Home > 在学生専用サイト > イベント・プロジェクト/Information > ☆酒井麻衣監督最新作「甘くなりたい(仮)」 映画制作スタッフ募集☆

☆酒井麻衣監督最新作「甘くなりたい(仮)」 映画制作スタッフ募集☆

戻る

卒業生「はらはらなのか。」酒井麻衣監督が、一緒に映画を制作する京造生スタッフを募集しています。
ご自身の学んだきたことを活かせるチャンスです。
関心のある学生はぜひご応募ください!


世界30カ国以上のユースメディア “VICE”
×シン・ゴジラなどの特殊造形プロデューサー”西村喜廣”
×新世代ファンタジー映画監督”酒井麻衣”

【作品の展開予定】
・海外映画祭出品
・劇場公開
・動画配信サービスVICEにて配信
・DVD化作品

【タイトル】
■「甘くなりたい(仮)」

長編映画
2017年12月中旬〜下旬(詳細日時未定)に京都で撮影予定。
※授業に差し支えのない方

■あらすじ
 芸術大学音楽科のイチゴは、遊郭の末裔で男から魔力を得る魔女の家系。
しかし、全く色気がなく、彼氏すら虜にできない。
 彼氏(狼族)は、根っからの女好きで、エッチな事が大好き。すぐに誘惑に負ける。そんな彼氏を虜にするには?
 主人公は、あの手この手で、魔法をつかい、彼氏を虜にしようとするが…果たして、彼女を待ち受けている試練とは…!
 酒井麻衣が送るファンタスティックラブコメディー。

■監督・脚本:酒井麻衣
1991年長野県生まれ。京都造形大学在学中から映画を作り始め、映画監督?林海象に師事。短編映画「棒つきキャンディー」(12)は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014上映、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012入選、映文連アワード2012部門優秀賞、山形国際ムービーフェスティバル審査員特別賞。同じく短編映画「神隠しのキャラメル」(13)卒業制作「金の鍵」(14)を制作。ショートストーリーなごや「笑門来福」(15)であいち国際女性映画祭準グランプリを受賞し、したまちコメディ大賞にも入選。MOOSIC LAB 2015に出品された『いいにおいのする映画』(15)がグランプリ他6冠に輝く。続いて制作された長編映画『はらはらなのか。』(17)で商業デビューを果たした他、チャラン・ポ・ランタンももの独り芝居「あのさ、生まれ変わったら」の演出・共同脚本や、人気声優・花澤香菜などのMusic Vieoも手がけている。

<BR>
募集スタッフ

○ 撮影部(助手)2名
撮影監督は「いいにおいのする映画」、「はらはらなのか。」、「つむぐもの」などの伊集守忠さんです!

○ 照明部(助手)2名
照明技師は京都造形芸術大学卒業生仲村逸平さん。(酒井麻衣卒業製作「金の鍵」などの照明)

○ 録音技師(人数応相談)

○ 監督助手1名(人数応相談)
監督の酒井麻衣と一緒に演出を考えましょう

○制作部(1名)
小林勇貴監督作品や東宝で制作進行をしている大石淳也さんの元。

○ CG1名(キャラクターデザイン学科ほか)

○振り付け師(1名以上映画学科、舞台芸術学科ほか)
ミュージカル振り付けを考えてもらいます!

○ 衣裳部(空間デザイン学科ほか 映画学科1名、人数応相談)
映画の衣裳をスタイリング、コーディネートも込みで



参加を希望する学生は、下記の要領にてご連絡ください。

■エントリー方法 ~11/26(日)迄
下記の情報を、メールで送付してください。
送付先: m-nakai@office.kyoto-art.ac.jp

件名. 酒井監督映画
本文. 1.所属学科 2.所属コース 3.学年 4.氏名 5.氏名ヨミ 6.学籍番号 7.携帯番号 
8.京造メールアドレス 9.希望する活動内容、10.志望理由
問合せ窓口: プロジェクトセンター(人間館1F事務室)   担当:中井