アートプロデュース学科

2015年2月

  • LINEで送る

2015年2月24日  ニュース

【在校生の活動】個展『絶対になるもんか!』

1回生の辻井彩乃さんの個展が、本日より東京のアートコンプレックスセンターで開催されます。
ASPはいわゆる「制作系」の学科ではありませんが、辻井さんのようにプロデュースを学びながら自身で制作を続け、卒業生の中にはアーティストになったひとも何人もいます。

 

展覧会は3月1日までです。

近辺にお住いの方、東京方面にお越しの方は、ぜひ足をお運びください。

 

タイトル:きゃらあい個展『絶対になるもんか!』
会期: 2015.2/24~3/1
時間: 11:00〜20:00(最終日は18:00まで)

会場: アートコンプレックスセンター

img-220162521-0001

 

以下は搬入と展示の様子です。

 

IMG_8929

IMG_8930IMG_8939

 

aspASPer-01

 

 

  • LINEで送る

2015年2月21日  イベント

【卒業展】はじまりました!

ついに本日より卒業展がオープンとなりました。

ASP学科では、今日と明日が論文発表会のため、明日の夕刻まで展示が一時的に発表仕様となっています。

発表会と平行して展示もご覧いただけますが、ゆっくりご覧になりたい方は、月曜日以降にこられることをオススメいたします。

レコードが聴ける音楽スペースや、無料のカフェスペースも設置しておりますので、広い大学内を廻って休憩したいなーなんてときも、お気軽にお立ち寄りください。

 

 

以下は、本日の論文発表会の様子です。

大幅に時間を延長するほど、質疑応答での学生同士の活発な意見交換も有り、発表を聞いていた下級生達にとっても有意義な時間となったのではないでしょうか。

 

IMG_5182

IMG_5267IMG_5300IMG_5222IMG_5297

 

発表会は明日も10時より行います。

進行上の都合により、スケジュールが前後する場合がございます。

各発表の順番などは、会場入り口に掲示しておりますプログラムをご確認ください。

たくさんのご来場をお待ちしております!

 

 

aspASPer-01

  • LINEで送る

2015年2月18日  イベント

【卒業展】4回生にインタビュー

今週末からの卒業展に出展する4回生の一人、神田真巳子さんのインタビューを紹介します。

小津安二郎の映画についての研究を行った神田さん。

卒業展の展示も、ちょっとしたシアタールームになっています。

 

 

 

 

sotuten_kanda

 

―まず、卒業論文の内容について教えてください。

 

小津安二郎監督の映画研究に取り組んでいます。小津は娘の縁談を主軸に親と子の精神的葛藤を何度も描いています。そして、そのなかで特に、同じ配役、同じ 場面を作品を越えて繰り返し使用しているという特徴が目を惹きます。私はそれを「類似反復」と呼び、そうした場面が映画にどのような意味を持たせているの かを研究しています。

 

 

―小津安二郎のどのようなところに惹かれたんでしょうか。

 

小津映画は、淡々とした日常風景が映し出されている作品だと言われていますが、私は逆で、むしろ日常と切り離されているような距離を感じました。小津は情動に頼るような役者の演技を極力排除しているので、その結果、画面の前にいる私たちに感情移入させてくれません。
そして、躍動のないカメラワークと物語展開は、私たちにストーリーの中にのめり込む余地を与えてくれず、こうした表現をみるたびに、私は「この映画を一歩引いたところで見ているんだ」と感じ、その言いようのない距離感に惹かれます。

 

 

―では、どの作品が一番お好きですか。

 

どれも好きですが、遺作の『秋刀魚の味』ですね。娘の縁談がメインに描かれた作品で、娘が嫁いだ後に、父親扮する笠智衆が「ひとりぼっちかァ…」と呟き、軍艦マーチを口ずさむ場面が印象的です。

 

 

―論文を書く上で気をつけていることはありますか。

 

論文って自分の考えを自分の言葉で表現するじゃないですか。でも、情けないことに自分の乏しい語彙力だけでは限界があるので、論文を書く前に司馬遼太郎の小説を読んで、その表現や読み心地を参考にしています。
あと、紙の国語辞典も必ず使用するようにしていて、使いすぎてこの前ページが剥がれました。

 

aspASPer-01

 

 

  • LINEで送る

2015年2月17日  イベント

【卒業展】搬入1日目終了!

2014年度卒業展がいよいよ今週末からはじまります。

今週一週間は搬入のため大忙しです!

 

IMG_4495

製本作業の様子です。

文字組みからすべて自分たちで行います。

 

 

IMG_4486

製本前に中身に不備がないかの最終チェックも隈無く丁寧にみていきます。

 

IMG_4515

展示会場となる教室の床を掃除しています。

 

 

 

IMG_4514

 

IMG_4524

仮設壁の設置も初日のうちにほぼ完了しましたー!

 

 

 

 

ASP学科は人間館4階NA413教室(エレベーターをおりて正面)で展示しています。

21、22日の2日間は10時から同教室で論文発表会を行います。

どなたもご自由に聴講いただけますので、4回生が精魂込めて執筆した論文の成果を、ぜひご覧になってください。

 

卒展ポスター

 

aspASPer-01

  • LINEで送る

2015年2月14日  ニュース

【卒業生の活躍】牟岐・出羽島アート展2015

ASP学科卒業生の宮本紫野さんがディレクターをつとめる『牟岐・出羽島アート展2015』が3月1日から開催されます。
このように、地域のアートイベントを引っ張っていく卒業生が出てきていることは、なんとも喜ばしいかぎりです!
みなさまぜひ足をお運びください。

 

基本情報—–

会期:2015年3月1日(日)~29(日)

時間:9時~16時(出羽島会場は15時まで)

開催地:徳島県海部郡牟岐町三協地域、出羽島、牟岐港周辺
料金:大人500円、小・中・高校生200円 ※出羽島会場へは別途船賃が必要
アクセス:徳島市内から車で約1時間30分、JR徳島駅から特急で牟岐駅まで1時間10分
お問い合わせ:牟岐町商工会 TEL:0884-72-0194、牟岐町地域活性化センター TEL:0884-72-0058

URL:牟岐・出羽島アート展公式HP

—————

 

 

A4

 

aspASPer-01

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。