キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2017年10月17日  イベント

株式会社RAYLINE STUDIOの特別講義が行われました!

 

 

こんにちは。

最近は寒暖差が激しく体調管理が難しいですね・・・。

 

10/6(金)3-5限に株式会社RAYLINE STUDIO代表取締役の平本泰三先生と、同じくRAYLINE STUDIO取締役の山形周平先生にお越しいただき特別講義を行っていただきました!

 

IMG_3213
RAYLINE STUDIOでは、CMやゲーム、VRなど、幅広い映像制作をしている会社です。

・株式会社RAYLINE STUDIO HP
http://www.raylinestudio.co.jp/

 

今回の特別講義では主にCGゼミの2.3年生が参加しました!

今後のプロジェクトに向けてのテスト的な意味も含まれているため、内容はとても実践的なものとなりました。

 

まず始めは、缶ジュースをモデリング!

レクチャーするのではなく学生それぞれがどうアプローチするかを見ることで

学生一人一人の能力を知りたいとのことでした。

 IMG_3183

作業中、ネットで調べる学生、実際缶を用意する学生など様々で
モデリングだけでなくどうリアルに見せるかを追求しようと一生懸命な様子でした。

 

合評では、「リアルなものをどう作るか、資料をどれだけ集められるかどうかが大切」ということや、
「実際のサイズを調べずにつくるものはすでにリアルではない」 ということをおっしゃっていました。

確かにそうですね。。リアルを追及するCGだからこそ想像しているだけではいけないのですね!

また、限られた時間内でどうクオリティを上げるかを考えることも重要とのことでした。

 

IMG_3241

 今後のプロジェクトでどのような作品が出来るのか今から楽しみです!

  • LINEで送る

2017年10月2日  イベント

卒業制作キックオフミーティングが行われました!

 

こんにちは!副手のコンです。

 

12月には最終合評を控え、

いよいよ卒業制作展まで半年を切りました!

というわけで、25日(月)に卒業制作キックオフミーティングが行われました!

IMG_3164

後期が始まり久しぶりに全員集合した4年生。

卒業制作展に向けて、展示プランやスケジュールの確認がおこなわれました。

 IMG_3168

 

就職活動と卒業制作を平行し、体力的にも精神的にも追い込まれる時期ですが

体調管理をし、悔いのないよう頑張ってほしいです!

 IMG_3171

4年生の取りまとめをしてくれている代議員。左から豊岡くん、田中さん、横山さん、大江さん

これからみんなをひっぱって頑張ってください!!

2017年度卒業制作展は210日(土)からです!

 

  • LINEで送る

2017年9月28日  イベント

ICAF2017へ行ってきました!

こんにちは。

キャラクターデザイン学科アニメーション領域担当の野村です。

 

大型台風が日本を縦断する中、今年も行って来ました ICAF2017

 

ICAF

国立新美術館(乃木坂)

 

ICAF2

ICAF(アイカフと読みます)とは、

Inter College Animation Festival の頭文字を取ってICAFです。

 

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)は、アニメーションを専門的に学べる学校の推薦作品を一堂に集めた、

日本で最初の本格的な学生アニメーションのフェスティバルです。

今回で14回目を迎える本映画祭には、日本全国より28の学校が参加し、各上映プログラムも益々成長を続けています。ここに集結した、

その膨大な作品群を観ることで、現在の学生アニメーションの最新クオリティ、更にその先に展開するアニメーションの未来をも、はっきりと感じて頂けることと思います。 

ようこそ、「学生アニメーションの最前線」へ! 

ICAF TOP Inter College Animation Festival公式サイト – ICAF より抜粋

 

 ICAF3

ROMANCE OF THE TURN」 木村 拓

 

 ICAF4

「うつくしいけだもの」 小川 円

 

ICAF5.jeg

「はたちオバケ」 スタジオおばけ(村井野愛、横山真奈、大川友梨子、白神はる香)

 

 ICAF6

OKANEMAN」 シンヤ コンドウ

 

 ICAF7

「あの日の雨。」 糸川 駿

 

 ICAF8

CHAMELEON」 福島 光瑠

 

 

IMG_2322

作品制作の卒業生たち

 

久しぶりに見た卒業生の作品はどれも丁寧でとても骨太の作品でした。

なにより画面から伝わる「圧」がありました。

初見で観ていただいた観客の皆さんへも伝わったと思います。

(上映終了後、とても大きな拍手が鳴り響いていました)

 

 

ICAF10

司会進行の先生からも、「どの作品もストーリーやドラマがちゃんとありますよね。」と暖かい感想をいただきました。

 

これはキャラクターデザイン学科が大切にしている「伝える」ということが作品を通して表現出来ていると実感しました。

 

ストーリーやドラマが必ずしも必要な訳ではなく、作品に込めた想いやメッセージを伝えるためにストーリーやドラマが必要であるということは、在学中に繰り返し学び、挑んできたことです。

 

それが作品から伝わったということは制作者冥利につきると思います。

 

「伝える」「共有する」ということは卒業してからも考えなければいけないことです。

ICAF11

 

出品者以外の先輩たちも駆けつけてくれました。

 

卒業生のみんなはそれぞれの職場で期待されながら頑張っています。なぜ期待されているかというと、彼ら彼女たちが、4年間の学びの中で「考える力」を身につけたからです。指示待ちではなく、自分で考えて仕事に取り組んでいるからです。

 

先輩たちを追いかけて在校生たちは今現在、作品制作に励んでいます。先輩たちが行わなかった新しいことに挑戦している学生もいます。

 

受け継ぐモノと更に新しくするモノ。

 

今回の作品群はキャラクターデザイン学科アニメーション領域のカラーが明確に見えたと感じています。 

 

今度はどんな作品を見せてくれるのか?来年のICAFも今から楽しみです。

ICAF12

3回生 学科展 出品作品イメージボード

 

以下の日程で、順次、巡回展を開催します。

是非、足をお運びご覧ください。

 

▼北海道上映:11月2日(木)- 5日(日)会場:新千歳空港国際アニメーション映画祭2017内

▼金沢上映 :11月10日(金)11日(土)会場:金沢21世紀美術館予定

▼京都上映 :11月17日(金)- 19日(日)Kino Vision2017にて

▼広島上映 :11月23日(木)会場:横川シネマ予定

▼名古屋上映:11月下旬  会場:愛知芸術文化センター予定

▼大阪上映 :12月上旬  会場:ナレッジキャピタル ザラボ予定

  • LINEで送る

2017年9月16日  イベント

爪生山祭開催中です!

爪生山祭・ホームカミングデーはじまります!

 

こんにちは。副手のコンです。

いよいよ本日から爪生山祭2017&オープンキャンパスが開催されます。

台風の影響で17日の開催が中止になる恐れがあるため、18日(月・祝)にオープンキャンパスの追加開催が決定いたしました!

 受験生のみなさまは、ぜひ気軽にお越しください!人間館2階には教員相談ブースもあります!

 

キャラクターデザイン学科では、3年生が人間館3階のNA301教室とNA306a教室にて

学科展を開催しております。

今日の午前中にようやく搬入が終わり、お昼からは4回生を招いての内覧会が行われました!

 IMG_5187

搬入の様子。

IMG_5216

搬入の様子。

 

 IMG_5292

4年生内覧会の様子。

 IMG_5303

4年生内覧会の様子。

 

NA301教室では、アニメーションゼミ・イラストゼミ・ゲームゼミ・CGゼミの学生作品が展示されております!

NA306a教室では、グラフィックゼミ・プロデュースゼミの展示が行われています!

IMG_5247 IMG_5288

どのゼミも真剣に取り組み、制作した作品ばかりなのでぜひ!足を運んでみてください!

 

 

また、学科対抗の模擬店「フードコロシアム」では揚げアイスを販売しております!

キャラクターデザイン学科の学生が心をこめて接客・販売いたしますのでぜひご賞味ください!

 

さらに、17日(日)には「学校法人 瓜生山学園 ホームカミングデー2017」が同時開催されます!

ホームカミングデーでは、式典のほかにもワクワクするイベントや懇親会を企画しています。卒業生のみなさん!ぜひ足を運んでくださいね。

 

・爪生山祭公式HPこちら

・オープンキャンパスHPこちら

・ホームカミングデーHPこちら

  • LINEで送る

2017年9月5日  イベント

台湾漫画博覧会、行ってきました!

 

こんにちは、キャラクターデザイン学科1年生の村上です。

だんだんと涼しくなり秋を感じますね!皆さん今年の夏は満喫しましたか?

 

私はと言うと8日から15日までの間を台湾で過ごしてきました。

キャラクターデザイン学科、マンガ学科合同の研修旅行です!

たいわん

台北101

旅の目的は810日~14日に開催される台湾版コミケ「台湾漫画博覧会」に京造ブースとして出展すること。

京造ブースでは学生の作ったTシャツやトートバッグなどのグッズの他に、日本らしいおみくじやその場で描いてもらえる似顔絵なども売ります。

たいわん2

たいわん3 たいわん4

日本の常識や日本語があまり通じない世界でどうやってものを売ったり、人とコミュニケーションをとったりするかが一番重要なところ。

通訳してくれた方々や現地のスタッフさんのおかげでなんとかたくさんのものを売ることができましたし、

たいわん5

たいわん6

みんな笑顔で訪れて帰っていってくれるのが何より嬉しかったです!

 

 

たいわん9

そしてみんながびっくりしたゲスト。ガチャピンとムック。

 

漫画博の他にも現地の芸大、実践大学にお邪魔させていただいて、学生作品や学校内を見せてもらったり、

 

いい天気の中、台湾らしいところを見て回ったりしました。

 たいわん7

夏の間の1週間、充実した台湾研修旅行でした。

いろんなことを考えて、美味しいもの食べて、たくさん絵を描いて当然疲れたけど、行ってよかった!

 たいわん8

でも台湾はとても暑かったです 犬もバテバテ

 

それでは!

 

1 2 3 15

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。