マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2011年5月25日  授業風景

吉田良先生

今日は人形作家、写真家でもあり、
球体関節人形の草分け的存在である
吉田良先生に特別授業をしていただきました。
球体人形を製作したい学生が多く、
他の学科からもたくさん学生が集まりました。
球体関節人形をすでに独学で製作している
学生は自分の作品を持ってきてました。

 
人形をつくるために製図して人間の骨格を
全身、横身と均等に描くことに、
みんな大苦戦していました。

 
二次元のものを立体にしたり、
あるいは立体のものを二次元の世界で描く。
 
学生たちと話していると
「難しいけど、すごく勉強になる」
と泣かせる言葉を発してくれました。

  • LINEで送る

2011年5月17日  授業風景

百科学

マンガ学科カリキュラムにも御尽力いただいた海洋堂の館長・宮脇修先生が百科学の授業のために本学にいらっしゃいました。

 
館長は一週間前になんと83歳のバースデイを迎えたそうです。
正直60代といっても過言ではないくらい若々しいです。

 
本学に来校したことある方なら御存じだと思いますが、校舎の階段がとてもすごいのです。
小さな子供たちも毎日元気に通ってきてますが、若い学生でさえもけっこうな階段なのです。にもかかわらず、館長はすたすたと早歩きでいかれ、追いつくのが少し大変でした。

 
授業のための原稿を見せていただきました。
これは表紙ですが、中身は写真と言葉でぎっちりでした。
学生たちに伝えたいことが明確で、私自身がとても勉強になりました。

 
海洋堂で製作されているフィギュアも持っていただき、授業以外でも学生たちと交流していただきました。

 
ありがとうございました。

  • LINEで送る

2011年4月22日  授業風景

お買いものツアー

今日はマンガ学科の学生全員で大阪お買いものツアーへ行ってきました。

 
A班、B班、C班の三班にわかれ、梅田のLOFT、TOOLS、心斎橋のカワチ画材店へ。

 
学生がそれぞれのマンガ画材を探し、買い物を楽しんでいました。

 
中学生や高校生からマンガを描いている学生はすでに持っているのですが、
大学生になって本格的に始める学生には
どんな画材を買っていいものやらわからないとのことで、
マンガ家の先生と一緒に話をしながら
ワイワイと買い物を楽しんでいました。

 
私はC班17人と佐藤先生と総勢19人で電車乗り継ぎ、なんとか梅田。
19人での集団移動はとにかくすごいです。
こんな大勢での集団移動はいつ振りだろうと。
3年前ぐらい前にいったHISの「北京弾丸ツアー」を思い出しました。

 
一緒に帰ってきた学生たちは梅田から京都まで爆睡でした。
お疲れ様。

 
このお買いものツアーは本校の広報で流されます。
ぜひ見てください。

1 27 28 29

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。