建築・インテリア・環境デザインコース

Architecture, Interior and Environmental Design Course

建築・インテリア・ランドスケープの全てを学び、
自分の進みたい道を見つける。

本コースの特徴は、建築系・インテリア系・ランドスケープ系の分野が融合した教育にあります。他大学ではこれらの分野は別々の学科に振り分けられていますが本学では環境デザイン学科1つにまとめられています。つまり3つの学科が1つの学科内にあるようなものです。そのため、学生はそれら3つの分野を万遍なく学び、広い対応力を身につけます。さらにその3分野は建築・住宅・まちづくり・インテリア・家具・ランドスケープ・庭園という7つの領域に細分化されます。自分のやりたいことがはっきりしなくても、色々な分野・領域を学んでいく中で自然と自身の「やりたい領域」に絞り込んでいくことができます。

学べる分野
  • 建築
  • 住宅
  • まちづくり
  • インテリア
  • 家具
  • ランドスケープ
  • 庭園

NEWS&TOPICS

リフォームプロジェクト「Stamp!」

不動産会社との産学連携プロジェクトで、学生がワンルームマンションをデザインします。最優秀受賞作品は実際に施工されるマンションで採用されました。

木造伝統工法国際ワークショップ

日本の木造伝統工法に着目し、金物を使わない木組みや土壁塗りなどを通して古来からの知恵を学びます。2016年度からは授業科目としてもレギュラー化しています。

カリキュラム

1
年生

技術と知識を身体感覚で学ぶ。

環境デザインを学ぶ導入として技術と知識を蓄えます。製図や模型を使った空間創造などで全分野・領域の基礎力を身につけ、椅子の実作によって身体感覚を養います。また環境デザインの成り立ちや社会での役割への理解も深めます。

PICK UP! 授業

私の椅子

自分のサイズに合わせたひとりがけの椅子をデザインし、制作します。インテリアの基本である人間のスケール感を理解し、素材や構造感覚を身につけます。

シノハラ・クラマタの空間

篠原一男と倉俣史朗という偉大な建築家とインテリアデザイナーの作品から1つ選び、リアルで大きな模型を制作。実物に感じられる写真を撮ります。

2
年生

事例から学び課題解決力を磨く。

広範にわたる環境デザインの課題を抽出し、その多様性や地域ごとの特色について理解を深めます。学科共通課題やグループ課題を通じて、各分野・領域の奥深さを発見し、提案力や、図面と模型による表現力を伸ばします。

PICK UP! 授業

美術館

展示室を巡ってアートに出会うのは、庭を巡って違う風景に出会うようにわくわくします。庭とアートが相乗効果を生む美術館を考える課題です。

街角のアースワークコモン(公共広場)

都市環境に魅力的な屋外空間を創出するランドスケープデザインについて、その空間構成手法と素材、設計プロセスに焦点をあてた課題です。

3
年生

洞察力と提案力を身につけ、専門領域をさらに深く求めていく。

これまでの学びから自身が進む専門領域を決め、その課題に取り組み始めます。対象への洞察力を養い、柔軟な思考で課題解決に取り組みます。また自身が構想する企画・提案を魅力的に表現する手法も身につけます。

PICK UP! 授業

庭園演習

京都市内の伝統的な庭園で行う作庭の基礎の実習。「作庭6分・維持管理6分」といわれる庭園の世界のルールから作庭における空間構成まで学びます。

町家コンバージョン

既存の町家をシェアハウスとしてコンバージョンすることで京町家の伝統的文脈の継承と発展を考える課題。軸組模型を作るなどリアリティを追及します。

4
年生

新鮮な発想が未来の環境デザインを変えていく。

インターンシップや、専門領域にわかれた少人数でのゼミを通して、自身の研究テーマを探し深めます。環境デザインを構成する有形無形の要素について考え、構想と検証を繰り返しながら卒業制作に取り組みます。

PICK UP! 授業

卒業制作

卒業制作では4年間の学びを余すところなく盛り込み、環境デザインの世界において新しい価値観を提示します。卒業後に進む道へのスタートでもあります。

環境デザイン学科 コース一覧

Architecture,Interior and Environmental Design Course

建築・インテリア・ランドスケープの全てを学び、
自分の進みたい道を見つける。

学べる分野

  • 建築
  • 住宅
  • まちづくり
  • インテリア
  • 家具
  • ランドスケープ
  • 庭園

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら