< 総合型選抜 >
体験授業型選抜Ⅱ期

体験授業型選抜とは

あなたの志望するコースの授業を実際に受講する体験授業型の入学試験。
授業の中で出される課題に取り組むプロセスを通して、あなたの可能性を評価する入試です。

1入学後の自分をイメージできる

13学科23コースそれぞれが特色ある授業を開講。
4年間指導する教員が授業を担当するため、未来の自分をイメージしながら体験授業を受けられます。

2体験授業を受けてからコースを選べる

体験授業型選抜Ⅱ期は2つのコースまで併願が可能。授業を通して大学やコースの学びを深く理解してから出願するコースを選べます。

3本格的な体験授業を無料で受けられる

体験授業は無料で受講できます。未経験者でも先生のアドバイスを活かしながら専門分野を基礎から学びます。
授業を通して成長できる入試です。

体験授業型選抜の募集定員について

京都芸術大学のディプロマ・ポリシー、カリキュラムポリシー、アドミッション・ポリシーでもお伝えしているように、本学では「芸術を学ぶ意欲と社会貢献をめざす高い使命感をもった学生」を求める学生像および入学者選抜の基本方針と定めています。
それに最も適した入学試験が、 体験授業型選抜 (I期· II期)であると考え募集定員を設定しています。
志願者が希望コースの授業を受け、課題に取り組む過程で学科の教育方針を理解するとともに、時間をかけて総合的に評価を受ける内容であることから、本学では募集定員のうち60%を本入学試験により選抜する方針と定めています。

体験授業型選抜の募集定員について

京都芸術大学のディプロマ・ポリシー、カリキュラムポリシー、アドミッション・ポリシーでもお伝えしているように、本学では「芸術を学ぶ意欲と社会貢献をめざす高い使命感をもった学生」を求める学生像および入学者選抜の基本方針と定めています。
それに最も適した入学試験が、 体験授業型選抜 (I期· II期)であると考え募集定員を設定しています。
志願者が希望コースの授業を受け、課題に取り組む過程で学科の教育方針を理解するとともに、時間をかけて総合的に評価を受ける内容であることから、本学では募集定員のうち60%を本入学試験により選抜する方針と定めています。

エントリーはWEBで簡単

体験授業のエントリーはスマートフォン・タブレット・パソコンから、簡単にエントリーが可能です。

WEBエントリーのメリット

  • 24時間エントリーができる

    エントリー期間中、ネット環境のある場所なら24時間いつでも、どこでもエントリーが可能です。

  • 書き間違いがなく安心

    志望学科・コースや日程などの選択間違いや必要情報の不備は確認画面でチェックできるから安心です。

  • 願書の取り寄せが不要

    エントリー申込締切日の直前に急いでエントリー書類を請求する必要はありません。

WEBエントリー(無料)

体験授業型選抜Ⅱ期 実施の流れ

1コースをえらぶ

13学科23コースがそれぞれ特色ある体験授業を開講。
体験授業内容は以下からご確認ください。

体験授業内容はこちらから

2エントリーする10/4(月)まで

最大2コースまで併願が可能。
エントリーはWEBで行います。

3体験授業を受ける

大学生になったつもりで希望コースの本格的な体験授業を受講。
多くの気づきや発見に出会えるはずです。

4エントリー結果発表10/15(金)

10:00に大学WEBサイトにてエントリー結果を発表します。

13学科23コース
体験授業の内容

美術工芸学科

  • 基礎美術コース
    写しと見立て 名作をリサーチしてオリジナル作品を描こう!
    日本では過去の作品を参照して次の時代の作品を生み出すことが多くありました。それらの伝統的な技法は「写し」や「見立て」と呼ばれていました。この授業では過去の名作をリサーチして新しい作品を作る方法を学びます。芸術大学での制作はただ単に好きな作品を作るのではなく、その作品が生まれてきた根拠が問われます。リサーチ→プランニング→制作という、大学での作品制作のプロセスを一足先に体験してください。

    エントリーする

  • 日本画コース
    鉛筆を極める
    モノには、その形だけでなく、硬い・柔らかい、デコボコ・ツルツルといった表情があります。それらを表現するためには、鉛筆の使い方を限定することはありません。とがった芯で細い線を引く、長く削り出した芯で広く塗る。芯の削り方を変えるだけでも表現に幅が生まれます。どの硬さ(柔らかさ)の鉛筆を、どう削り、どう使えば、対象物を表現することができるのか。よく観察して考え、鉛筆の可能性を引き出していきます。

    エントリーする

  • 油画コース
    挑戦したい描画材・支持体で静物を描こう
    静物をモチーフに、感じたこと・観察しながら気付いたことを表現します。構図とかたち、トーンのバランスを探りながら自分の気付きや感動を絵にしてみましょう。油彩、アクリル、デッサンから自分の挑戦したい描画材・支持体の組み合わせを選択して描きます。制作ポイントも伝えますので、これまでの制作経験が少なくても心配はいりません。作品講評を受け、今後の課題や目標につなげましょう。

    エントリーする

  • 写真・映像コース
    イメージと言葉
    写真は、「一枚の写真だけで見る」「複数の写真をセットで見る」「言葉とのセットで見る」では、鑑賞者の受け取るイメージが大きく異なります。私達は写真をどのように見ているのかについて一緒に考えた後、写真から得る印象と言葉の関係を探るワークショップを行います。言葉を組み合わせることによってイメージがどう呼び起こされていくのか、また言葉を駆使してイメージをどう捉えるのかを考えます。

    エントリーする

  • 染織テキスタイルコース
    色と形に触れる友禅染め体験
    染めや織り、その他のテキスタイルの技法を使ったさまざまな表現の作品には必ず素材や技法にこだわりが含まれています。今回はシンプルな形の型紙を用いて、友禅染めを体験します。技法と色や形の組み合わせにより、無限に広がる染めの世界を知り、京都で染めを学ぶおもしろさを感じてください。知識や技術を身に付けると同時に、柔軟に考える力も育てる本コースの学びを体験することができます。

    エントリーする

  • 総合造形コース
    あなただけの花を作ろう!
    今のあなたの内面を花にするなら、どんな花が咲いていますか?親への感謝の気持ちを表すためのカーネーションかもしれません。この世には存在しない自分だけの花が咲いているかもしれません。その自分の内面にある花を他者に見せるために、限られた材料で形にしていくことに挑戦します。さらに自分の気持ちを伝えるためには、完成した作品の展示の仕方にも工夫が必要です。制作だけでなく展示空間と展示方法も考える授業です。

    エントリーする

マンガ学科

  • マンガコース
    いつでもどこでもできるネタ集め実践法!
    通学途中や休日の街中など、マンガのネタは至るところに溢れています。観察の方法を覚えることで、見える世界が変わります。レクチャーを受けた後、マンガづくりのネタを集めるため学内を散策し、スケッチを行います。そこで見たこと、感じたことをもとに、マンガかイラストのどちらかの形で表現します。独創的な発想も、まずは観察から。ネタを掴む極意を体験しましょう。

    エントリーする

キャラクターデザイン学科

  • キャラクターデザインコース
    モチーフをキャラクターにしてみよう②
    I期と同じく、提示されたモチーフからイメージを膨らませてキャラクターを創造し、ストーリーや背景を感じさせるイラストを制作します。異なるモチーフに取り組むだけで、その発想の過程は大きく変わります。イラストを完成させるまでの作業工程を学び、制作時の対話などから表現力・発想力・コミュニケーション力を総合的に評価していきます。

    エントリーする

情報デザイン学科

  • ビジュアルコミュニケーションデザインコース
    テーマを探し、伝えるロゴタイプデザイン
    日常のなかにある「もの」や「こと」に注目し、その印象(イメージ)を具体的に視覚展開させ、ロゴタイプへと発展させます。まずデザイン制作の基礎となる文字や図形、色などについての授業を受け、アイデアづくりに向けたリサーチとスケッチを行います。そしてグループでの意見交換や教員のアドバイスをもとに、オリジナルのロゴタイプを制作します。基礎から多様に展開するデザインの奥深さ、それらを他者へと伝えることの楽しさを学びましょう。

    エントリーする

  • イラストレーションコース
    「フィット」するイラストレーション②
    この授業では「本の表紙」をデザインします。本といっても絵本や小説、雑誌、図鑑、カタログなど、ターゲットやストーリー・内容によってイラストの描き方はさまざまです。いくつかの本の「タイトル」からストーリー・内容を考え、この本の表紙としてピタッと「フィット」するイラストレーションを一緒に考えましょう。具体から抽象という「表現の幅」を通して、多様なジャンルに対して適切な表現を選択することがポイントです。

    エントリーする

  • クロステックデザインコース
    誰かが困っている課題を見つけて、あなたが考える解決策を提案
    社会を見渡すと、「これはどうしたらいい?」と困っている人たちがたくさんいます。世の中にある課題を解決できれば、そこには仕事が生まれます。どのように課題の原因を見つけ、どのようにアイデアを形にすればいいのか考えてみましょう。大切なことは、課題の原因は一つではないこと。そして、そのアイデアを実現するには何を使えばいいかということです。頭の中で考えていることを、どうアウトプットするか。他者への伝え方も工夫して提案していきます。

    エントリーする

プロダクトデザイン学科

  • プロダクトデザインコース
    道具と使う人の関係性をデザインするワークショップ②
    プロのデザイナーの仕事や考え方を、実際に体験してみます。最初は、道具と使う人の関係性を考え、身近なものをデザインします。そしてペーパーモデルなどを作り、実際にそれらを使ってみて改良していくことを体験します。「観察→アイデア→試作→検証」を学ぶ授業です。入試を受けつつ、プロダクトデザインの学びの根本を体験することができます。

    エントリーする

空間演出デザイン学科

  • 空間デザインコース
    ソーシャルデザイン入門② わがまちショップ
    社会をよりよく変えていくデザインに取り組みます。地域には人がまだ気づいていない魅力もあり、それをうまく活かすためのデザインが必要です。レクチャーと考察、作品制作、発表というデザインの基本過程を学び、「自分の視点」でわがまちの魅力を発見して、それをアピールできるショップを空間作品として制作します。まちの特色を空間で伝えるためのストーリーづくりが、人を感動させ、身近な社会の変化を生む決め手となることを学びます。

    エントリーする

  • ファッションデザインコース
    ファッションデザイン入門 地域の特性を活かしたファッション②
    自分が毎日過ごす場所はいつも見ている分、何もなさそうに感じてしまいます。しかし、よく見直してみると必ず魅力になる部分があります。その魅力を起点として、さまざまな紙を素材としたファッションアイテムとして再構築してみましょう。アイデアによって地域社会がどのように変わっていくかを教員との対話から想像していきます。ファッション領域の幅広さを感じてください。

    エントリーする

環境デザイン学科

  • 建築・インテリア・環境デザインコース
    あたり(辺り)の造形
    環境はさまざまな大きさ小ささから成り立っています。大学敷地内で自然物を収集しそのスケール(縮尺)や属性を各自が自由に見立て、そのモノの周辺空間と人との関係を与えられた素材で表現します。難しそうに見えますが、さまざまな縮尺の人型模型を切り出して使用してもらいますので、自分がその人型の大きさになって想像すればきっといろいろなことが思い描けます。みなさんの想像力に期待します。

    エントリーする

映画学科

  • 映画製作コース
    映画のおもしろさを見つけて魅力を伝える
    前半は短い映画を観て、その作品の中にある仕掛けやおもしろさを発見する批評の授業を行います。後半には、この映画の宣伝フライヤーをつくります。作品の面白さはどこにあるのか?キーになるカットを抜き出し、他者に映画を紹介するのにふさわしい言葉を考えます。写真と文字を組み合わせて、「観たい!」と思わせるカタチを目指します。

    エントリーする

  • 俳優コース
    シナリオから紐解く映画演技
    シナリオをもとにして映画(映像)演技の実践を行います。前半はシナリオの仕組みや面白みを知るための脚本読解を行いながら物語を理解し、演技の思考と発想を探ります。後半は、共演者と一緒に演技を発表します。自分だけでなく共演する他者の気持ちや間合いなども探りながら、想像をカタチにしていきます。

    エントリーする

舞台芸術学科

  • 演技・演出コース
    「俳優の仕事」を体験しよう!シェイクスピア編
    演劇やミュージカルの俳優として必要な発声や身体表現、感情表現、相手役とのコミュニケーションなどの基礎エクササイズを体験します。そして、シェイクスピア劇をモチーフに等身大以上の役の演じ方や詩的な台詞の表現方法などを学び、台本の一場面を演じることにつなげていきます。一日の最後には、舞台デザインコースと合同で「舞台芸術とは何か?」を考えるワークショップを実施します。

    エントリーする

  • 舞台デザインコース
    舞台模型の作成に挑戦!
    モチーフを読み解き、自由に舞台空間をイメージしてミニチュア(模型)の作成に挑戦する授業を行います。まず個人での作成にチャレンジした後、自分のプランをみんなの前で発表します。発表をふまえて新たな舞台模型をグループで製作します。実際の舞台創作現場で行われる創作過程を通して舞台ならではの協働を体験します。一日の最後には演技・演出コースと合同で「舞台芸術とは何か?」を考えるワークショップを実施します。

    エントリーする

文芸表現学科

  • クリエイティブ・ライティングコース
    ことばの世界を広げよう②
    II期の体験授業でもI期に引き続き、「ことば」を使った表現について学びます。文章を読む、書くだけではなく、講義などを通して、本コースでの学びがどのように自分の文章力を発展させてくれるかを実感してください。それと同時に、あなたのことばの世界に対する興味を広げてください。

    エントリーする

アートプロデュース学科

  • アートプロデュースコース
    「みる」から「魅せる」アートプロデュース②
    作品や物事のみる目を養う授業や、新たな価値や意味を生み出す形にまとめあげる授業を行います。本コースについての理解を深めるとともに、作品や他者とのコミュニケーションを通して、自分たちの「ものの見方」についての理解を深めます。受講後には、今までとは「ものの見方」が変わった自分に出会えます。

    エントリーする

こども芸術学科

  • こども芸術コース
    こどもが遊びを発見する「遊具」を構想する
    大人にとっては見慣れた平凡な場所でも、こどもはそこでワクワクしながら何かを発見し、次々と新しいあそびを創造していきます。あなたもこどもになったつもりで瓜生山キャンパスを探検し、遊びを発見、創造してみましょう。そこで得た遊びのアイデアをもとに、こどもにとって魅力的な遊具を構想し、カタチにします。構想した遊具をみんなの前で発表し、アイデアを共有します。

    エントリーする

歴史遺産学科

  • 文化財保存修復・歴史文化コース
    下張り文書の調査体験 ─古文書を発掘
    襖や屏風は、木の骨組みに紙を貼ったパネルでできています。紙が貴重であった昔は、反故紙(廃棄された古文書など)が使われる事が多く、それを丁寧にめくっていくと当時の事がわかる古文書が出てくる事も少なくありません。土を掘らないまでも、まさに発掘です。この体験を通じて襖や屏風の構造を理解するとともに未知の古文書との出会いを体験します。

    エントリーする

体験授業型選抜Ⅱ期
さらに詳しい情報はこちら

ご不明な点はこちらまで
お気軽にお問い合わせください

0120-591-200

京都芸術大学 アドミッション・オフィス
月〜土 / 9:00〜17:30

INFORMATION

PAGETOP

Copyright© Kyoto University of the Arts All Rights Reserved.