キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年9月20日  授業風景

夏期集中授業「ポートフォリオ研究」2019

こんにちは。副手の渡辺です。

 

93日、4日、10日、11日の4日間をかけて、

3年生を対象に「ポートフォリオ研究」という集中授業が行われました。

 

この授業では自身の進路について考え、

将来目指す領域に対して自分をプレゼンテーションできる、

目的に応じたポートフォリオの作成を目標としています。

1111111111111111

22222222222222

そもそもポートフォリオとは何か?ということをまずは理解してきます。

 

今まで制作してきたものを振り返り、

自分の目指す領域によって作品の順番や、情報量も変わってくるため、

各領域の担当の先生から解説をいただきました。

憧れの企業に就職、内定をいただいた先輩方が制作したものも参考にして、

それぞれ実制作に入って行きます。

 

また、昨年に引き続き、お二人のゲスト講師の方にお越しいただきました。

 

葭矢峰世様に就職活動メイクアップセミナーをしていただきました。

葭矢様は化粧品販売を経て、写真スタジオでのメイクなどの美容やカメラを担当。

スタジオ業務と並行し、専門学校・大学でメイクアップ講座を行われています。

3333333333333333

国民的アニメのキャラクターをモチーフに、陰気なイメージのキャラクターもメイク次第で、

声を掛けやすいような、やわらかい雰囲気の印象に変えることができるというお話などをしていただきました。

その後、モデルの学生に実際にメイクをしていただきました。

 

 

44444444444444444

持参したメイク道具一式を使って実践していきます。

初めてビューラーを使う学生もいて、道具の持ち方から丁寧にご指導いただきました。

 

 

55555555555555555555

男子向けのヘアメイクでは、清潔感が重要ということで、

顔周りをすっきり整えていただいたことによって、爽やか度が急上昇しました!

眉の整え方、スーツの着こなし方も教えていただきました。

 

66666666666666

それぞれのメイクの悩みにもお答えいただき、授業後も葭矢様の元へ学生が殺到していました!

 

学生は慣れないスーツやメイクに悪戦苦闘していましたが、身だしなみを整えることによって、表情も明るく好印象を与えるということを体感しました。

今回の講座が、就職活動に向けての心構えのひとつになったようです。

 

そして、「株式会社ビビビット」からマーケティング事業部の井上佳子様にお越しいただきました。

777777777777777777

ビビビットとは、ポートフォリオ×就職活動をテーマにしたクリエイター・デザイナー・イラストレーターを志望する方向けの就職サイトです!詳しくはこちら

 

7777777777777

“短い時間で端的に伝える”というポートフォリオの極意を伝授していただきました。

就活に関するレクチャーの中でクイズが出題され、それに正解した学生には「ビビビットシール」がプレゼントされていました!

 

ビビビットのポートフォリオサイトを活用して就職活動を行った、昨年度の卒業生のサイトも見せていただきました。ぱっと見たときの最初のヴィジュアルで、その人の特性がわかりやすいと企業からのアプローチも多いようです。

こちらのはたらくビビビットのサイトからご覧いただけます。

 

サイトに作品をどんどんアップ→企業の方とやりとり→それぞれの企業に合わせた紙媒体のポートフォリオを印刷して持っていく、という活用法が今は主流だそうです。まずはポートフォリオサイトを活用してみるのが就活のはじめの一歩なのですね。

 

葭矢さま、井上さま、ありがとうございました!

 

 

最後に、来年に向けて2年生も参加してポートフォリオの内覧会が行われました。

8888888888888

できたてほやほやのポートフォリオと制作者がずらりと並び、対面式でフィードバックをもらいました。

 

999999999999

見られる側は緊張気味の様子。

 

4日間の授業を経て、今までの制作を振り返り、自分には何ができるのか、どんな方向に向かって行けばいいのか、将来を深く考えることができたと思います。

様々な角度からの助言を元にさらに磨きをかけたポートフォリオは、自信をもって自分をプレゼンテーションできる一冊になることでしょう。

 

  • LINEで送る

2019年2月6日  授業風景

Happy Elements ゲームデザイン奮闘記 Vol.7「大団円の巻」

前回までのあらすじ。
本学では「あんさんぶるスターズ」「メルクストーリア」でおなじみのゲーム開発会社Happy Elements との連携授業を実施しています。選抜された13 人の受講生を4 チームに分割し、それぞれがオリジナルのゲーム企画を立案して最終的にはコンセプトアートや画面レイアウトも含めたプロレベルの企画書を作成していきます。

ブログ0119_1ブログ0119_2

(Happy Elements 公式サイト http://www.happyelements.co.jp/recruit/
遅ればせながら明けましておめでとうございます。キャラクターデザイン学科の村上です。 早いもので今年も残すところ 11 か月となりました。年間を通して続けてきたこの授業もついに最終回です。
ようやく4 チーム全ての企画書が完成し、今回はその合評を行ないました。

 

ブログ0119_3

これまでに学んできた全ての要素を一つにまとめ上げて発表していきます。

 

ブログ0119_4

緊張で食事も喉を通らなかったのでしょうか。柴漬けだけを昼食にする学生がいました。 「米は別腹」を豪語する僕からすると信じがたい所業です。 

 

ブログ0119_5

合評の後は、採用担当の岩瀬様よりHappyElements の企業説明をしていただきました。 制作のレクチャーとは異なり、間近に迫ったリアルな将来像がイメージでき、皆気持ちが引き締まっていた様子でした。と同時に、岩瀬様のリズミカルで流れるようなスピーチに感動してしまいました。
続いて学生が持参したポートフォリオの講評会をしていただきました。
至れり尽くせりで盛りだくさんです。

 

ブログ0119_6

イラストレーションゼミ所属の小林彩香さん(長野県長野吉田高等学校 出身)のポートフォリオを見ていただきました。本人はデザイナー職を希望しており、その道のプロになるための様々なアドバイスを受けていました。
と、こうして全工程が終了したわけですが、ツールの使い方や表現のテクニックに留まらず、最終的には「人さまに見ていただく」ために必要な工夫や気遣いについて学ばせていただいた気がします。
HappyElements の先生方、一年間本当にありがとうございました!

HappyElements との合同授業「ゲーム制作特殊演習」は次年度は少し形を変えて、デザイナーに特化した形で授業を行います。本気でプロを目指す人はぜひチャレンジしてみてください。

  • LINEで送る

2018年12月26日  授業風景

Happy Elementsゲームデザイン奮闘記Vol.6「終わりの始まりなのだの巻」

前回までのあらすじ。

本学では「あんさんぶるスターズ」「メルクストーリア」でおなじみのゲーム開発会社Happy Elementsとの連携授業を実施しています。

選抜された13人の受講生を4チームに分割し、

それぞれがオリジナルのゲーム企画を立案して最終的にはコンセプトアートや画面レイアウトも含めたプロレベルの企画書を作成していきます。

1111 2222

Happy Elements公式サイトはこちら

 

こんにちは。キャラクターデザイン学科の村上です。

年間を通して続けてきたこの授業も残すところあと2回。

ということで12月の授業ではこれまでに作成してきたキャラクターデザインやコンセプトアート、

キービジュアル、UIデザイン等を使って、各チームが一つの企画書としてまとめていく作業を行いました。

 

前回のUIデザインの回と同じく、ゲームのイメージをより具体的な形にしていく作業になるので、

いざ企画書の形式に納めて説明文を書き始めると、またしても企画のアラに気づき、議論は二転三転。

企画書作りはプロのゲーム開発の現場では何週間もかけて議論するものですが、

それを学生がたった一日で行うので混乱が生じて当たり前。

それでも「こんなにうまくいかないものか」と改めて痛感した様子でした。

 

 

 3333

天野先生による企画書作りのレクチャー。部外秘の企画書を見る機会が与えられ、学生たちも大興奮です。

すっかり聞き入ってしまって、途中でメモをとる手が止まってしまいました。

詳細をブログでも紹介したいところですが、さすがに極秘の内容なので、やー残念。

 

 

 

4444

まずは全体構成のラフを作成して、どこにどんな見出しを入れるかを検討していきます。

 

 

 

 

5555

こちらのチームは山中楓さん(一番手前)(大谷高等学校出身)がチームリーダー兼プランナーとして全体を束ね、

呉煌輝君(右)がキービジュアルや世界観を作成、

皆川成海さん(左手前)(静岡学園高等学校出身)がキャラクターデザイン、

海野千尋さん(奥)(常葉大学附属常葉高等学校出身)UIデザインを担当しています。

ワイワイガヤガヤと議論しながら作業をするのではなく、山中さんが的確に指示を出して、

他は黙々と仕事チックに業務をこなしていく、そんな形で制作を進めていました。

 

 

 

 

6666

Happy Elements天野先生から直接ゲームプランニングの指導を受ける矢部紘花さん(京都府立亀岡高等学校出身)

欠点をガンガン突かれて思わず笑ってしまっていました。

 

そんなこんなで今年の授業も全て終了。

あとは1月の授業でみんなの企画書がどんな風に仕上がっているのかが楽しみです。

では皆さま、良いお年を!

  • LINEで送る

2018年12月6日  授業風景

野村先生がコンソーシアムの講義をされました

 

先月3()にキャンパスプラザ京都にて、

アニメーション領域をご担当されている野村誠司先生が

昨年に引き続き、大学コンソーシアム京都の講義をされました。

11

 

大学コンソーシアム京都とは、加盟している京都の大学が連携して授業やプロジェクトを行う団体です。

当日は立命館大学で映像を学んでいる学生を中心に、約30人が集まり講義を受けました。

 

「アニメーションのリアル」と「アニメーションと琳派」という2つのテーマで講義をしていただきました。

 

 

22

「アニメーションのリアル」ではロトスコープを用いたアニメーションを解説いただきました。

ロトスコープは実写の映像を描き写すアニメーションの手法です。

1秒間に何枚の絵の連なりを描くと最も自然に動くのか。

 

人間が歩く映像を元に、

1秒間に24枚の絵、12枚、8枚・・・と再生したものと実際に比較をしました。

 

少しずつ変化する絵が1秒間にたくさんあればあるほど、間隔が埋まりなめらかに動くのですが、

24枚のものよりも、少し枚数を減らしたものの方が歩いている様子が自然に見えました。

 

人間以外の物が歩く場合は、プリンの様に形が不安定なものをロトスコープする場合は・・・と実際に作成されたアニメーションを見ながらの解説は納得しながら、新たな発見がたくさんありました。

 

33

「アニメーションと琳派」は琳派の系譜を一から説明していただき、琳派の絵師たちから学び取れるアニメーションをお話いただきました。卒業した学生たちが作成した琳派誕生400年記念PRムービーも上映しました。

 

 

小さい頃から身近に接してきたアニメーションの技法を丁寧に解説いただき、

後半は京都という土地を意識した作品作りを学びに活かさなければいけないと感じる講義で、普段アニメーションを主に学んでいない学生も興味深く講義に臨んでいる様子でした。

野村先生ありがとうございました。

 

 

  • LINEで送る

2018年12月3日  授業風景

Happy Elementsゲームデザイン奮闘記Vol.5「初心に返る、の巻」

 

前回までのあらすじ。

本学では「あんさんぶるスターズ」「メルクストーリア」でおなじみのゲーム開発会社Happy Elementsとの連携授業を実施しています。選抜された13人の受講生を4チームに分割し、それぞれがオリジナルのゲーム企画を立案して最終的にはコンセプトアートや画面レイアウトも含めたプロレベルの企画書を作成していきます。

01 02

Happy Elements公式サイト http://www.happyelements.co.jp/recruit/

 

 

こんにちは。キャラクターデザイン学科の村上です。

11月の授業では、「UIデザイン」についてレクチャーをいただき、実際にゲーム画面のレイアウトを起こしていきました。

UIってわかりますか?ユーザー・インターフェイスの略で、ゲーム画面の中のアイコンやボタン、ゲージやメッセージといった、ユーザーの皆さんに操作を誘導するためのデザインを指します。どんなに面白いシステムで魅力的なキャラクターが活躍するゲームでも、このUIデザインが悪ければ一体何をすればいいのか分からないゲームになってしまいます。つまりゲームを生かすも殺すもUIデザイン次第ということです。

 

Happy Elements天野先生よりレクチャーをいただいた後は、各チームが今作っている企画の中で一番見せたい場面をピックアップし、その画面をレイアウトしていきます。

今この場面でプレイヤーが一番見たい情報は何か!?キャラクターのサイズをどのくらいにしたら動かしやすいか!?タップしやすいボタンの大きさになっているか!?と色々な方向から物事を考えてレイアウトを整えていきます。

 

03

これは画面遷移図。最初はこんなラフからはじめて、ゲームの流れを考えながら必要な情報の優先順位を決めていきます。

 

04

実際にUIが加わると具体的な遊びがイメージできてワクワクしてきます。

 

しかし!こうして実際にUIを含めて画面を作っていくと、ゲームの仕様が穴だらけだったことに気が付くんですね。次々に問題が浮き彫りになり、企画を大きく練り直すというチームも出てきて作業は思うように進みません。私は心の中でゲーム開発をナメるなよと思いつつ、邪悪な笑みを浮かべて学生たちを生温かく見守るのでした。

 

05

試行錯誤を繰り返す3年生の海野千尋さん(常葉大学附属常葉高等学校出身)。

情報量の多いゲーム画面を作っているので結論を出すまでにかなり時間がかかります。

 

次回12月の授業では、これまでに制作してきた「キービジュアル」「キャラクターデザイン」「ゲーム画面」を組み合わせて一つの企画書としてまとめていきます。乞うご期待!

 

1 2 3 17

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。