Home > 在学生専用サイト > 学校感染症対応

学校感染症に感染したとき、または感染が疑われる時の対応について

感染の拡大を防ぐために、学校保健安全法で定められた学校感染症に罹患した場合は、登校停止となります。
以下の感染症に罹患あるいは罹患の疑いがある場合は、登校せずに医療機関で医師の診断を受け、受診結果を所属学科に連絡し指示を受けてください。
尚、治療後登校するには、診断を受けた医療機関による「登校許可証明書」の提出が必要です。登校許可証明書は学科・研究室より交付されます。

●学校保健安全法による学校感染症

インフルエンザ 風疹(三日ばしか) コレラ パラチフス
百日咳 水痘(みずぼうそう) 細菌性赤痢 流行性角結膜炎
麻疹(はしか) 咽頭結膜熱(プール熱) 腸管出血性大腸菌感染症 急性出血性結膜炎
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 結核 髄膜炎菌性髄膜炎 腸チフス
その他の感染症