情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2015年8月14日  イベント

【特講】増田セバスチャン氏

夏休みです!!!

ここで前期中に紹介しきれなかった授業を少し紹介していきたいと思います。

7月10日(金)、情報デザイン論Ⅷの授業にて、特別講義が行われました。

ゲストは増田セバスチャン氏!!!

_MG_7277

「KAWAIIを世界に発信するアートディレクターの仕事」と題して、

増田氏のこれまでの活動や、仕事に対する考え方や方法論、今後の展望など、たっぷりとお話し頂きました。

 

増田氏プロデュースの原宿のSHOP、”6%DOKIDOKI“の開店当初のお話や、そこから繋がった様々な縁、どのようにして”KAWAII”がこれだけ世界中に広まっていったのかを、当時の写真や思い出を振り返りながらお話をして下さいました。

_MG_7263制作のこだわりについてもお話も。

とってもカラフルで、パラレルワールドのようなビジュアルイメージが特徴の増田氏ですが、制作にはCGを使わないそうです。

実際にカラフルなおもちゃやお菓子などをコラージュして、頭の中イメージを再現していく手法を取っています。そしてそれを撮影してビジュアル化していきます。

 

CGの場合、0から100まで人がコントロールする事によって制作されます。しかし、コラージュと撮影によって、人の手だけではコントロールしきれない偶然性を利用したり、おもちゃなどの物質そのもののチカラを引き出す事が増田さんの制作の大きなこだわりだそうです。

意外にも、とてもアナログな手法で制作をされていました!

_MG_7276

講義の中で”今この瞬間を全力で頑張る”という言葉がありましたが、

制作に対して、絶対に譲れないこだわりや真摯な姿勢を続けて来たからこそ、

今の活躍があるのですね!

_MG_7301

今回の授業は情報デザイン学科の学生のみを対象とした、とても贅沢な特別講義でした。世界で活躍される増田氏のお話が直接聞けるという事で、本学科の1〜4年生までがたくさん聴講に来ていました。

増田氏のお話はとても分かりやすく明快で、聴講した学生や教員たちも時間を忘れる程聞き入ってしまい、本当にあっという間の70分間でした。

講義終了後もまだまだ聞き足りないという学生の質問に答えたり、記念撮影にも快く応じて下さったり、とても和やかな空気でした。

_MG_7329

増田セバスチャン氏は現在、本学のプロジェクトにも参加されています。

PANTHEON  神々の饗宴

2015年07月25日(土)〜 10月25日(日)9:00 〜 17:00

(入園は16:00まで、イベントによって入園時間が異なる場合があります)

京都府立植物園 観覧温室前「鏡池」

 

興味を持たれた方は是非足を運んでみて下さいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

増田セバスチャン氏プロフィール

アートディレクター/アーティスト

6%DOKIDOKIプロデューサー
1970年生まれ。
演劇・現代美術の世界で活動した後、1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。
2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。
2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」PV美術で世界的に注目され、2013年には原宿のビル「CUTE CUBE」の屋上モニュメント『Colorful Rebellion -OCTOPUS-』製作、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」でのクリスマスツリー『Melty go round TREE』製作を手がける。 2014年に初の個展「Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催。

web site http://m-sebas.asobisystem.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スタッフ:イトウ

関連記事

<203204205206207>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。