映画学科

2013年6月

  • LINEで送る

2013年6月29日  授業風景

映画演技I(山本先生) ボクササイズ

今期からスタートした俳優コース授業「映画演技I」は、俳優コース長の水上先生と映画学科の監督たちが共同で行う、という新しい授業です。

6月13日~27日までの3回は山本起也監督がご担当され、

映画学科がある高原校舎からほど近い「ラクスイボクシングジム」で、ボクササイズの授業が行われました。

 

DSCF0336

(リングの上には、ラクスイジムの森田さん。楽しく熱心にご指導いただきました。)

 

ボクササイズは、ボクシングのトレーニング要素を取り入れたエクササイズです。

音楽に合わせてリズミカルにダンスしているようで、

みんなとっても楽しそうですが、これはかなりのハードワークです。

 

DSCF0362DSCF0356

DSCF0338

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンドバッグを打ち込んだり、2人1組でスパーリングしたり。

学生たちの動きもだんだんサマになってきました。

 

DSCF0389

DSCF0375

 

 

みんな真剣に取り組んでいます。

 

DSCF0381

DSCF0388

 

最後は、仮想の敵を作って、1人1分間ずつサンドバッグを打ち込む、という

怒濤の数分間が待っていました。

 

自分の番を待つあいだ、必死で連打を続ける友達にみんなでエールを送り続けます。

こういう仲間を盛り上げるチームワークは、俳優コースの良さですね。

 

DSCF0397

 

「いけー!」「たおせ、たおせ!」「叫べー!」

大声援と熱気に包まれながら、無事に授業は終了しました。

 

 

ところで、なぜボクササイズなのか?

無名のボクサーを6年間追ったドキュメンタリー映画『ジム』を監督され、

ご自身もボクシングで鍛えられている山本先生には、こんな意図があったようです。

 

「僕は俳優志望の学生たちに演技指導のようなことをする自信も引き出しもありません。

代わりに、今の俳優コースを見ていて思うところがあり、

「ボクシングのサンドバッグを一分間連打する」という課題を設定しました。

俳優志望なのに体を鍛えたり何かひとつのことを修得するために訓練をしたり、といったことに淡泊な学生たちに、

頭の中が真っ白になるまでサンドバッグを打たせてみたかったのです。

先々週の第一回目の授業でいきなりサンドバッグを打たされ青息吐息だった学生たちですが、

三回目の今日は実に生き生きとサンドバッグを叩きまくっていました。

こんなにいい表情をするなら、毎週やるのも悪くはないな、とすら思った次第です。」

 

 

本当にみんなとっても良い表情をしていますよね!

 

DSCF0407

 

 

  • LINEで送る

2013年6月27日  授業風景

映画I A/B 合同授業 栢野直樹先生 特別講義

 

3回生映画ゼミの授業にて、特別講師として栢野(かやの)直樹先生をお迎えしました。

先生は『Shall we ダンス?』や『火々』『宇宙兄弟』等、様々な映画で撮影監督(カメラマン)を

つとめられています。

 

DSCF0455アップ

 

映画ゼミの授業では、学生たちが1本の作品を1年かけて企画、撮影、編集まで行います。

 

先生は、ご自身が映画に目覚めたきっかけから、フィルムからデジタルへ変わりつつある現在の撮影現場の状況まで

様々なお話しをされていました。

 

DSCF0443教員全体

DSCF0432学生から質問

 

学生からも「カメラマンは脚本のどこに注目して読むのか」「光の捉え方やカメラの特性について」等、

これからの撮影に向けて実践的な質問をぶつけていました。

 

 

撮影監督として、先生から学生たちへ

「映画を観て、例えば『光がいい』と思ったら次はその『光』に注目して何度も映画を観る。

できれば映画館で何度も観てほしい。

DVD等ではストーリーを追うことはできても、やはり映像の繊細な部分までは再現できないから」

 

DSCF0477質問に答える

 

学生たちのゼミ作品がどんな仕上がりになるか、これからが楽しみです。

 

DSCF0485全体下手から

 

 

 

  • LINEで送る

2013年6月21日  ニュース

新世紀映画『彌勒 MIROKU』下鴨神社にて奉納上映

 

先日、京都・下鴨神社にて北白川派第4弾作品『彌勒 MIROKU』の「奉納上映」が行われました。

 

彌勒下鴨0164

 

世界遺産の下鴨神社で”神様に向けて映画を上映する”という、おそらく初の試み。

上映に先立ち行われた記者会見で、林海象監督は今回の上映会について

 

彌勒下鴨0170

 

 

「神様は、神楽はご覧になっている。つまり音楽と舞踊に関しては、長い歴史のなかで精通されている。
しかし生まれてまだ120年しか経ってない映画に関しては、ご覧になったことはないのではないか?
だったら、神様に向けて映画を上映し、神様に映画を観ていただき、映画を楽しんで頂きたい。
私たちの身勝手な願いは唯それだけです。」

 

と語りました。

 

DSCF0204

DSCF0192

 

記者会見には林監督に加え、主演の永瀬正敏さん、同じく主演で主役の少年時代をつとめた

当学科卒業生の土村芳(かほ)さん、少年時代の友人達を演じた当学科俳優コースの中里宏美さん、
土居志央梨さん、水本佳奈子さん、そして在学生・卒業生らによる本作の配給・宣伝チーム
『ミロク革命社』のリーダー・片岡大樹さんも列席。

 

DSCF0227

 

 

上映に先駆けて、神社の本殿内にて「奉告祭」も執り行われました。

 

本殿へ上がる前に手を清めています

本殿へ上がる前に手を清めています

 

DSCF0259

DSCF0266

 

 

…陽が落ちるのを待ち、いよいよ上映です。

 

CA3G0058

CA3G0063

 

神様のご利益のおかげでしょうか、大きな事故もなく「奉納上映」は無事終了しました。

皆さんお疲れさまでした!

 

京都を皮切りに、間もなく一般公開も始まります。

新世紀映画『彌勒 MIROKU』を是非 ”体験” してください!!

 

●『彌勒 MIROKU』HPはこちら

 

DSCF0280

DSCF0270

DSCF0288

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年6月20日  イベント

「レジェンド・オブ・企画」第8弾『散歩する侵略者』公演

 

映画学科の学生有志が結成した演劇集団「レジェンド・オブ・企画」

舞台公演 第8弾『散歩する侵略者』のお知らせです。

レジェンド 散歩する侵略者
—————————————————
      レジェンドオブ企画vol.8

 

          「散歩する侵略者」
—————————————————
【脚本】   前川知大
【演出】 杉田一起【出演】   望月卓哉

                  久保田賢子
                  小木曽誠
                  有田衣李
北川大佑
野島健矢
畠田楓子
福井貴大
米川 幸 リオン
松本大地
【スタッフ】
演出助手:竹内敦子
照明:中田未夢
音響:大原彩香
制作:吉田七生
美術:石川栄一、原田百華
宣伝美術:楢崎晃子
稽古場付:石倉直実 越智健太 川口果恋
【公演日時】
2013年6月
22日(土) 13:0017:00
23日(日) 14:00*受付・会場は各回の30分前です。
*演出の都合上、開演後の入場を制限させて頂く場合がございます。
*本公演は、予約優先となっております。

 

【会場】
京都造形芸術大学高原校舎Aスタジオ

〒606-8242
京都市左京区田中高原町25

 

【料金】カンパ制

 

【予約方法】

 invader_takeawalk@yahoo.co.jpに以     下の内容を明記の上、ご予約下さい。
こちらの返信をもって受付完了と致します。
1.お名前(フリガナ)
2.観劇日時
3.枚数
4.電話番号(代表者)

 

【お問い合わせ】   kszgkt@yahoo.co.jp

 

【Twitter】 @LegendOfKikaku—————————————————

  侵   略   者   は  す  ぐ  そ  ば  に  、、
  • LINEで送る

2013年6月17日  ニュース

祝!『カミハテ商店』アルマティ国際映画祭 最優秀作品賞受賞!!

北白川派第3弾作品『カミハテ商店』が第11回アルマティ国際映画祭(カザフスタン)にて、長編劇映画デビュー部門のコンペティションに選出され、主演の高橋惠子さん、山本起也監督が映画祭に参加しました。

 

アルマティ

 

 

アルマティ国際映画祭は若手クリエーターの活動を支援し、機会を提供することを目的にした映画祭。

今回ドイツ、スペイン、イタリア、中国など32ヵ国、合計980本の中から選ばれた55本の作品が賞を競いました。

コンペティション部門では、デビュー部門、若手部門、学生部門、アニメーション部門があり、

『カミハテ商店』はデビュー部門の6作品の中、見事、長編劇映画部門 最優秀作品賞を受賞しました。

 

授賞式の山本起也監督

授賞式の山本起也監督

 

 

左から:山本興子[山本監督の奥様]、山本起也監督、Javed Jafri[インターナショナルコンぺ審査員:インドの俳優/監督/歌手]、野口知徳[プロデューサー]

左から:山本興子[山本監督の奥様]、山本起也監督、Javed Jafri[インターナショナルコンぺ審査員:インドの俳優/監督/歌手]、野口知徳[プロデューサー]

山本監督、キャスト・スタッフの皆さん おめでとうございました!

 

『カミハテ商店』オフィシャル・サイト

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。