ご来場ください。

 

楽園チラシ表

 

楽園チラシ裏

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。