キャラクターデザイン学科

Department of Character Design

キャラクターデザインとは、いろんなものに命を与える・命を生み出すデザインです。創造することはエネルギーのいる作業ですが、大変楽しく、また価値あることです。キャラクターに命を吹き込むには日ごろの観察力が必要です。観察やコミュニケーションを通して多くの人の心を知り、創作によって自らの心を豊かにします。相互理解が作品の質を上げ、作品創作が人間力を高めていきます。多くの学生仲間や先生たちと制作に積極的に取り組み、国際的視野を広げ、世の中から必要とされる人になってほしい。本当の意味でのクリエイターを育てる学科です。

特長
1

本格的な
アニメーションスタジオ

3DやCG、モデリングなどプロが実際に使う制作環境を完備しています。一流のアニメーションスタジオと同じ機材やソフトを使うことで表現の可能性を最大限に広げ、作品の創作力を高めています。

特長
2

独自の
コラボプロジェクトを発信

授業以外に、現場の第一線で活躍する教員と企業、そして学生とのコラボレーションで作品制作を行います。NHK放送用のアニメーションやEXILEのライブ用アニメーションなど様々な制作実績があります。

特長
3

一流の現役クリエイターが
直接指導

「世界一受けたい授業」(日本テレビ)からも出演オファーがくる教員をはじめ、現役のプロが直接指導に当たります。ゲームデザイナー、サウンドデザイナー、パペットアニメーション作家などジャンルも多彩です。

広告や出版物、アニメーション、映画、ゲームなど、世の中は数多くのキャラクターで溢れています。多彩なジャンルにわたってキャラクターというものを考え、制作を通して身のまわりの万物に命を与えることで自分自身を磨いていきます。

キャラクターデザイン学科 教員一覧

小野 日佐子(肖像画家)
村上 聡(ゲームデザイナー)

栗田 ロビン(パペットアニメーション監督)
岩本 守弘(サウンドデザイナー)

池田 篤史(CGデザイナー)
野村 誠司(アニメーター)

竹村 博臣(イラストレーター)
太木 裕子(デザイナー)

資料請求 あたらしいパンフレットができました。