キャラクターデザイン学科

2017年9月

  • LINEで送る

2017年9月28日  イベント

ICAF2017へ行ってきました!

こんにちは。

キャラクターデザイン学科アニメーション領域担当の野村です。

 

大型台風が日本を縦断する中、今年も行って来ました ICAF2017

 

ICAF

国立新美術館(乃木坂)

 

ICAF2

ICAF(アイカフと読みます)とは、

Inter College Animation Festival の頭文字を取ってICAFです。

 

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)は、アニメーションを専門的に学べる学校の推薦作品を一堂に集めた、

日本で最初の本格的な学生アニメーションのフェスティバルです。

今回で14回目を迎える本映画祭には、日本全国より28の学校が参加し、各上映プログラムも益々成長を続けています。ここに集結した、

その膨大な作品群を観ることで、現在の学生アニメーションの最新クオリティ、更にその先に展開するアニメーションの未来をも、はっきりと感じて頂けることと思います。 

ようこそ、「学生アニメーションの最前線」へ! 

ICAF TOP Inter College Animation Festival公式サイト – ICAF より抜粋

 

 ICAF3

ROMANCE OF THE TURN」 木村 拓

 

 ICAF4

「うつくしいけだもの」 小川 円

 

ICAF5.jeg

「はたちオバケ」 スタジオおばけ(村井野愛、横山真奈、大川友梨子、白神はる香)

 

 ICAF6

OKANEMAN」 シンヤ コンドウ

 

 ICAF7

「あの日の雨。」 糸川 駿

 

 ICAF8

CHAMELEON」 福島 光瑠

 

 

IMG_2322

作品制作の卒業生たち

 

久しぶりに見た卒業生の作品はどれも丁寧でとても骨太の作品でした。

なにより画面から伝わる「圧」がありました。

初見で観ていただいた観客の皆さんへも伝わったと思います。

(上映終了後、とても大きな拍手が鳴り響いていました)

 

 

ICAF10

司会進行の先生からも、「どの作品もストーリーやドラマがちゃんとありますよね。」と暖かい感想をいただきました。

 

これはキャラクターデザイン学科が大切にしている「伝える」ということが作品を通して表現出来ていると実感しました。

 

ストーリーやドラマが必ずしも必要な訳ではなく、作品に込めた想いやメッセージを伝えるためにストーリーやドラマが必要であるということは、在学中に繰り返し学び、挑んできたことです。

 

それが作品から伝わったということは制作者冥利につきると思います。

 

「伝える」「共有する」ということは卒業してからも考えなければいけないことです。

ICAF11

 

出品者以外の先輩たちも駆けつけてくれました。

 

卒業生のみんなはそれぞれの職場で期待されながら頑張っています。なぜ期待されているかというと、彼ら彼女たちが、4年間の学びの中で「考える力」を身につけたからです。指示待ちではなく、自分で考えて仕事に取り組んでいるからです。

 

先輩たちを追いかけて在校生たちは今現在、作品制作に励んでいます。先輩たちが行わなかった新しいことに挑戦している学生もいます。

 

受け継ぐモノと更に新しくするモノ。

 

今回の作品群はキャラクターデザイン学科アニメーション領域のカラーが明確に見えたと感じています。 

 

今度はどんな作品を見せてくれるのか?来年のICAFも今から楽しみです。

ICAF12

3回生 学科展 出品作品イメージボード

 

以下の日程で、順次、巡回展を開催します。

是非、足をお運びご覧ください。

 

▼北海道上映:11月2日(木)- 5日(日)会場:新千歳空港国際アニメーション映画祭2017内

▼金沢上映 :11月10日(金)11日(土)会場:金沢21世紀美術館予定

▼京都上映 :11月17日(金)- 19日(日)Kino Vision2017にて

▼広島上映 :11月23日(木)会場:横川シネマ予定

▼名古屋上映:11月下旬  会場:愛知芸術文化センター予定

▼大阪上映 :12月上旬  会場:ナレッジキャピタル ザラボ予定

  • LINEで送る

2017年9月26日  ニュース

京都マンガ・アニメフェア2017「京まふ」に行ってきました!

 

こんにちは。キャラクターデザイン学科の村上です。

 

916日~18日で開催されました大瓜生山祭、学生作品展、オープンキャンパスにご来場いただいた皆様、誠にありがとうございます。

残念ながら17日は台風の影響で中止となってしまいましたが、それでも多くの方にお越しいただく事ができました。

IMG_5255 IMG_5333

 

 

さてその学祭の日、私はどこで何をしていたかというと、京都みやこめっせで開催されていたイベント「京都国際マンガ・アニメフェア2017」、通称「京まふ」に参加しておりました。

これは、京都の文化力を最大限に活用し、キャラクター版権を持つ企業のビジネス機会の創出、若手クリエイターが育つための市場づくり、

マンガファン及び外国人も含めた観光客の新たな層の掘り起こし、日本が世界に誇るマンガ・アニメの文化を海外に発信することを目的としたイベントとなっています。

 

京まふ

5月はフランスの「JAPAN EXPO」、8月は台湾の「台湾漫画博覧会」、そして9月は地元京都の「京まふ」に参加し、学科の取り組みを発信していきました。

今回は本学のマンガ学科と合同でブースを出展し、学生作品の販売と似顔絵、ライブペイントを行ないました。

これだけハードなイベントが続くと体重が減りそうなものですが、不思議なことになぜか増えました。

 

 

ジャパニーズ・ニガオエは海外では人気があるものの、日本人相手には通用しないのではないかと思い込んでいたのですが、

実際にやってみると外国人観光客を中心に大勢が集まり、その列を見た日本人も並ぶという嬉しい相乗効果があり、整理券を出してもさばききれないほどの盛況ぶりとなりました。

ひたすら描き続けた学生の皆さん、本当にご苦労様でした。

京まふ2

 

ウェルカムパーティ会場にて、手塚プロダクション社長であり京まふの実行委員長でもある松谷孝征さんと記念撮影。

松谷さんは以前ゲスト講師として本学にお越しいただき、手塚治虫先生の創作姿勢について語っていただいたことがあります。

 

 京まふ3

はい出ました、門川大作京都市長。

右端の人はキャラクターデザイン学科教授の小岩先生。学生よりもテンションが高く、この時は授業の時よりも1オクターブ高めでした。

 京まふ4

ブースの似顔絵コーナーの様子。さすが京都の中心地だけあって、やはり外国人が多いですね。日本人特有のディフォルメに魅力を感じるようです。

 京まふ5

行列ができています。てんやわんやです。

 

二日目となる917日は、台風が接近した事もあって学生スタッフには早めに撤収していただき、あとは我々おっさん教職員でブース運営を引き継ぎました。

日本のサブカルチャーが持つ圧倒的なチカラを実感すると共に、今の流行りではなく100年後の子供たちでも感動できるような普遍的な作品を送り出していかなければならないと痛感した二日間でした。

学生たちも、この行列を目の当たりにしたことで初めてコトの重大さと、人様に見ていただける喜びを噛みしめたことだと思います。

 

 

  • LINEで送る

2017年9月16日  イベント

爪生山祭開催中です!

爪生山祭・ホームカミングデーはじまります!

 

こんにちは。副手のコンです。

いよいよ本日から爪生山祭2017&オープンキャンパスが開催されます。

台風の影響で17日の開催が中止になる恐れがあるため、18日(月・祝)にオープンキャンパスの追加開催が決定いたしました!

 受験生のみなさまは、ぜひ気軽にお越しください!人間館2階には教員相談ブースもあります!

 

キャラクターデザイン学科では、3年生が人間館3階のNA301教室とNA306a教室にて

学科展を開催しております。

今日の午前中にようやく搬入が終わり、お昼からは4回生を招いての内覧会が行われました!

 IMG_5187

搬入の様子。

IMG_5216

搬入の様子。

 

 IMG_5292

4年生内覧会の様子。

 IMG_5303

4年生内覧会の様子。

 

NA301教室では、アニメーションゼミ・イラストゼミ・ゲームゼミ・CGゼミの学生作品が展示されております!

NA306a教室では、グラフィックゼミ・プロデュースゼミの展示が行われています!

IMG_5247 IMG_5288

どのゼミも真剣に取り組み、制作した作品ばかりなのでぜひ!足を運んでみてください!

 

 

また、学科対抗の模擬店「フードコロシアム」では揚げアイスを販売しております!

キャラクターデザイン学科の学生が心をこめて接客・販売いたしますのでぜひご賞味ください!

 

さらに、17日(日)には「学校法人 瓜生山学園 ホームカミングデー2017」が同時開催されます!

ホームカミングデーでは、式典のほかにもワクワクするイベントや懇親会を企画しています。卒業生のみなさん!ぜひ足を運んでくださいね。

 

・爪生山祭公式HPこちら

・オープンキャンパスHPこちら

・ホームカミングデーHPこちら

  • LINEで送る

2017年9月13日  授業風景

キャラデの夏期集中授業!~3・4日目編~

 

こんにちは!副手のコンです。

 

今日は前回に引き続き、夏期集中授業~3・4日目編~の様子をお伝えします!

 

3日目の1限目、2年生は自分の行きたい会社を調べ、実際の求人票を見ながらディスカッションをしてもらいました。

その上で履歴書を書いてもらい、就活までに何が必要なのか考えてもらいました。

 

IMG_4990

IMG_4989

IMG_4998

「まだまだ2年生だし就活なんてまだ早い!」と思っていた学生も就活までにやるべきことが少し見えてきたようです。

 

 

そんな中、3年生は葭矢峰世様にお越しいただき「就活メイクアップ対策講座」を行っていただきました!

葭矢様は化粧品販売を経て、写真スタジオでのメイクなどの美容やカメラを担当。スタジオ業務と並行し、専門学校・大学でメイクアップ講座を行っておられる方です!

 

IMG_9679

IMG_9706

メイク後の学生。血色がよくなりとても健康的できれいになりました!!

 

 

IMG_9696

男子も髪の毛や眉の整え方をレクチャーしていただきました!

 

少しのことで大きく印象が変わるということが良くわかり、

普段はあまりメイクをしない学生も就活前にメイク方法がわかってよかった!と言っていました。

 

———————

3・4限目は、作戦本部株式会社 代表取締役の鴨志田由貴先生にお話いただきました!

 

自分が仕事でいくら収入を得て、(副業含め)制作費等の支出でいくら出ていくのかを

具体的に書き出し具体的に幾らで生活していくのかをイメージしました。

実際に仕事をしている人たちがどういった収入、支出で生活しているのかの具体例も見せていただいたことで
お金に関する感覚、具体的に何をどれだけ行うのか、など現実的なイメージがもてたのではないでしょうか?

 

IMG_3124

 

IMG_3147

後半では、マインドマップを書いてもらい、より具体的に自分自身の将来を考えてもらいました!

 

IMG_3114

先生方も黙々と書き込んでいます!

 

————————-

 

4日目の1限目は「振り返り合評」です!

3年生が制作したポートフォリオを2年生に向けて説明しながらお話をしてもらいました。

IMG_5016

IMG_5060

IMG_5074

3年生にとっては、自分の作品をプレゼンテーションする練習にもなり、

2年生にとっては、来年自分がポートフォリオをつくるには、このくらいの作品量が必要なんだなと思うことができたと思います!

 

—————-

2限目、3年生の授業には「株式会社ビビビット」からマーケティング事業部の井上佳子様にお越しいただきました!

ビビビットとは、ポートフォリオ×就職活動をテーマにしたクリエイター・デザイナー・イラストレーターを志望する方向けの新しい就職サイトです!

(https://www.vivivit.com/)

IMG_5112

井上様には、ビビビットの使い方とポートフォリオ制作のポイントを教えていただきました!!

学生も「このようなサイトがあることを知らなかったので活用したいと思います!」と言っていました!

 

—————

2年生は、株式会社グラフィニカから小宮彬広様にお越しいただきました!

小宮様にはCG業界のお話とグラフィニカで制作に携わった作品映像集を見せていただきました!

株式会社グラフィニカでは、アニメーション作品を中心に、ゲーム・遊技機・実写映画・ミュージックビデオ・CM・Webなど、
幅広いジャンルで様々な映像制作をされています!

 

IMG_9710

講義を聴いた学生は「これもCGなのか!と思うような作品が多くあり、CGの可能性を感じることが出来ました。」と言っていました。

 

—————————

そして夏期集中授業最終日の最後のゲストは

株式会社スクウェア・エニックス、シニアプロデューサーの時田貴司様にお越し
いただきました。
時田様は「FNAL FANATSY Ⅳ」「クロノ・トリガー」「半熟英雄」といった 大ヒット商品を多数開発されたゲーム業界の大御所。 今回は会社の取り組みに関する説明を中心に、時田様自身の手掛けたゲームソフト 開発の裏話をお話ししていただきました。

 


IMG_5140

「どうすれば自信がつくのか」という学生の質問に対し「コンプレックスを武器に
変える」とアドバイスをいただきました。短所を改善するよりも、視点を変えて
長所と捉えると自信がつく上に新たな自分の価値に気付くことができると知り、
学生たちも勇気をもらえた様子でした。

 

IMG_5155

ゲームゼミの学生、村上先生と記念撮影をしていただきました!

 

IMG_5123

 

と!いうことでかなり長くなってしまいましたが4日間の夏期集中授業の様子をお届けしました!

今回の集中授業を通して前向きにキャリアについて考えることが出来るといいですね!

 

お忙しい中お話いただいたいたゲストの皆様本当にありがとうございました!

 

  • LINEで送る

2017年9月11日  授業風景

キャラデの夏期集中授業!~1・2日目編~

 

こんにちは。副手のコンです!

 

9月1・2・4・5日の4日間、キャラクターデザイン学科では夏期集中授業がおこなわれました!

 

2年生は「プロフェッショナル研究」、3年生は「ポートフォリオ研究」という科目で授業をおこなうのですが

毎日違うゲストの方々にお越しいただき、2・3年生が合同でおこなう授業もあり、

とても賑やかで学生が自身のキャリアについて考える有意義な4日間となりました!

 

盛りだくさんの内容なので、まずは1・2日目の様子からお伝えしたいと思います!

1日目は2・3年生それぞれ大熊美音子先生に「就活の心構え」についてお話いただきました。

大熊美音子先生は株式会社大丸入社後、数々の職域を経験。大丸退職後はトッズ・ジャ

パン株式会社に入社。店長のほか、人材育成にも携わっておられました。

現在はキャリアアドバイザーとして大学の就職活動講座等でご活躍されています!

IMG_2994

IMG_3021

3年生には「相手をほめる」というペアワークで、今まで自分では気づかなかった新たな価値に気づくことが出来たようです。

 

IMG_4936

2年生には「他者の視線を意識する」というテーマをもとに、社会のしくみや就活の考え方を教えていただきました。

相手や社会の仕組みを理解し常に客観的視野を持つことが大切なんですね!

 

2・3年生ともにこれからはじまる就活に不安でいっぱいだったと思いますが、

この授業で少しは「心構え」ができたのではないでしょうか!

 

——–

 

3限目のプロフェッショナル研究には「株式会社オーツー」でリードプランナーをされている堀川和良様にお越しいただきました!

株式会社オーツーはモバイルゲーム・コンシューマーゲームのソフトウェア開発をおこなっている会社です。

 

堀川様がこれまでに携わってきた作品の中には3DS の「ぷよぷよクロニクル(セガゲームス)」などがあります!

IMG_4952

ゲーム業界の職種や、求められる人材などについて詳しく教えていただくことができました。

もともとゲーム業界に興味のあった学生も「こんなに知らない役割があったのか。」と驚いていました。

 

——–

 

 

4限目にはアニメーション制作会社「スタジオコロリド」から宇田英男社長にお越しいただきました!

スタジオコロリドは平均年齢が若い会社で、アニメーション業界の厳しい現状を変えるべく

デジタル作画を導入するなど新しいことに挑戦している企業です!

IMG_4972

アニメーション業界の良い点や、厳しい現状など現場のリアルなお話を聞くことができ、

とても貴重な講義でした!

 

 

——–

 

そんな中、3年生は黙々とポートフォリオを制作中です!(2年生の講義を聞きに行っている学生もいます!)

IMG_4984

——–

さてここからは2日目!

2年生は「教員対談」でキャリアに関する質疑応答をおこないました!

IMG_9639

IMG_9657

普段はなかなか聞くことの出来ない先生方の仕事のお話が聞けて、学生たちも楽しそうでした!

 

——–

2限目は株式会社ムービックの石川雄次様にお越しいただきました!

株式会社ムービックは「アニメイト」に並ぶキャラクター商品の企画・制作・販売や

イベント企画など幅広く行っている企業です。

IMG_4982

アニメイトの商品企画のお話などキャラクタービジネスについて詳しくお話いただきました!

キャラデのアニメやマンガが大好きな学生にとってとても興味深いお話だったようです。

いままで企画に興味のなかった学生も、将来の選択肢が増えたと言って喜んでいました!

 

——–

3限目には2・3年生合同で、キャラデの卒業生で株式会社セガゲームスでリードデザイナーとして働いている八木橋慧莉さんと

株式会社SRDでUIデザイナーとして働いている進戸かおりさんのお二人にお越しいただきました!

IMG_3054

IMG_3059

IMG_3069

今回は特別にこども芸術大学さまのお部屋をお借りしました!

とても気持ちの良い風が吹き抜け、木の温かみがある自然いっぱいのすばらしいお部屋でした!

 

ゲーム業界で働いているお二人の学生時代のお話や、仕事をするうえでのつらい点などを話していただきました。

キャラデを卒業し、活躍している先輩の姿をみて2・3年生は良い刺激をもらえたのではないでしょうか。

 

 

——–

2年生の4限目には漆間総合法律事務所から弁護士の采木俊憲様にお越しいただきました!

 

IMG_9671

IMG_3088

作品などを応募する際の、募集要項についてお話いただき、弁護士の方から直接お話いただける貴重な機会だけあって

学生も興味津々で、多くの質問や意見が出て活気のある講義になりました!

募集要項・・・ちゃんと読まないといけませんね!

 

 

以上で2日目までの夏期集中授業の様子をお届けしましたが、

まだまだ2日分残っておりますのでぜひ次回の記事もお楽しみに!

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。