舞台芸術学科

2014年2月

  • LINEで送る

2014年2月28日  イベント

舞台芸術学科の卒業展を紹介します!(6)最終回

みなさま こんにちは よろしくお願いします。

 .

卒業展もあと2日と少し、舞台の展示紹介は最終回です!

 .

今日紹介するのは

KAMELEON「ラディカル・パーティー」です。

IMG_6669

ラディカル・パーティー展示 右

ラディカル・パーティー展示 右

ラディカル・パーティー展示左

ラディカル・パーティー展示 左

2014年1月12日(日)〜13日(月)に春秋座で行われました。

.

「ラディカル・パーティー」は舞台芸術学科長の川村毅先生が、

1983年に書いた戯曲です。

.

—————————————————————————

『ラディカル』とは過激、極端という意味がある。

理想を求める人間は何をしでかすかわからない。

ただその根本のところがどこにあるのかということを

頭に留めておいて欲しいのだ。

そこから観えてくる世界への希望に眼を向けるために。

(キャプションより一部抜粋)

—————————————————————————

ラディカル・パーティー展示 小道具

ラディカル・パーティー展示 小道具

卒業展では、本番で使われていた小道具なども展示しています。

ネギやあんぱん、ナイフやバズーカ砲などもみんな手作りなんですよ!

.

.

舞台芸術学科の卒業展紹介はこれでおしまいです。

卒業展は3月2日(日)までやっています。

このブログを見て興味を持った方は、ぜひ遊びに来て下さい!!

.

また、期間中、記録映像の上映を行っています。

スケジュールは以下の通りなので、

本番を見逃した方や、もう一度見たい方は

ぜひ、ご来場ください!!

卒業展舞台裏

 

 

  • LINEで送る

2014年2月27日  イベント

舞台芸術学科の卒業展を紹介します!(5)

さてさて 元気に こんにちは

.

展示紹介も5つ目です。

.

今日紹介するのは

花柄パンツ「これが私だと思う、たぶん。」です。

IMG_6675

花パン展示1

花パン展示1

「これが私だと思う、たぶん。」は展示、公演の2部構成でした。

2013年11月18日(月)〜 21日(木)に大学内の人間館1階にて展示形式のパフォーマンスを、

2013年12月5日(木)〜 7日(土)にstudio21で公演を行いました。

花パン展示2

花パン展示2

1部である展示作品では、

「美」「SNS」「堕落就活生」「男をつれこむ子」をモチーフにした部屋を

学内カフェ付近にしゅつげんさせ、そこで各部屋にダンサーが4日間住む。

というパフォーマンスをしました。

.

今回の卒業展では

各部屋を20分ごとに撮影した写真と、小道具、見所をまとめた映像を展示しています。

花パン展示3

花パン展示3

公演作品は、展示作品の映像から始まり、喋りありダンスありの65分でした。

テーマは「女」「SNS」「大学生」です。

現代女子の「自分でも問題視していない問題」に着目し、

最終的に、本来もっているはずの個性や我を失っていく女の子の姿を描きました。

.

卒業展では、小道具や写真などと共に、舞台美術の模型も展示してあります。

本舞台の写真と見比べて見ても、とても精巧に作られていますね。

.

明日は「ラディカル・パーティー」のブースを紹介しようと思います!

.

また、期間中、記録映像の上映を行っています。

スケジュールは以下の通りなので、

本番を見逃した方や、もう一度見たい方は

ぜひ、ご来場ください!!

卒業展舞台裏
  • LINEで送る

2014年2月26日  イベント

舞台芸術学科の卒業展を紹介します!(4)

はい 始まりました こんにちは

.

卒業展も半分終わり、折り返しです。

.

今日紹介するのは

HanaKenソロダンス企画「そこに立つと」です。

IMG_6670

そこに立つと展示1

そこに立つと展示1

2013年11月22日(金)〜 24日(日)にstudio21で行われました。

.

「身体と時間」をテーマに、1人の男と異質な空間を使って創作したダンス作品です。

段ボールが敷き詰められ、男の記憶の写真が大量に貼られた壁に挟まれた舞台。

 膨大な時間によって変容してしまった『人』の存在を見つめ直す。

そこに立つと展示2

そこに立つと展示2

そこに立つと展示3

そこに立つと展示3

展示では、公演当時の雰囲気を再現するとともに、

普段は見れない稽古風景の映像が流れていて、

見応えのあるものになっています。

.

明日は「これが私だと思う、たぶん。」のブースを紹介しようと思います!

.

また、期間中、記録映像の上映を行っています。

スケジュールは以下の通りなので、

本番を見逃した方や、もう一度見たい方は

ぜひ、ご来場ください!!

卒業展舞台裏

 

 

  • LINEで送る

2014年2月25日  イベント

舞台芸術学科の卒業展を紹介します!(3)

どうも 本日も こんにちは

.

展示紹介3日目です。

.

今日紹介するのは

ZANGE一人芝居「オセロー」です。

 

IMG_6672

オセロー展示1

オセロー展示1

2013年11月9日(土)〜11日(月)に大学内の悠々館3階 Y31で行われました。

.

原作はウィリアム・シェイクスピア。

その「オセロー」の中でも、主役のオセローではなく、

悪役のイアーゴーをピックアップし、

本来描かれていなかったイアーゴーの内面を作り上げた作品です。

オセロー展示2

オセロー展示2

本番では、金網の中に舞台も観客も押し込んでいて、

それを再現した展示はとてもこった作りになっています。

オセロー展示3

オセロー展示3

今回、金網の中には入ることができます。

中の一人掛けソファーに座ると、記録映像をじっくり鑑賞することができます。

まったりしちゃいますね。

台本も置いてあるので、見比べてみると新たな発見があるかも?

.

.

明日は「そこに立つと」のブースを紹介しようと思います!

.

また、期間中、記録映像の上映を行っています。

スケジュールは以下の通りなので、

本番を見逃した方や、もう一度見たい方は

ぜひ、ご来場ください!!

卒業展舞台裏

 

 

  • LINEで送る

2014年2月24日  イベント

舞台芸術学科の卒業展を紹介します!(2)

どうも こんにちは

.

昨日に引き続き、舞台芸術学科の展示を紹介しますよ!

.

今日紹介するのは

楠企画「ラ・ボエーム」のブースです。

IMG_6671

ラ・ボエーム展示1

ラ・ボエーム展示1

2013年11月09日(土)〜 10日(日)にstudio21で行われました。

.

原作は、ジャコモ・プッチーニ。

その台本の日本語訳を用い、七五調台詞に校正したものをテキストとし、

再構成・新演出により演劇化したものです。

ラ・ボエーム展示2

ラ・ボエーム展示2

展示として、コンパクトになったものの、

上演時の美術の雰囲気を再現した良い展示となっています。

あの舞台に上がれるチャンス!

.

.

明日は「オセロー」のブースを紹介しようと思います!

.

また、期間中、記録映像の上映を行っています。

スケジュールは以下の通りなので、

本番を見逃した方や、もう一度見たい方は

ぜひ、ご来場ください!!

卒業展舞台裏

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。