マンガ学科

ニュース

  • LINEで送る

2021年2月22日  ニュース

6期生 PN.柿ミツキさん読み切り掲載!

みなさんこんにちは!

6期生 PN.柿ミツキさんが現在発売中の「別冊フレンド」3月号、付属冊子「ベツフレネクスト」に読切作品が掲載されています!

12

タイトルは『さくらの季節が過ぎても』

もうすぐ春がやってくるこの時期にぴったりですね!

ブログ用

10年以上一緒に過ごしてきたおさななじみの千鶴と右京。

卒業間際の告白ラッシュであふれかえる学校内。

ずっとただのおさななじみだと思っていた右京から「千鶴のことが好きだ」と言われ…。

 

距離が近すぎて恋愛対象として見ていなかった、というところから始まるラブストーリーに

もだもだしつつも2人のことを見守りたくなること間違いなしです!

 

どんどん面白さが磨かれていく柿ミツキさんの次回作にも期待しています!

頑張ってください!!

 

 

 

  • LINEで送る

2021年2月18日  ニュース

2年生PN.ソラマさんが新人賞にて入選!

みなさんこんにちは!

 

2年生PN.ソラマさんが現在発売中の「ゲッサン」3月号にて新人賞に入選しました!

おめでとうございます!

01

02

ソラマさんならではの世界観が評価されているようです!

画力も高く評価されていますね。

 

デビューもそう遠くはなさそうです!

これからもがんばってください!

  • LINEで送る

2021年2月17日  ニュース

3期生 PN.松尾あきくん新連載開始!

3期生PN.松尾あきくんが現在発売中の「別冊少年チャンピオン」にて

新連載を開始しました!おめでとうございます!

 

タイトルは『きみのご冥福なんていのらない』です。

1

ブログ用

巻頭カラーページもあるので、ぜひ購入して読んでみてください!

 

新連載はラブコメディーとのこと!

『龍神かごめちゃん』もとても面白かったので、

表紙に載っている2人が一体どんな物語を繰り広げていくのか楽しみですね!

 

これからも松尾あきくんの応援よろしくお願いします!

 

 

 

  • LINEで送る

2021年2月16日  ニュース

3年生PN.河原夏翔くんが佳作を受賞!!

みなさんこんにちは!

3年生PN.河原夏翔くんの作品が現在発売中の「月刊少年マガジン」3月号にて佳作を受賞しました!

おめでとうございます!

01

02

人物描写、感情を伝える工夫について評価されています!

設定やサブキャラの描写、演出など細かな部分も高評価のようです。

イラストカットからもキャラクターデザインの個性が出ていて本編が気になりますね!

 

受賞した『さとりちゃんのさとり』は、現在発売中の電子雑誌「少年マガジンR」2021年2号にて掲載中です!

▼試し読みも可能なので、是非読んでみてくださいね!

「少年マガジンR」

 

受賞を少しずつ重ねてきた河原夏くん!

今後も注目ですね!がんばってください!

  • LINEで送る

2021年2月15日  ニュース

1期生 PN.ぼてまるさん、「なかよし」3月号少女まんが入門コーナー担当!

「なかよし」にてデビューが決定した1期生 PN.ぼてまるさんが

今月発売の「なかよし」3月号に掲載されている、

まんが講座『少女まんが入門 はじめの一歩』にて講師を担当されています!

page-0001

少女マンガを描いてみたいけれど、どうやって描けばいいかわからない!というなかよし読者のための講座で、

毎月デビューしたばかりのマンガ家さんが講師を担当しているとのこと!

ぼてまるさんは仕上げの作業を丁寧に解説してくれています!

ブログ用

とてもわかりやすいですね!!

ぼてまるさんはアナログとデジタル両方を取り入れているので、

こういったやり方もあるのだなと参考になる人は多いのではないでしょうか!

 

学科のラウンジに置いてあるので、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

1 2 3 69

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。