情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年7月22日  ニュース

【一日体験入学 夏コミ対策講座】情報デザインコースの作品紹介!

今回は、7月12日におこなわれた「一日体験入学」情報デザインコースの作品を紹介します!
情報デザインコースの課題テーマは6月にひきつづき「伝える伝わるデザイン」。
夏のイメージをシンプルな絵記号で伝える「夏を感じさせるピクトグラム」という課題でした。
参加者全員の制作をアップしました(すべてマーカーによる手描きです)。
暑い!夏、涼しげな夏、夏といえばこれ!
どれも「あ〜、夏だなぁ」と共感できるものばかりでした!!!
そして、この “共感できる” ことこそ、「伝える伝わるデザイン」を体験し、学んでもらいたいことでした。
NATSUpicto2
課題制作では、まず最初に夏を感じさせるモノコトを言葉であらわし、
グループディスカッションで選んだ言葉から各自一つをとりあげ、ビジュアル化していきました。

ぎらぎら(輝く太陽)

じりじり(日照り)

じーじー(アブラゼミ)

など夏の風景を表す言葉として、“状態” や “音” を選んだ人も多く

カタチのない、もの・ことを、どのようにカタチであらわすか、
という作業に、果敢にチャレンジしました!

 

トモノスケさんの「足汗」(左)
もう、なんだかとっても不快な感じがユニークに伝わってきますね。
汗は汗でも嫌〜な汗を見事に表現しています(笑)
また、足と汗というモチーフ(もの・物質)を描きながらも、
「不快感」というコトを描けているところが素晴らしい。

 

一方、夏といえばこれ!と誰もが連想するモチーフをとりあげた人の作品からは

いかにシンプルにわかりやすく、美しく、楽しく表現するか、
という探求心が伝わりました!

 

マナさんの「ひまわり」(右)

太陽のように咲くひまわりを表現。

太陽もひまわりも、夏を代表するモチーフですが

それらを一つに描くことで、花びらのデザインアイデアにつながっていますね。

 

0712_情デ_PM-20_ashiase0712_情デ_PM-22_sun

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間後は夏のコミュニケーション入学。

今回の授業での学びは、必ず「夏コミ」で活かせるでしょう。

 

もっとつくりたい

もっと先生やみんなと意見を交わしたい

もっとデザインのことを知りたい

 

みんなの「もっともっと」を

ぜひ夏のコミュニケーション入学でぶつけあいましょう!!

ワクワクな授業を用意して待っています。

 

 

一日体験入学 情報デザインコース授業担当者
中田泉

 

※ 6月の情報デザインコース「一日体験授業」作品紹介&特別編「グラフィックデザイン講座」はこちら→

※ 7月の一日体験入学の授業風景はこちら→

※ 7月のイラストレーションコース「一日体験授業」作品紹介はこちら→

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏期コミュニケーション入学直前!オープンキャンパス

 

7月25日(土)10:00-16:00

7月26日(日)10:00-16:00

 

コミュニケーション入学での疑問や不安は、ここで解消。

情報デザイン学科の先生方や学生がみなさんを待ってます!

 

申し込みは不要!

当日 大学全体の詳しいイベントスケジュールはこちらでチェック!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

関連記事

<200201202203204>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。