大学院

ニュース

  • LINEで送る

2017年3月9日  ニュース

::展示会のお知らせ::

大学院M2<デザイン領域プロダクトデザイン分野>の倪筱涵(ゲイ ショウカン)さんからの展覧会のお知らせです。

台湾生まれの倪さんは、日本と台湾の職人の比較を通じ、地域性を引き出し、職人の価値を昇華するデザインを研究されています。また、3/25(土)14:00からギャラリートーク(有料)があります。

よろしくお願いいたします。

 

=====================================================

 

「想いをつむぐ~日本の職人×台湾の職人~」
日時:2017321日(火)〜 326日(日)11:00~19:00 最終日17閉場
場所:特定非営利活動法人ANEWAL Gallery(アニュアルギャラリー)
住所:〒602-0059 京都府京都市上京区実相院町156
 

<展覧会facebookはこちら↓>

https://www.facebook.com/events/127799457734122/
 
<展示会紹介>
想いのしおり〜職人の想いを紡ぐ〜とTEWAZAのタイアップ企画
 

<想いのしおりとは>
職人さんの「想い」を紡ぐことを目的に活動。主に小冊子の発行を行っています。
 
TEWAZAとは>
外国人留学生の視点から、日本と台湾の職人の技を比較。そうすることで互いの良さを見いだし、商品開発を行う。

 

 <オリジナルデザインはコチラ

 

img008

img009

 

=====================================================

 

関連記事

<5051525354>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。