マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2020年6月19日  授業風景

「アナログマンガ技法I」授業紹介&オンライン相談会ご案内!

みなさんこんにちは!

 

在学生サイトや学科からご案内を送っていますが、来週より順次学年別登校可能日を設けております!

(※登校可能日は任意のものです。)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、長らく学生のみなさんは大学に登校できていなかったので

久しぶりの大学は新鮮に感じるのではないでしょうか?

また、1年生は初めての大学登校になる人もいるでしょう。

 

なのでいざ大学に来るときに緊張しないように、

今回は1年生の授業の1つ「アナログマンガ技法I」の授業紹介をしたいと思います!

2018写真

この授業は1年生の必修授業のうちの1つで、マンガを描く上で必要になるペンの使い方、

線やカケアミの描き方、トーンの使い方などを学びます。

近年ではパソコンを使ってデジタルでのマンガ制作が普及していますが、

マンガ学科では実際にペンとインクを使って手で描くことを重視しています!

デジタルで描くことはとても便利ですが、まずは基礎をしっかりと身につけておくことが大切です!

 

 

そして、「アナログマンガ技法I」を担当しているのは細井雄二先生!

プロのマンガ家として培ってきた確かな技術を教えてくれます!

IMG_2914

オンライン上で授業を行っているので実際に描いたりする授業はなかなか伝え辛いですが、

手元を映すカメラを使い授業を行っております!

(余談ですが4週目まではwebカメラの映りが安定せず、毎週変えていました…。)

 

 

この日はトーンについての授業でした。

トーンはマンガの仕上げに欠かせないアイテムです!

これがあるとお話の印象も大きく変わるので、使いこなせるようになりたいですね!

IMG_2915

先生が実際にお手本を見せてくれています。

IMG_2947

トーンは削ることで濃淡を表現することもできます!

先生の鮮やかな手つきは画面越しのみなさんに伝わっていることと思います!

IMG_2958

こういった基礎は練習あるのみ!なので、みなさんも授業中にドンドンやっていきましょう!

 

授業紹介は以上となります。なんとなく雰囲気は伝わったでしょうか?

在宅で授業を行っている先生が多いので、全ての授業風景を紹介することができませんが

チャンスがあれば今後も紹介していきたいと思います!

 

 

————————-

【6月21日(日)教員相談会のお知らせ】

今週の日曜日に受験生向けのオンライン相談会が開催されます!

オンライン相談会
授業ではどんなことをするの?コースの雰囲気は?受験に向けてどんなことをすればいい?学生はどんなところに就職しているの?など

気になる疑問を直接学科の先生に質問することができます!

 

当日は、オンライン会議ツール「zoom」を使用する公開質疑応答形式による相談会となり、

チャット機能を使って気軽に疑問や悩みを相談することができますよ!

※この相談会は「学部」志望者向けです。大学院志望の方は、大学院入学相談会(https://www.kyoto-art.ac.jp/news/graduate/567)にお申込みください。

 

詳細や申し込みは以下のページからご確認ください!

ギリギリまで申し込みは受付しているので、まだ間に合いますよー!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/news/89

 

受験生のみなさまのご参加お待ちしております!!

 

 

  • LINEで送る

2019年10月11日  授業風景

授業作品紹介「エッセイマンガ」

 

前期の「エッセイマンガ」の授業で学生たちが制作した多くのネームを

ペン入れして原稿に落とし込んだ作品を何点か紹介したいと思います!

どれも力作で思わず笑ってしまうような面白い作品です!

 

 

1「食物戦争」崔敬荷

「食べること」をテーマに制作した作品です。

飼い犬は買い主に似てしまうということがとても分かるお話ですね!

崔さんのかわいい絵柄でコミカルに描かれたお話のオチまで完璧!

楽しそうな雰囲気で温かい気持ちになる作品でした! 

page-0001

page-0002

page-0003

page-0004

 

 

ーーーーーーーーーー

 

2「おかしないえ」森本睦海

この話も先ほど紹介したものと同じく「食べること」をテーマに制作した作品です。

お菓子が大好きでいつも手元にあると幸せな気持ちになりますが、

ありすぎると困ってしまうこともある…というお話です!

とても共感しました!

 page-0005

page-0007

page-0006

page-0008 

ーーーーーーーーーー

 

 

3「ノスタルジックな後悔」谷口智哉

「人生最大のピンチ」をテーマに制作した作品です。

男子小学生は一度通る道…カンチョーすることにハマった谷口くんが、

思わぬ事件が起きてしまったことで、カンチョーすることから卒業するお話です!

ポップな絵柄で描かれていることで事件現場のヤバさを少し和らげてますね!

 page-0010

page-0011

page-0012

page-0013

page-0014 

 

ーーーーーーーーーー

 

個性あふれるユニークなネタを面白おかしく演出できるのは、

マンガ学科の学生ならではの強みですね!

ここでは紹介しきれませんでしたが面白い作品を多数寄せていただきました。

後期末もまた「エッセイマンガ」の授業作品を紹介しますので、お楽しみに!

 

  • LINEで送る

2019年8月2日  授業風景

「デジタルマンガ応用Ⅰ」人気作品紹介!

前期授業「デジタルマンガ応用Ⅰ」では、縦スクロールマンガを描いてcomicoのチャレンジに投稿する課題があります。

学生たちの投稿作品の中で人気作品を紹介したいと思います!

 

01

あさん 「煮てんじゃねえよ

回転寿司でなかなか皿を取ってもらえない煮卵の切ない気持ちを全力で描いたギャグマンガです。

煮卵とは逆に人気ネタであるサーモンとの会話劇がシュールな世界観をより一層引き立てて面白いです!

 

02

かささぎさん 「百年花のはなし

主人公が幻の花を見つけた時に、心の優しい巨人に出合うお話です。

かささぎさんの優しい絵柄と世界観がマッチしてほっこりする作品となっております!

 

03

ロクさん 「はっついた

映画を見る前に買った帽子が頭から離れなくなってしまい、いろいろな方法で帽子を取ろうとするカップルの話です。

映画上映間近という状況でのゆるっとしたギャグというギャップがいいですね!

 

04

りょもさん 「私って俺だっけ?

記憶喪失の主人公は女の子の制服を着ているのに体は男の子という自身の素性を探すお話です。

ぶっ飛んだ設定のストーリーですが、ラストでは衝撃の結末が…続きが気になってしまう作品です!

 

 

今回紹介できなかった作品もとても面白いものが多く、

楽しく作り上げたのだなということを感じました。

紙媒体のマンガとは違う演出や、縦ならではの表現方法など

習得したスキルを今後の制作に役立ててほしいものですね!

  • LINEで送る

2019年7月30日  授業風景

【アシスタント演習Ⅰ】えすとえむ先生特別授業!

7月12日(金)の「アシスタント演習Ⅰ」にてえすとえむ先生の特別講義がありました!

えすとえむ先生は[「フィールヤング」にて『いいね!光源氏くん』を絶賛連載中です!

 

今回はアナログ原稿のペン入れ、ベタ塗り、トーン貼りまでの仕上げ作業を行いました!

DSC00483

キャラの輪郭をペンでなぞっていくのですが、先生からは「ペンタッチは他の部分と似せるように」と指示がありました。

アシスタントをする上で、背景などを描くときに先生が描いたペンタッチと合わせないと画面の中に違和感がでてしまうからです。

少女マンガの画風なら線が細めで繊細なタッチ、少年マンガなら荒々しく大胆なタッチにする…という感じです。

 

修正液ではみ出た線を消して綺麗にすることも忘れません!

DSC00488

 

えすとえむ先生の元で専属で活躍されているアシスタントさんのお話も伺うことができました!

2人のうち1人はこのマンガ学科の卒業生でアシスタントの傍らデビューを目指しています。

もう1人は美術科出身でマンガを描いたことがない方だそうです。

一見正反対の2人のですが、それぞれの得意分野で活躍してもらっているとのこと。

美術科出身の方は描ける物のストックが多いので小物などこういう感じで!と伝えるとぴったりのものを描いてくれるので助かるし、マンガ学科卒業生の方には背景やマンガ的処理を中心に頼めるので安心して任せることができるとおっしゃっていました。

アシスタントをする上でマンガ家の先生が何を思っているかなどを上手く汲み取ることも重要な要素と言えますね。

 

アシスタントはマンガ家デビューをするための一つの手段です。

授業を受けた学生は特に将来のことに直結することなので、この授業で学んだことを忘れず制作を取り組んでください!

 

 

—————————————————

 

体験授業型AO入試・夏期コミュニケーション入学

Webエントリーを受け付けています!

体験授業実施日

A日程:8/4()8/5()

B日程:8/6()8/7()

実施会場は瓜生山キャンパス(京都)です。

 

Webでの申し込みは8/1日(木) 17:00までです!

申し込みはこちらのリンクからお願いします!

https://www.kyoto-art.ac.jp/admission/exam/communication_s/lp/

 

  • LINEで送る

2019年7月16日  授業風景

タカハシ ヒロユキミツメ先生特別講義!

7月11日の「キャリアデザインⅠ」の授業にイラストレーターとして活躍中の

タカハシ ヒロユキミツメ先生がゲストに来てくださいました!

IMG_5456

ミツメ先生はイラストレーター以外にもデザイナーやアートディレクター、アナログでのライブペイント、

服のデザインなど多岐に渡り活動されています。誰もやったことがないことをするをモットーにお仕事に取り組まれているそうです。

誰もやったことがないものに携わるのは、勇気が必要なことだと思います。

しかしそれがプロとして生きていく覚悟ということなのかもしれません。

 

絵はマウスを用いてillustratorで描いているそうです!マンガ学科の学生たちの多くはマンガ制作ツールのクリップスタジオとペンタブレットを使っているので驚きの声が上がりました。

授業後半は実際にillustratorでドローイングを見せて頂きましたが、圧巻でした!

すさまじいスピードで完成されていくイラストに、皆息をのんで見ていました。

IMG_5464

なぜミツメ先生がillustratorを使っているかというと、

「以前はPhotoshopを使っていたけれど画像を拡大したときに荒くなって見えるのが気に入らなかった。

その点illustratorはどれだけ拡大しても荒くならないし線がキレイ!」とのこと。

ミツメ先生のイラストは印刷に出ないような細部まで描き込みがされていました。

 

DSC00465

プロとして仕事をしていくこと、自分にしかできないことで勝負していくこと、実際に世界で活動している方から聞くお話は学生の心に響いたと思います。

とても良い刺激を受けたと思うので、自分の作品に活かしていってください!

 

タカハシ ヒロユキミツメ先生、ありがとうございました!

 

1 2 3 29

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。