大学院

ニュース

  • LINEで送る

2017年4月4日  ニュース

- 修了生の展示のお知らせ -

 

2014年に本大学大学院(ペインティング領域)を修了された田中 愛子さんの個展のお知らせです。

展示場所が東京・京都なのでお間違えなきよう、ぜひ暖かい空間で素敵な作品をご覧くださいませ。

(以下、京都の展示を主に紹介しています)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 

田中 愛子 個展『 都市を纏う clad in the city

会期: 京都 4.1sat. – 4.15sat   9:00〜18:00

   (東京 3.25sat. – 4.13thu.  www.kaisu.jp )

 

場所: The Terminal KYOTO

          〒600-8445 京都市下京区新町通仏光寺下ル岩戸山町424番地

          Tel: 075-344-2544

          fb.com/theterminal02

 

 

作家コメント

田中愛子 個展『都市を纏うclad in the city』

東京と京都でほぼ同時期に作品を展示させていただきます。

東京は、赤坂にあるゲストハウスの1Fラウンジスペース。

京都は、四条にある京町家の床の間中心に。

どちらもギャラリーではなく、カフェスペースを伴った空間です。

作品数は少ないですが、春のお花見の素敵な季節に、お茶しながら作品を見ていただければ嬉しいです。

 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 

田中 愛子  Aiko TANAKA

植物や鉱物など有機的な形態をもとに画面を構成、 鮮やかな色彩を用いて半抽象画を制作。 主に京都や東京で、ギャラリーはもちろん町家など様々な場所で発表している。

 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

なお、近年は舞台(タップダンス)の美術担当もされているみたいですよ。

もっと詳しく知りたい方はこちら→ http://aikostratum46.tumblr.com/ 

(プロフィール・コメントは作家アクセスページより紹介しています)

 

 

dm-omote

dm-ura 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<1415161718>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。