映画学科

2015年6月

  • LINEで送る

2015年6月30日  イベント

CLAP・映像ワークショップ上映会「暗闇の中へ」

映像サークル・映像制作未経験の同志社大学生により制作された短編作品「暗闇の中へ」の上映会を行ないます。

映像制作のプロからの直接指導を受け、入念に準備された映画作品となっています。

主演には映画学科2年俳優コース生4人が出演しており、大変味のある作品になっているかと思います。

是非お時間ございましたらお越しくださいませ。

 

*CLAP・映像ワークショップ上映会「暗闇の中へ」*

日 時 2015年7月5日(日)①13:30〜 ②15:30〜 ※開場は開演20分前

場 所 同志社大学寒梅館クローバーホール

 

暗闇の中へ_上映チラシ 暗闇の中へ_ポスター

  • LINEで送る

2015年6月22日  授業風景

「映画基礎Ⅸ」撮影

映画学科での4年間の大学生活の出発点となる「映画基礎Ⅸ」の撮影が2日間に渡り行われました。

 

8

 

この1回生全員履修の授業は、とりあえず何も解らない状況で映画を作ってみようと言う試みで今期で3回目となります。

自分たちの試行錯誤の中から、自分が好きなこと、学ばなければならないことを発見して行く授業であり、1回生のコミュニケーションを築く場でもあります。

 

3

 

みんな期待と不安と中で目を輝かせて撮影を楽しんでいました。

 

13

 

これから先、ゼミで、卒制でどんな映画を作って行くのでしょうか。

卒業後にどんな作品に関わって行けるのでしょうか。

 

9

 

4年間映画学科で楽しんで、がんばって下さい。

あなたたちの映画を見るのをとても楽しみにしています。

 

11

 

1

 

18

 

16

  • LINEで送る

2015年6月17日  ニュース

「一日体験入学」にご参加ありがとうございました

日曜日に開催された「オープンキャンパス 一日体験入学」にご参加下さいましてありがとうございました。

 

映画学科では「製作コース」と「俳優コース」に分かれて模擬授業が行われました。

 

「製作コース」は山本起也先生と嵩村裕司先生が担当し、山本先生の監督作品『カミハテ商店』をスクリーンで見た後、映画の中に登場する小道具の手紙の内容を各自が考えて実際に書くと言う授業をしました。

 

5

 

「俳優コース」は水上竜士先生、福岡芳穂先生、鈴木卓爾先生が担当する3つの教室に分かれて、「即興劇からテキストに移行する難しさ」を体験してもらいました。

 

7

 

それぞれのコースに参加した学生たちは最初は戸惑っている様子でしたが、途中から楽しんで挑んでいるようでした。

 

また「人間館」の映画学科のブースにも多くの学生や親御さんたちが相談にいらっしゃいました。

 

6

 

本当にたくさんのご参加ありがとうございました。

 

次回は7月12日(日)に同じく「オープンキャンパス 一日体験入学」が開催されます。

こちらもふるってご参加下さい。

  • LINEで送る

2015年6月5日  ニュース

大西礼芳さん(3期生)がNHKドラマに出演しています

昨年「NHK連続テレビ小説」『花子とアン』に出演して好評だった映画学科俳優コースの卒業生(3期生)の大西礼芳さんが「NHKドラマ10」『美女と男子』にレギュラー出演しています。

 

キャプチャ

 

毎週火曜日NHK総合テレビで夜10時から放送されている『美女と男子』(連続20回)は4月からスタートしていますが、来週6月9日から第2部が始まります。

お時間がある方はぜひご覧下さい。

 

→番組HP

 

P.S. 大西さんは只今放映中のWOWOWの全仏テニスのCMにも出演なされています。

 

  • LINEで送る

2015年6月4日  ニュース

鳥居功太郎君(俳優コース1期生)がテレビ出演!

映画俳優コース1期生の鳥居功太郎君が出演します!

(現在「東映マネージメント」所属)

 

2
テレビ朝日「警視庁捜査一課9係」第8話

 

詳細は番組HPをご覧下さい。

 

お時間がある方はぜひご覧下さい。

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。