Home > 在学生専用サイト > イベント・プロジェクト/Information > 「三尾公三のまなざし」展 ワークショップ

「三尾公三のまなざし」展 ワークショップ

戻る

現在、ギャルリ・オーブにて開催中の「没後10年 三尾公三のまなざし」展において、以下のワークショップを実施します。

『三尾先生の技法 -アナモルフォーズを体験してMIO-!』

日時:6/11(土)14:30-17:00
会場:NA408
担当:山河全(美術工芸学科 教員)
申込不要・参加費無料
※30cm定規を持参ください

<展覧会内容>
1991年度から2000年度まで本学洋画コースで多くの学生を指導した三尾公三氏。氏はエアブラッシュを用いたシャープな現代的リアリズム表現で知られていますが、かつて日本画から油絵へ、そして具象から抽象へと試行を繰り返し、絵画そのものを根底から考え直す苦難の過程を辿った画家でもありました。本展では岐阜県美術館の所蔵品を中心に、デッサンなど様々なスタイルを通して氏の歩みを紹介します。