映画学科

2016年6月

  • LINEで送る

2016年6月28日  ニュース

一回生、始めての映画撮影!

去る6月18日・19日の二日間にわたって、4月入学の一回生にとって初となる映画撮影が行われました。

これは「基礎IX」という前期の授業です。

当日は33度という予報の出た真夏日となりました。

 

IMG_7425

IMG_1254

 

 

製作コース・俳優コースの学生合同で4クラスに分かれ、共通のテーマに基づき4月から練って来た脚本を元に、二ヶ月の準備を経て撮影までこぎつけました。撮影は、映画学科のある高原校舎内限定という条件があるので、4チームの撮影隊が校舎内にひしめきました。

 

IMG_7395IMG_1567

 

映画制作の最初の一歩となるこの授業は、今後、学生の皆さんが映画を問う上での基礎の経験となります。

 

IMG_7386IMG_1094

IMG_2195

 

映画撮影の現実と向かい合う初の経験…、何が出来て何が出来なかったでしょうか?

ここから一回生の皆さんは、映像という言語を使った対話の難しさと楽しさを知りながら、「映画を考えること・つくること・演じること」を、現実のこととして向き合っていきます。

 

IMG_1835

IMG_2123

 

  • LINEで送る

2016年6月22日  ニュース

叶 絵里奈さんの舞台出演情報

俳優コース卒業生の、叶 絵里奈さん(6期生・「グレース芸能プロダクション」所属)が、6月23日より上演開始の、

シアターOM「うしとら」プロジェクト2016第四十四弾「舞台版うしおととら」に出演します。

 

IMG_20150420_072102

 

 

シアターOMとは、週刊少年サンデーにて、90年代に連載された漫画『うしおととら』を、

ダイジェスト版でなく全33巻・全話を舞台化している団体(上演チラシより抜粋)です。

どんな舞台になるのでしょうか!?楽しみです。

 


o0317044813620595710

 

  • LINEで送る

2016年6月17日  ニュース

鈴木卓爾監督最新作『ジョギング渡り鳥』いよいよ関西公開‼︎

 

 

映画学科准教授・鈴木卓爾先生の監督最新作『ジョギング渡り鳥』がいよいよ関西に上陸します!

 

jogging

 

まずは 6月18日(土)より大阪は第七藝術劇場(十三)にて公開!
引き続き 7月15日(金)より神戸映画資料館(長田)にて、
そして 8月20日(土)から京都みなみ会館(九条大宮)で

上映されます!

 

これまで俳優として活躍される一方、
『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの女房』『楽隊のうさぎ』といった

話題の長編映画を監督されてきた鈴木卓爾先生。

並行して先鋭的なインディペンデント映画を精力的に

発表し続ける先生の最新作は3年がかりの初のオリジナル長編。

 

遠い星からやって来たモコモコ星人は、神を探す長い旅を経て

地球にたどり着いた。母船が壊れ帰れなくなった彼らは、

とある町の人々をカメラとマイクで観察しはじめた。
人間のように「わたし」と「あなた」という概念がない彼らは、

いつしか町の人々が直面している「わたしはあなたではない」

という近代人間的事実に直面する−−−。

果たしてモコモコ星人は「神」と出会うことができるのか。

 

 

地球初!宇宙人が撮影した「モコモコ系メタSF映画」ここに誕生!

 

皆さま是非、劇場まで足をお運びください!!

 

 

◎鈴木卓爾 監督作品『ジョギング渡り鳥』2015年 日本 157分

 

<上映スケジュール>

 

大阪・第七藝術劇場
 6月18日(土)〜 24日(金)19:30 ※19日(日)は休映
初日6月18日(土)舞台挨拶あり!
 6月25日(土)〜 7月1日(金)18:40

 

神戸映画資料館
 7月15日(金)〜 26日(火)※20(水)、21(木)は休館日
時間は日によって変わります。劇場HPからご確認ください。
7月16日(土)トークショーあり!
★★期間中の毎週末 7月16日(土)、17日(日)、23日(土)、24(日)は特別プログラムの上映あり!

 

京都みなみ会館
 8月20日(土)-9月2日(金) ※上映時間は近日決定

 

 

  • LINEで送る

2016年6月17日  ニュース

辻凪子さん・中田美優さん、リリパットアーミー公演出演。

俳優コース3回生の、辻凪子さん・中田美優さんが、本日6月17日から19日まで、大阪八尾プリズム小ホールにて上演のリリパットアーミー30周年記念公演第2弾「銀の系譜(シロガネノケイフ)」に出演します。

劇団リリパットアーミーは、中島らもさん主宰で1986年に旗揚げ後、わかぎゑふさんが座長を引き継いだ、今年で30周年を迎える演劇ユニットです。

 

sirogane

 

辻凪子さん(8期生)

017

 

中田美優さん(8期生)

031

 

  • LINEで送る

2016年6月15日  ニュース

6月12日OC第二弾!更に映画に触れる、一日体験入学!

高原校舎映画学科では、6月12日の日曜日、オープンキャンパス第二弾が行われました。
一日体験授業にお出で下さった多くの高校生の皆さん、保護者の皆様、どうもありがとうございました!
映画学科では、製作コースと俳優コースの授業体験が同時進行で行われました。

 

IMG_1993
製作コースでは、「撮影、照明の工夫で映画が変わる!」と題し、光と影で変化する映画の表情を目の当たりにする、青山真治先生、嵩村裕司先生、浜田俊輔先生、豊浦律子先生による体験授業が行われました。様々な角度から被写体に照明を当て、変化する表情が語りだすものを、カメラを通して実際に見て行くのです。

 

IMG_2000
映画の秘密が、光と影によって見えて来る。参加した高校生の皆さんがそれを実感していきました。

 

IMG_2003
俳優コースでは、「演技って何?」と題して、福岡芳穂先生、水上竜二先生、鈴木卓爾先生が、3クラスに分かれ、4月のオープンキャンパスから更にステップアップした、「始めての演技」授業を行いました。

 

IMG_1988

 

今回は、映画を想定したシナリオを手に、そのなかの登場人物を、ふだんの自分を想像しながら、他者と演技をしてみます。「演じる事は、意外に難しくはないかもしれない」、その出発点を、みんな真剣な顔で体験していきました。

 

IMG_2012

 

瓜生山本学キャンパスの映画学科相談ブースでは、北小路隆志先生と、山本起也先生が、入試に関する心構え、映画学科の授業カリキュラム、大学生活、などについてのさまざまな熱気に溢れる相談にお答えしました。

 

IMG_1974

 

*6/12(日)の次は、7/10(日)にも1日体験入学オープンキャンパスを用意しています。
【7/10の1日体験入学申込はこちら!】

 

6月にご来場くださった方も、来られなかった方も、是非ご検討ください。
7月も更にステップアップし、更に深く、映画の世界を、演技を、一緒に探求したいと思っています。
みなさんのお越しを、映画学科一同でお待ちしております!

 

映画学科の学生の映画作品の缶バッジ、相談ブースのお土産でした!

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。