キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2017年11月29日  イベント

小路晃様に特別講義を行っていただきました!

 

こんにちは。

先週の24日金曜日に、あの「ミスターPRIDE」こと

小路晃様にお越しいただきました!

 

小路様は、総合格闘家として伝説の格闘家イベント「PRIDE」にて全出場選手最多の23回の出場をはたし

「ミスターPRIDE」の異名を持つなど第一線でご活躍されていた方です!

 

現在は、地元富山県にてラーメン店「つけめんえびすこ」を経営されています。

今回はキャリアの目線で、格闘家時代のお話から現在に至るまでのお話をしていただきました!

 

幼少期から柔道をはじめ、全日本学生選手権上位入賞の実力があり、将来は柔道選手または警察官になるものだと周りからは期待されていたそうです。

しかし「世界一強い男になる」という夢から、両親の反対を押し切り総合格闘技の世界を志したのです。

 

つらい練習をこなしプロの格闘家を続けていく日々のなかで、体力に限界を感じ試合に出場させてもらえなかった時、生きる希望を見失ってしまったそうです。

そんなときに1杯のラーメンに生きる希望をもらい、自分もこんな風に誰かに希望を与えられるようなラーメンがつくりたい!という思いから

現在のラーメン店経営に至ったとのことです。

ラーメン屋経営のなかでも苦労は絶えず、その中でもとにかくあきらめず努力を重ねた結果、2号店をオープンするまでになったのです!

 

小路様のお話を聞き、自分が夢を抱いてきたことを実現し、引退したあとも夢を持ち努力をし続ける姿にとても感動しました。

また、小路様の「感謝を忘れない」という姿勢に心打たれました。

 

今まさに夢に向かって努力している学生にとってもすごく良い刺激となったと思います!

小路様、本当にありがとうございました!!

  • LINEで送る

2017年11月24日  イベント

先輩に学ぶ!プレ就活パーティー

 

IMG_9991

 

こんにちは。副手のノブモトです。

 

先日、内定した4年生と3年生が交流する『内定先輩とのプレ就活パーティー』が行われました。
全学科合同でギャルリ・オーブで行われたこの就活パーティーはかなり大規模。

ゲーム・アニメ・広告・出版などなど、業界別に分かれてテーブルに居る先輩の元に3年生が話を聞きに回ります!

 

 

IMG_9926

IMG_9975

 

 

 

アニメ・ゲーム・CG業界を中心に繊維・アパレル系や

映像制作・販売まで幅広い分野に就職した4年生が後輩のために集まってくれました。

 

 

 

IMG_9918

 

実際に内定をもらったポートフォリオなども見せてもらいつつ、

就活にどんな準備が必要なのか・面接はどうだったかなど具体的な経験談に4年生の周りには後輩が沢山。

 

 

あまりにも熱心に聞いてくれる3年生の様子に驚く先輩の姿もありました 笑

 

 

IMG_9946

IMG_9922

IMG_9932

参加した3年生からは、先輩がかなり早くから準備をしていることや、ポートフォリオの完成度の高さに驚いたというコメントがありました。

 

 

活動していた人には結果がちゃんと出ているということが分かります。

 

 

 

今回のパーティーでの経験がきっと今後の就活での励みになってくれることと思います!

  • LINEで送る

2017年11月2日  イベント

ブータン国王の妹、ソナム・デチェン・ワンチュク王女が来校されました!

こんにちは。キャラクターデザイン学科3回生の栗原と水谷です。

 

10/26(木)にブータン国王の妹、ソナム・デチェン・ワンチュク王女が日本のアニメーションに

興味を持たれているということで、学内ギャラリー「ギャルリ・オーブ」で開催中の

「オールテニプリミュージアム in京都」をご覧頂きました。

 

ソナム王女は現在ブータン国営放送でアニメーションの制作を構想されているそうです。

そして、今回の企画にあたって、展示案内をお手伝いしていたきっかけで

私たち2名が王女をご案内する運びとなりました。

ブータン

 

テニスの王子様はどのような年代の方に人気がありますか?という質問に

「中高生から、20代より上の年代の方まで幅広く読まれています」答えると、

「私でも楽しめるかしら」と楽しそうにされていたり、「息子にも楽しめるかしら」とお話されていました。

ブータン2

コミックスの表紙が飾られてる展示場所では、テニスの王子様の歴史の長さと作品の多さに驚かれていました。

ブータン3

展示の最後には学長を中心に写真を撮られていました。

案内の最中には、ワンソース・マルチユースプロジェクトについて

学長自らご説明されているのを隣でお聞きする貴重な時間も過ごすことが出来ました。

ブータン4

その後、案内が進むうちに緊張も解け、自分たちから進んで各所の説明をさせて頂くようになります。

最後には、「あなたたちもこのような人気のキャラクターを生み出すようになるの?」と問いかけられ、

「そうなりたいです」と答えると、

「やりたいではなくやるにしなくてはだめよ」という激励と、握手とともに感謝をいただきました。

ブータン5

始終緊張でいっぱいの案内でしたが、とてもいい経験となりました。

 

 

文・栗原聖美(キャラクターデザイン学科3年)

 

  • LINEで送る

2017年10月25日  イベント

株式会社サイバーエージェント様の特別授業を実施しました!

 

キャラクターデザイン学科の村上です。

1020日(金)に株式会社サイバーエージェント様の特別授業を実施しました。

 

株式会社サイバーエージェント公式HP

https://www.cyberagent.co.jp/

 

アメーバブログやAbemaTVの運営をはじめ、数多くのスマホ用ゲームを生み出した大企業なので、高校生の皆さまもご存知かと思います。

 

さいばー

 

今回の授業内容は「UIデザイン」でした。

ゲームのデザインといえばどうしても花形であるキャラクターデザインが目立ので、キラキラしているし華やかだし憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。

しかーし、今やゲーム会社にデザイナーとして就職をするにはまずUIデザインを理解しておかないと話になりません。

画面を見たときに「どのボタンを押すと何が起こるのか」が分からないと楽しく遊べないですよね。画面の見方が分からずオロオロしている間に敵に攻撃されてゲームオーバー、なんて悲劇としか言いようがありません。

と、すっかり前置きが長くなってしまいましたが、今回はそんな重要なデザインについて、現場のデザイナーの方々に直接伝授していただくという贅沢な授業をしていただきました。

 

授業では、AbemaTVの番組閲覧ページのレイアウトを考え、より多くの人に使いやすいと感じてもらえるインターフェイスを検討するというものでした。

ゲームゼミを中心に、フレッシュな2年生チーム、ベテランの3年生チーム、そして大学院生の混在する年寄りチームに分かれてそれぞれディスカッションを行ない、

触りやすいボタン配置などをミリ単位で設計していきました。

 

 さいばー2

途中段階で一度全てのチームの中間発表を行ない、そこで問題点を指摘した上で修正の方向性について示唆します。

 さいばー3

その後最終発表を行なうのですが、ここでは得点をつけてチーム対抗戦として発表を行ないました。そう、勉強だってゲームなんです。

「初めてこのページを見る人は何を期待するのか」「まず初めにどのボタンに注目させるべきか」「指のサイズも考慮してタップしやすいボタンの位置はどこなのか」など、

様々な角度からの突っ込みが入り、人の感情を誘導する仕組みになるよう的確なアドバイスをいただきました。

 さいばー4

優勝したのは年寄りチーム。既存のデザインに縛られることなく根底から設計を見直した上に、操作するときの感情までも計算している点が高く評価されました。

景品をいただき、学生と企業の方々とで記念撮影!

サイバーエージェントの皆さま、今回は本当にありがとうございました!

 

 さいばー6

 

 

 

  • LINEで送る

2017年10月17日  イベント

株式会社RAYLINE STUDIOの特別講義が行われました!

 

 

こんにちは。

最近は寒暖差が激しく体調管理が難しいですね・・・。

 

10/6(金)3-5限に株式会社RAYLINE STUDIO代表取締役の平本泰三先生と、同じくRAYLINE STUDIO取締役の山形周平先生にお越しいただき特別講義を行っていただきました!

 

IMG_3213
RAYLINE STUDIOでは、CMやゲーム、VRなど、幅広い映像制作をしている会社です。

・株式会社RAYLINE STUDIO HP
http://www.raylinestudio.co.jp/

 

今回の特別講義では主にCGゼミの2.3年生が参加しました!

今後のプロジェクトに向けてのテスト的な意味も含まれているため、内容はとても実践的なものとなりました。

 

まず始めは、缶ジュースをモデリング!

レクチャーするのではなく学生それぞれがどうアプローチするかを見ることで

学生一人一人の能力を知りたいとのことでした。

 IMG_3183

作業中、ネットで調べる学生、実際缶を用意する学生など様々で
モデリングだけでなくどうリアルに見せるかを追求しようと一生懸命な様子でした。

 

合評では、「リアルなものをどう作るか、資料をどれだけ集められるかどうかが大切」ということや、
「実際のサイズを調べずにつくるものはすでにリアルではない」 ということをおっしゃっていました。

確かにそうですね。。リアルを追及するCGだからこそ想像しているだけではいけないのですね!

また、限られた時間内でどうクオリティを上げるかを考えることも重要とのことでした。

 

IMG_3241

 今後のプロジェクトでどのような作品が出来るのか今から楽しみです!

1 2 3 15

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。