キャラクターデザイン学科

日常風景

  • LINEで送る

2015年1月29日  日常風景

学生ブログより~私の自信作~

みなさんこんいちは!!

副手のトミタカです。

 

 

今回は学生ブログということで、学生広報スタッフのぼこさんが

自分の作品について記事を書いてくれました!!

 

学生ブログはこちらからどうぞ!!

 

 

———————————————————————————————

秋山ブログ

 

 

どうもこんにちはっ!ぼこです!

 

 

冷え性改善のため、甘酒を飲み始めたのですが・・・・・・ハマりました!
「甘酒おいしいよ!」という話をしていると、「未成年が買えるの?」とよく聞かれます。

 

 

「もしかして私、いけないことしちゃった…?」と思って調べてみましたが、未成年でも購入可能でした!
ソフトドリンクという扱いの様です。

 

 

調子に乗って自作した酒粕の甘酒(800ml)を一晩で飲み干したら翌日頭痛がすごかったです。
何事も程よく、ですね・・・・・・( ˘ω˘)

 

 

「飲む点滴」「日本のヨーグルト」と呼ばれる米麹の甘酒も絶品です!
米麹のほうはアルコールが含まれていないのでオススメ!!!!

 

 

さてさて甘酒ブログにならないうちに!

 

 

今回のテーマは「最近作った作品の中で一番の自信作」。

 

 

昨年一番思い入れと作り応えがあったのは、映像制作Iという授業で「本性」をテーマに制作したムービー!
条件は、1分間であること。
AdobeのPremiereという映像編集ソフトを使っています。

 

 

★動画はこちらからご覧ください

[広告VPS

私は、いつまでも子供らしい発想をしたい!と常に考えているので、
「こどもらしさ」というタイトルで制作しました。

 

 

 

紙風船なら「投げたり、膨らませる」、マスキングテープなら「はみだし防止や、テープとして活用する」。
それだけではなく、子供の自分ならどう遊ぶか、今の自分ならどう楽しむかを表現しました。

 

 

映像のはじめに顔に貼っているのはパックです。

 

 

人の顔があるとどうしてもそちらを見てしまうと思い、
映像の雰囲気とテンポだけを感じて欲しかったので、目のあたりだけですが隠しています。

 

 

撮影には精華大学の友人が協力してくれました\\ ٩( ‘ω’ )و //
撮影しながら私が、「こんな感じでオッケーかな…」と言うたびに、

 

 

「本当にそれでいいの?妥協は死だよ!ハンパは許さないからね・・・・・・」

 

 

と脅してくれたおかげで良い作品ができました!
感謝。

 

 

そして、合評がすごく面白かった!

 

 

先生から与えられた「本性」という一つのテーマから、
ネクラな部分や好きなこと、特技など様々な解釈があり、
それを今までの勉強の成果とセンスが全員で見ることができて楽しかったです!

 

 

それがきっかけで「この子と友達になりたい!」「どうやって制作したのか教えて欲しい!」と思い、
仲良くなった人もいます。

 

 

ちなみに私の高校生の時の映像技術は、
文化祭にてクラスの出し物を紹介するVTRを制作した程度です。

 

 

★動画はこちらからご覧ください

[広告VPS

技術が無いのにいきなりオリジナルで作るのは、見る側にとって苦痛だろ!
ということで当時親しみのあったソフトバンクのCMのオマージュ作品を作りました( ˘ω˘)

 

 

その他にも数点制作しています。

 

 

カメラワークは友人に頼みましたが、
要るシーンだけでなく余分に様々な角度からもたくさん撮ってくれたおかげで良い作品ができました。

 

 

ピントが合ってないカットがあるのが残念…_(:3ノ∠)_
こちらのほうは、macに元々入っているiMovieというソフトで制作しています。

 

 

高校で映像についていじっていたときは友人と二人で制作をして、
先生がそれにCGなど手を加えて、という感じで、
映像をいじるのが好きな少人数だけでやっていました。

 

 

そのせいか自分のレベルもわからず、好き勝手やっていたのですが、
大学では同じスタートラインからの競争相手がたくさんいるからそれがすごく面白い!

 

 

目の上のたんこぶと言えるライバルもいて、イイ感じに嫉妬しています!(笑)

 

 

次の映像制作も負けられない~~~~~!
もっともっと自分の技術と、作品のクオリティを上げていきたいと思います!

 

 


ありがとうございました!

  • LINEで送る

2014年12月3日  日常風景

学生ブログより~就職活動に向けて~

 

皆さんこんにちは!!副手のトミタカです。

 

 

今回は学生ブログよりということで、3回生の学生スタッフの千尋さんが

就職活動について記事を書いてくれました!!

 

 

学生ブログはこちらから!!

 

 

 

————————————————————————————————————-

 

 

よしながブログ

 

 

どうも!編集長の千尋です。
もう12月に入って、今年も残すところあと1ヶ月となりましたね。

 

 

 

今回は、高校生のみなさんも気になるであろう「就職活動」について、
私の近況を記事にしたいと思います。

 

 

 

昨年度までは、就職活動は大学3年生の12月から始まるものでした。

 

 

 

 

それが今年度から、開始が3ヶ月延びることになったんですね。
現3年生の私たちは、来年の3月から就職活動が始まることになります。

 

 

 

 

そう考えると、「この変更がなかったら自分はもう就活を始めなきゃいけないのか・・・・・・!!」
とびっくりする訳です。

 

こちらは目安ですが、
本学のキャラクターデザイン学科入学後の流れとしては、以下のようになります。

 

 

 

1年生
「アニメーション、CG、グラフィック、イラストレーション、立体造形、企画など、
キャラクターデザインを軸にした幅広い学びを通して、自分の適性を見つける」

 

 

 

2年生
「1年生で見つけた希望分野をさらに掘り下げて学ぶ。
または、サウンド、ゲームデザインなど新たな分野も学び、広い選択肢から希望分野をしぼっていく」

 

 

 

3年生
「希望分野の学びを深め、就職活動を意識した技術も身につけていく」

 

 

 

4年生
「就職活動本格化。今までの学びの集大成として卒業制作を行う」

 

 

 

3年生の私は、もう希望分野に突き進んでいるべき時期なのですが・・・・・・

 

 

 

実はまだちょっと、どの分野に行くか悩んでいます。

 

 

 

「やりたいことはあるけれど、それで生計を立てれるのか」
「自分は本当にその道に行きたいのか」
「選択肢はしぼれている。でも決定打に欠けている」

 

 

 

とかなんとか。こりゃあ、くすぶっていますね^^;

 

 

 

私が2年生の頃、学内の恩師に「スペシャリストとゼネラリスト」
についての話を聞きました。

 

 

 

本当に社会で必要とされる・活躍できる人になりたかったら、
「スペシャリスト」か「ゼネラリスト」になりなさい。という話でした。

 

 

 

~スペシャリストとは~
特定分野に深い知識や優れた技術をもった人。専門家。⇔ゼネラリスト。

 

 

 

~ゼネラリストとは~
分野を限定しない広範囲な知識・技術・経験を持つ人。⇔スペシャリスト。

 

 

 

戦法にして例えると・・・・・・
スペシャリストは、1本、とても長くて鋭い槍のような、洗練された武器を持って戦う人。

 

 

 

ゼネラリストは、ある程度強度のある、種類の違った武器を持ち替えて戦う人。

 

 

 

となる訳ですね。

 

 

 

これは、どちらが良い!ということではなく、
自分がどちらになりたいのか早めに決めて、そこに向かっていくのが大事だよ、という話です。

 

 

 

しかし、ゼネラリストを目指す時に陥りがちなのが、
「いろいろできるけど、どれも中途半端なレベル止まり」という状態です。

 

 

 

これをさっきの戦法に置き換えると、
「武器はいっぱい持ってるけど、全部つまようじ!」という悲惨なことに^^;

 

 

 

私はこれを聞いた時に、スペシャリストを目指そう!と思ったのでした。

 

 

 

しかし、「私にはこれしかない!」というものを見つけられずに、
とりあえず選択肢を残そう、残そうとしてここまで来た結果、
今手元につまようじしかない状態で焦っているんですね。

 

 

 

とまぁ、びっくりするぐらい赤裸々に語ってしまいましたが、
私もこの状況は打破したいと思っているので、

 

 

 

 

「今ある選択肢に全力でぶつかる。そこから何か見えてくるはず!」

 

 

 

当面の間はこれをモットーに頑張っていきます。

 

 

 

今回の記事は、単に一学生が悩みを打ち明けただけやないかい!というものでしたが、

 

 

 

 

就活や受験の体験談として、
「こういう風に成功しました!」
「当時は大変でしたが、乗り越えて今があります」
というものはたくさんあるから、
たまには悩んでいる最中のものがあってもいいかな、と思っています。

 

 

 

さて、千尋は無事に納得のいく分野に就職できるのでしょうか?

 

 

 

今後もちょくちょく、就活の近況を投稿出来たら、と思っています。

 

 

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

 

千尋でした!

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年11月28日  日常風景

学生ブログより~京造生の夏休み!!なっちゃん編~

皆さんこんにちは!!副手のトミタカです。

 

紅葉が綺麗な季節になりましたね!!

まだちゃんと見れていないので、早く紅葉狩りに行きたいです。

 

さて、今回は学生ブログということで学生広報スタッフの

なっちゃんが夏休みについて振り返って書いてくれました。

 

 

学生ブログはこちらから!!

 

 

———————————————————————————————————–

 

 

yamada.jpg

 

 

 

 

 

こんにちは!なっちゃんです。

 

 

 

最近はめっきり肌寒くなり、大学では後期授業が進んでいます。

 

 

 

 
時期は経過していますが、今回は記事のテーマ通り夏休みを振り返ります。

 

 

 

 

 

今年の夏休みと言えば、学科展の準備やプロジェクト、その他もろもろとにかく奮闘した日々でした!

 

 

 

 

学科展とは大瓜生山祭において各学科ごとに行われる展示会のことで、

 

 

 

 

キャラクターデザイン学科は主に3回生が展示します。(ちばっちの記事でも紹介されていましたね)

 

 

 

 

また今年はゼミ単位で作品を展示することになり、

 

 

 

 

 

私は野村先生のセルアニメーションゼミのゼミリーダーとして学科展の運営に関わっていました。

 

 

 

 

 

この学科展はテーマ、ポスターやパンフレットのデザインの取り決め、教室での作品の配置、物販、などなど・・・・・・

 

 

 

 

 

展示にかかわるそのほとんどは学生主体で行われています。

 

 

 

 

 

そのために夏休みは毎週学科展のミーティングを行い、学科展を成功させるべくみんなで試行錯誤を重ねていました。

 

 

 

 

 

そしてその2014年度キャラクターデザイン学科、「学科展」!

 

 

 

 

 

 

こんな感じでした!

 

学科展1

 

 

 

 

 

学科展2

 

 

 

 

 

学科展その3

 

 

 

 

 

ちなみに私が所属するセルアニメーションゼミの野村ゼミはこのような展示を行いました。
学科展その4

 

 

 

 

 

 

なんとも嬉しいことに昨年の2倍以上の来場者の方にお越しいただき学科展は2日とも大盛況!

 

お越しいただいた方、ありがとうございました~!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、私は昨年に引き続き『白十字プロジェクト』に参加しております。

 

 

白十字

 

 

 

 

白十字とは医療品や介護製品を手がけておられる会社で、

 

 

 

 

現在企業様と数人のメンバーで協力してface bookで4コマを展開しています!

 

 

 

 

 

こちらも夏休みの間新たなメンバーとともに4コマのネタ出しや、作品制作に励んでいました。

 

 

 

 

 

ちなみにそのfacebookページはこちら!!

 

https://ja-jp.facebook.com/hakujuji

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかにも母校の小学生金管バンドで使われる直径8メートルのシートに絵描いたり・・・・・・

 

 

 
画像6

 

 

 

 

 

とにかく充実した夏休みでした!

 

 

 

 

とはいえびっくりするくらい忙しかったですが実際はなんとかなるもので、

 

 

 

 

 

自分はここまでやり遂げられるんだな~!自分を知れた良い機会だったと思います。

 

 

 

 

そのためにも人間興味を引かれたらまずはやってみるもんですね~

 

 

 

 

さて時間の流れは早いもので大学の夏休みも残すところあと1回しかなくなってしました。

 

 

 

 

 

今年の夏休みも、思い返して悔いのないとっても楽しい夏休みになったかなと思ってます。

 

 

 

 

 

来年もきっと楽しい夏休みを!

 

 

 

 

 

それではまた、なっちゃんでした。

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年10月23日  日常風景

学生ブログより~京造生の夏休み[秋山編]~

みなさんこんにちは!!副手のトミタカです。

 

今回は学生ブログということで広報スタッフの

秋山さんが夏休みの過ごし方について記事を作成してくれました!!

 

学生ブログはこちらから!!

 

 

 

————————————————————————————————————–

 

秋山ブログ

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

 

秋山です!

 

 

 

 

今回は「夏休みの頑張り」というテーマで書かせていただきます。

 

 

 

 

1年生で「夏休みの頑張り」、といえば「ねぶた」のような気がしなくもない・・・・・・( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

 

 

 

ねぶたももちろんですが、

 

 

 

 

参加しているプロジェクトや祖母の初盆、高校の集まり、病院へも毎週行くなど、

 

 

スケジュールがキツキツで、それをこなしていくのが一番大変・・・・・・!

 

 

 

 

結局実家には1日滞在して京都に帰る、というのが2回。

 

 

 

 

実家で過ごした時間を合計しても24時間もありませんでした_(┐「﹃゚。)_

 

 

 

 

私はねぶたリーダーもやっていたので、

 

 
メンバーへの現状報告や翌日の出席確認をとったり、

 

 

 

 

少しでも時間があれば学校へ行って木組みや粘土模型を手伝ったりしていました。

 

 

 

 

完成したねぶたはこんな感じです!

 

 

 

 

秋山ねぶた

 

 

 

 

 

禿げたオッサンと呼ばれていますが、マリオネットです・・・・・・

 

 

 

 

 

キャプションがかっこいいんです…

 

 

 

 

 

寝転んでいるのが私です・・・・・・(:3[▓▓]

 

 

 

 

 

大事な話合いのときに用事で抜けていたら、色々腑に落ちないまま話が進んでしまっていた等色々あり、少々悔いの残る作品となりました。

 

 

 

 

 

集団での制作でこういうのが初めての人がいたり、それよりも人型というのが難し過ぎたんだろうな、と思います。

 

 

 

 

 

あと、情報共有不足だったということも感じました。

 

 

 

 

誰かが色々調べて個人的に資料集があったりしても、制作をするのはクラス全員です。

 

 

 

 

その情報を共有し理解することが出来ていないと、勘違いや手探りで制作してしまいます・・・・・・。

 

 

 

 

今回見つかった改善点は、次に繋げていきたいです。

 

 

 

 

クラスの雰囲気やメンバーは穏やかで、毎朝オリジナルのラジオ体操もしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのおかげか、大きなケガやケンカもなかったので、良いクラスに恵まれたなぁと思いました!

 

 

 

 

この夏休みは「頑張った」よりも「忙しすぎる」でしたが、

 

 

 

 

楽しくて全く苦じゃありませんでした\\ ٩( ‘ω’ )و //

 

 

 

 

ねぶたで新たな学びがあったので、それを糧に後期も頑張っていきます!

 

 

 

 

ありがとうございました| ूᐖ )

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年10月17日  日常風景

学生ブログより~京造生の夏休み!!美都編~

こんにちは!!副手のトミタカです。

 

もう10月も半ばですね…。

最近急に寒くなったので皆さん風邪には注意してください。

 

 

今回は学生ブログということで、広報スタッフの

美都さんが夏休みについて記事を書いてくれました!!

 

学生ブログはコチラから!!

 

 

 

————————————————————————————————————–

美都ブログ

 

 

 

みなさんお久しぶりです、突っ走れ暴走機関車こと1年生の美都です!

 

 

 

暑い(とはいっても、今年はまだ涼しめでしたが・・・・・・)夏が終わり、

 

 

 

最近はふかふかの布団が恋しくなってきました。

 

 

 

そんな中、先月の頭に一年生は大きな山場を迎えました!

 

 

 

それが、「ねぶた」制作です!

 

 

 

一年生は全学科の生徒が受けるMandayProject(マンデイプロジェクト)と呼ばれる授業があるのですが、

 

 

 

 

 

その集大成として行われるものがこの「ねぶた」と言われるものです。

 

 

 

 

 

青森に有名な「ねぶた祭」がありますが、

 

 

 

 

 

そちらと同じように針金に紙を貼り付けた作品を内側からライトで光らせるものになっております。

 

 

 

 

 

「京造ねぶた」は、色をつけずに完成させるため、紙の重なりや光の当たり方に特にこだわる必要があります。(制作の写真も載せてますので、そちらを是非ご覧下さい!)。

 

 

 

 

 

今回の記事のテーマは「この夏頑張ったこと」!

 

 

 

 

 

なので、ねぶた制作を通じて私が学び取ったことを紹介しようと思います!

 

 

 

 

 

長くなりますが、どうぞお付き合いください!

 

 

 

 

 

そして今回は、この記事で私が一番伝えたいことを初めに言っておきます。

 

 

 

 

 

それは「協調性・協力」です。

 

 

 

 

 

この言葉を聞いて、皆さんは他人と上手く合わせていくようなイメージをすると思います。

 

 

 

 

 

ねぶたは40人程の人数でひとつの作品を作るのですが、

 

 

 

 

 

「協調して」「協力して」と言葉では簡単に言えても実際にやるのは本当に難しいことでした。

 

 

 

 

 

私はサブリーダー(副班長)をやらせていただいたのですが、

 

 

 

 

 

リーダーとクラスのみんなの間に挟まれて、精神的にもかなり辛い位置でした。

 

 

 

 

 

基本的には連絡係(書記)をしていたのですが、やはり一番困ったのが全体の仲の取りまとめでした。

 

 

 

 

 

リーダーのようにきつくは言えませんし、かと言ってあやふやに伝えると相手の気持ちが緩まり、リーダー達からの不満げな気持ちが伝わってきます。

 

 

 

 

 

実際、私たちのクラスは事前の準備や連絡のミスで、

 

 

 

 

 

ねぶたの土台となる木組みのやり直しが何度もありました。

 

 

 

 

 

小坂1 木組みと針金

 

 

 

 

 

こちらがやり直したあとの木組みになるのですが、ここまでたどり着くのにだいたい一週間程度かかってしまいました。

 

 

 

 

 

ねぶたは2週間で作らなければならないので、この時点で半分も使ってしまったことになります。

 

 

 

 

その時点で、クラスの雰囲気は最悪とまではいかなくてもどんよりとして、

 

 

 

 

 

サボリやだらけ始める人が増えていたので、私はなんとか話しかけてやる気を出してもらおうと頑張っていました。

 

 

 

 

 

そこで気づいたのが、いくら私が話しかけても元々その人がこちらの話を聞いていなければ意味がなかったということです。

 

 

 

 

 

ここで最初に言った協調という言葉を思い出します。

 

 

 

 

 

周りの意見や雰囲気に合わせることだけを協調、協力というのではなく、
向こうの意見にしっかりと向き合うことも大事なのではないか、それこそが強調という言葉の大切な部分ではないかと私は思ったのです。

 

 

 

 

 

そこで私は「頑張ろう」という声掛けをやめて、

 

 

 

 

 

向こうが今考えていることを引き出す方に話し方を変えてみました。

 

 

 

 

 

すると、言いたいことを吐き出せてすっきりしたのか、作業も心なしか速くなっている人が少しずつ出てきました!

 

 

 

 

 

そしてついに完成!私達のクラスでは、「TOY」というテーマから「懐中時計」作りました。

 

 

 

 

 

この懐中時計の取っ手の部分は私がラストの一週間で作ってたところです。

 

 

 

 

 

設計図から考えてた部分なので一番思い入れがあります。

 

 

 

 

 

小坂2 点灯前・取っ手

 

 

 

 

 

小坂3 点灯後・全体

 

 

 

 

 

 

 

 

小坂4 点灯後・取っ手

 

 

 

 

 

完成品を見た瞬間、嬉しさやら疲れやらで走馬灯のようにこの2週間を振り返っていました(笑)

 

 

 

 

 

クラスとして、サブリーダーとして、そしてねぶたの完成度など、正直言って不完全燃焼なところもたくさんあります。

 

 

 

 

 

もちろん、今回テーマとして上げている「協調・協力」以外にも学んだことはたくさんありますし、自分自身も成長できたと思っています。

 

 

 

 

 

これからの生活、授業、そしてまたいつか訪れるグループワークへ向けて、

 

 

 

 

 

もっともっと成長していきたいです!

 

 

 

 

 

気づけてよかった、学べてよかった、ここで終わってしまうなんてもったいない!

 

 

 

 

 

私はこれを糧に、次なるステップへと踏み出してみせます!

 

 

 

 

 

(なんか小説の一部分みたいですね(笑))

 

 

 

 

 

高校生のみなさんも、今からでも人と「協調・協力」していってはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

友達、家族、先生…身近な人に、自分の気持ちを伝え、相手の気持ちを伝えてもらえるような人間になって、目指せムードメーカー!です!

 

 

 

 

 

それでは長々と失礼いたしました!次回の更新もお楽しみにー!

 

 

 

 

 

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。