情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年9月30日  ニュース

【授業紹介】クロッキー大会

9月ももう終わりですね。

金木犀の香りがただよってきて、夜道の散歩が気持ち良い季節です。

 

さて、 情D学科には「描写、図法、色彩」を学ぶことの出来る選択授業があります。

今回は、前期の授業最終日に開催したクロッキー大会の様子をご紹介します。

 

このクロッキー大会、なんとモデルはクラスメイトです!!

_MG_7827

 

それぞれ1分、3分、5分ずつのモデル役をバトンタッチして、お互いを描き合います。

さりげないポーズを何分かするだけでも、動けないのは意外と辛いもの・・・

 

受講者は約70人。最初は大勢の人に描かれることに戸惑う学生もいましたが、

みんなだんだんと自由なポージングに!!!

_MG_7883

(涅槃)

 

 

それを見る!

_MG_7840

 

 

そして描く!

_MG_7861

短時間ながら特徴を捉えた線を描けていますね。

 

基礎技術の修得を目的にしたこの授業、学生はどのようなスタンスで取り組んだんでしょうか?

受講生の感想をどうぞ。

 

~~~~~~~~~~~

入学してからパソコンと向き合うことが多く、デッサンなどをする機会がなかったので

この授業を受けることができて良かったです。

ユーモア溢れる先生たちから刺激を受けながら作品が作れました!

(情Dコース2回生  吉内万貴さん)

_MG_7891

~~~~~~~~~~~

 

 

画力は一朝一夕で身に付くものではありません。

後期にこの授業を取っている皆さんも、こつこつ頑張ってくださいね!

 

スタッフ:モリカワ

関連記事

<297298299300301>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。