キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年9月19日  授業風景

Happy Elementsゲームデザイン奮闘記Vol.3「企画に命を吹き込む」の巻

こんにちは。キャラクタ―デザイン学科の村上です。

すっかり連載状態になっておりますが、引き続き本学とゲーム制作会社Happy Elementsさんとの連携授業の様子をレポートしていきたいと思います。

 001 002

Happy Elements公式サイト

 

前期最後の授業は学生たちが待ちに待った「キャラクタ―デザイン」の実習でした。

みんな普段絵が好きでキャラクターを描いていますが、いざプロとして通用するレベルのものを作るとなると、なかなか苦戦するものです。

可愛い絵やうまい絵が描ければそれでOKだと思っている人が多いのですが、ゲームのキャラクターというのは、それだけでは通用しません。ゲームキャラクターはコントローラーを使って動かしたり液晶をタップして動かしたりと、とにかく「ゲームを進行させる」ことが大前提になるからです。スーパーマリオというゲームを作るのにイケメンを描いたって仕方がないですよね。

今回の授業では、「どんなゲームで、どんな行動をとるのか、そしてどんな世界にいて、他のキャラクターとはどんな関係性なのか」を考え、ゲームシステムを吟味した上でビジュアルを突き詰めていくというワークを行いました。

003

絵を描く前に、しっかりとアイデアを出し合って、世界観を突き詰めます。

 

004

キャラクタ―デザインの下書き。可愛らしいキャラが出来上がりましたね。

 

 

 005

Happy Elementsさんで開発された人気ゲーム「メルクストーリア」の貴重な原画や資料を見せていただき、その世界観とキャラクターがどんな考え方で作られたのかを教えていただきました。

そして、キャラクターを作り出すとき、どのような思考で発想を広げれば良いのか、また見た人に「何を体験させたいのか」というゲームデザインの基礎ともいえるアフォーダンスの重要性についてもレクチャーしていただきました。

 

 

 

 006

ディレクター志望の山中楓さん(大谷高等学校出身)。キャラクターを作る前に必要な設定の方法やアイデアのまとめかたをレクチャーしていただいています。

 

007

左から、中国の留学生であるキャラクターイラスト担当の王吟賀さん。中央は、すっかりこのブログの常連になってしまったプランナーの中井涼さん(金沢辰巳丘高等学校出身)。そしてUIデザイン担当の本田真子さん(長崎県立島原高校出身)。このチームもまた実力派揃い。和気あいあいとした雰囲気の中で次々にアイデアを出していきます。

 

これまでゲーム企画の骨格となるゲームシステムを固め、ストーリーを作り込んできましたが、ビジュアルができたことでようやく企画に命が吹き込まれてきました。

 

前期はここまでですが、後期は実際にプロの現場で通用する企画書作りということで、よりハードルを上げて新たな表現を学んでいきたいと思います。

 

 

 

  • LINEで送る

2018年9月18日  授業風景

夏期集中授業「ポートフォリオ研究」

こんにちは。副手の渡辺です。

 

8月2728日、91011日の4日間で、夏期集中授業の「ポートフォリオ研究」が行われました。

 

この授業は3年生が対象で、講義と実制作を通して一冊のポートフォリオを完成させます。

 

1日目は「ポートフォリオとは・・・」から始まり講義を受けました。

自分の目指す業界によってのポートフォリオも研究しました。

_MG_0002

 

2日目は一同スーツを着用して集合です。

昨年に引き続き、葭矢峰世様にお越しいただき、就活メイクについて教えていただきました。

 

葭矢様は化粧品販売を経て、写真スタジオでのメイクなどの美容やカメラを担当。

スタジオ業務と並行し、専門学校・大学でメイクアップ講座を行われているお方です。

_MG_0031

キャラクターをデザインする上でもメイクアップの工程は参考になるというお話もしていただきました。

 

_MG_0042

休憩中もメイクの悩みを聞いていただき、みんな興味津々です。

 

_MG_0053

メイクしていただいた学生は大満足の様子でした。

 

_MG_0057

続いて男子諸君への、髪の毛や眉の整え方のレクチャーは必見でした。

身だしなみを整えると自然と表情が明るくなりますね。

就職活動に向けての心構えのひとつになったと思います。

 

 

_MG_0001

3日目はポートフォリオを実際に制作、

最終日はできあがったポートフォリオをゼミの先生に見てもらいました。

 

_MG_0026

全体でもそれぞれのゼミから選抜のポートフォリオを例に、解説とアドバイスをしていただきました。

 

3限目には「株式会社ビビビット」からマーケティング事業部の井上佳子様にお越しいただきました。

ビビビットとは、ポートフォリオ×就職活動をテーマにしたクリエイター・デザイナー・イラストレーターを志望する方向けの就職サイトです!詳しくはこちら

_MG_0040

企業側はポートフォリオでどこを見ているのか、

作品を載せる量や順番、

実際にビビビットを利用して就職活動を行っていた学生のお話などなど教えていただき、

学生の口から「知らなかった・・・」と声が漏れていました。

 

4日間を通してポートフォリオを作り上げることで、自分の作品を整理し、

将来を考えることが出来たと思います。

これから後期の授業を受けての作品などを追加し、先生方やお越しいただいたゲストの方々のお話を受けて、今回できあがったポートフォリオを改良していきます。

就職活動で企業に持っていくときに、自信を持って自分を知ってもらうものになるといいですね。

  • LINEで送る

2018年6月4日  授業風景

体験授業の告知と、ゲームゼミでのハッカソン参加報告!

610日(日)、いよいよキャラクターデザイン学科の体験授業型オープンキャンパスが開催されます。

「ゲームキャラクターをつくろう」では「あそび」というものを学びつつAO入試の対策となるアイデアの出し方やキャラクターデザインの基本について学ぶことができます。

まだ席に余裕がありますので、受験希望者に限らず、「よく分からないけどどんなことをやるのか興味がある」「ゲームキャラクター?なにそれ?」という人もぜひ参加してみて下さい。

 

体験授業の参加申し込みはこちら

 

さて、我がゲームゼミでは、62日に関西学生ゲームコンソーシアムの活動の一環として、立命館大学、和歌山大学、島根大学、そして京都造形芸術大学の4大学合同でのハッカソンに参戦しました!

ハッカソン(ハックとマラソンの混成語)とは、短時間でソフトウェアを企画開発するイベントで、発想力やスキルの向上だけではなくチームワークの強化に役立つとして様々な企業や教育機関で実施されています。

 

今回キャラクターデザイン学科の参加者は11人で、デジタルゲームチームとアナログゲームチームに分割して進めました。他の三大学は工学部が中心となって技術とアイデア勝負で挑んできますが、本学には工学部がないので、デザインとアイデアで勝負することしました。

 

11111

デジタルゲームチームを率いるのはプログラム担当で3年生の五十嵐智也君。

 

 

22222

同じくデジタルゲームチームのプランナーたち。左から2年生のプランナー崎佑輔君(奈良県立桜井高等学校出身)、井沼田稜君(京都府立東宇治高等学校出身)、石倉凛太郎君(鹿児島工業高等専門学校出身)。頼もしい頭脳派集団です。

 

 

33333

同じくデジタルゲームチームのデザイナーたち。左から尹昭媛さん(韓国造形芸術高等学校出身)、八阪実梨さん(仁川学院高等学校出身)

黙々と作業に打ち込んでいます。

 

 

44444

そしてこちらはアナログゲームチーム。

デジタルゲームチームが分業制だったのに対して、こちらはテーブルを囲んでひたすら話し合い、テストプレイをし、そしてまた話し合うという形で、とにかくテンションの高い女子チームとなりました。

右からデザイナーの石森由起さん(小松市立高等学校出身)、プランナーの中井涼さん(金沢辰巳丘高等学校出身)、プランナー兼チームリーダーの門瀬菫さん(奈良県立奈良北高等学校)。このメンバーはHappy Elementsさんの合同授業の記事にも登場したので御存知の方も多いのではないでしょうか。

 

 

55555

更に今回は新進気鋭の1年生も参戦。右から星山菫さん(小松市立高等学校出身)、奥田菜陽さん(広島県立広島観音高等学校出身)

 

 

今回は朝10時にお題が発表され、18時までにゲームとして完成させるという過酷なものとなりました。ちなみに今回のお題は「あげる」です。デジタルゲームチームは「油で揚げる」、アナログゲームチームは「プレゼントをあげる」というテーマでゲームを作りました。

 66666

テンションの高い学生が多く集まったので、議論が白熱し、次々に面白いアイデアが生まれていきます。現場のカオス感がすごいですね。

 

 

77777

18時にゲームが完成し、いよいよSkypeを介しての4大学のプレゼンに突入。

どのチームも面白いアイデアの詰まった作品を紹介していました。

 

 

88888

過酷な課題に挑戦して、力を合わせて乗り越えて、完成品を見て大爆笑している学生たち。

学生同士で自発的にチャンスを作って、自信をつけていく。こういう姿を見ていると、自分も学生に戻って青春をしたいなと思ってしまいました…。

みんなお疲れー!

 

 

  • LINEで送る

2018年5月25日  授業風景

Happy Elementsゲームデザイン奮闘記Vol.2「面白いって難しいの巻

 

前回までのあらすじ。

「あんさんぶるスターズ」でおなじみ人気のゲーム制作会社Happy Elementsとの連携授業として、去年は単発のワークショップを行なっていたのに対し、

今年度は通常の集中授業として年間を通して実施する事になりました。そして13人の受講生を4チームに分割し、

それぞれがオリジナルのゲーム企画を立案して最終的にはコンセプトアートや画面レイアウトも含めたプロレベルの企画書を作成していきます。

というように、4月の授業ではゲームのアイデアを出し合い、なんとなくのアウトラインを固めるところまでを実施しましたが、

今回はゲームシステム、プレイサイクルまでを練り込み、イメージ画を含めて企画草案書を作りました。

 

漠然としたゲームの構想から具体的なゲームの流れをまとめ、それが「面白い!」と思えるレベルになるまで、

みんな積極的にアイデアを出し合い、恐ろしい集中力で予定通りに企画書を完成させました。

人間の集中力は15分までといいますが、好きなことになると朝から夕方までノンストップで突っ走る事ができるもんなんですね。

結構しんどい課題のはずなのに、みんな楽しそうにやっていました。

ハピエレ0519

チームリーダー兼プランナーを担当する学生はゲームの仕様をまとめていきますが、

デザイン担当の学生が次々に描いていくイメージイラストやコンセプトアートを見て、そこから更に面白いアイデアをひねり出していきます。

では数週間に渡って、各チームの企画内容を紹介していこうと思います。

 

まずはチーム「芋けんぴ」。

ほとんどのチームがスマホ用ゲームを企画していく中、このチームはPlayStation4を想定した企画を進めています。

企画内容は、少年と怪物の交流を通して、現代と未来の世界を行き来しながらマップを攻略していくというもので、

少年と怪物の行動特性を使い分けて行動範囲を広げていく過程にパズルの要素が含まれています。

ハピエレ0519_2

ここは小林彩香さん(長野吉田高等学校出身)と石森由起さん(小松市立高等学校出身)という

二人のイラストレーターがどんどんイメージ画を描いて、

それらをプランナーの門瀬菫さんが統合してゲームシステムを作り込むという手法をとっています。

 ハピエレ0519_3

門瀬さんは普段はゲームシステム(遊びのルール)を固めて、それが面白くなってからビジュアル面を突き詰めるやり方をしており、

今回ビジュアルからシステムを構築していくという手法に最初は戸惑っていましたが、

一旦突破口が見えると途端にゲームの構想がどんどん広がり、一気に企画がまとましました。

 

  • LINEで送る

2018年5月14日  授業風景

Happy Elementsゲームデザイン奮闘記Vol.1「企画のはじまりの巻」

 

日本の皆さんこんにちは。ブラジルの皆さんこんばんは。キャラクターデザイン学科の村上です。

 

ゲーム会社Happy Elements様との合同授業「ゲーム制作特殊演習」がスタートしました!

Happy Elementsといえば「あんさんぶるスターズ」や「メルクストーリア」といった有名な大ヒットゲームを送り出している京都のゲーム会社です。

Happy Elements公式サイト)

 

 ハピエレロゴ カカリアロゴ

去年は本学にてHappy Elements展を開催し、「あんさんぶるスターズ」の開発スタッフをゲストに「特別授業」として

実際の現場での考え方やテクニックについてレクチャーをしていただきました。

 

しかーし!

 

今年はなんとそれを「通常授業」として展開し、一年全30コマ分の授業を通してプロ技術とプロ意識をガッツリと叩き込んでいただきます。

授業では4チームに分かれて、プロの現場で通用するレベルでのオリジナルゲームの企画書を作っていきます。

春の間は企画コンセプトやシステムを練り込み、夏はキャラクターデザインやコンセプトアート、

秋はUI(ユーザー・インターフェイス)デザイン、そして冬はそれらのデータを統合させて企画書として完成させていきます。

受講生はキャラクターデザイン学科が誇る13人の選ばれし精鋭たち!出てこいや!(高田風)13人の精鋭って円卓の騎士みたいでカッコ良いですね。

ここにはゲームゼミだけではなく、同学科内のグラフィックゼミやイラストゼミ、プロデュースゼミの学生も混在し、

それぞれの得意分野を活かして協力していきます。

 はぴえれ2

<チーム名:芋けんぴ>

門瀬菫(3年生、プランナー、奈良北高等学校出身

石森由起(3年生、デザイナー、小松市立高等学校出身

小林彩香(3年生、デザイナー、長野吉田高等学校出身

 はぴえれ3

<チーム名:バラバラ>

山中楓(3年生、プランナー、大谷高等学校出身

海野千尋(3年生、デザイナー、常葉学園高等学校出身

呉煌輝(3年生、デザイナー、泉州第一中学高等学校出身

皆川成海(3年生、デザイナー、静岡学園高等学校出身

 はぴえれ4

<チーム名:ショータイム>

矢部紘花(3年生、プランナー、亀岡高等学校出身

尹昭媛(3年生、デザイナー、韓国造形芸術高等学校出身

村上日向(2年生、デザイナー、大阪女学院高等学校出身

 はぴえれ1

<チーム名:マンダリン>

中井涼(2年生、プランナー、金沢辰巳丘出身

本田真子(3年生、デザイナー、島原高等学校出身

王吟賀(3年生、デザイナー、鄭州市第106高等学校出身

 

第一回目となる今回は、ゲーム企画のディスカッションを行ないました。

企画のお題は「魅力的なキャラクター×パズルゲーム」。

媒体はスマホでもコンシューマ機(PlayStationSwitchなどの家庭用ゲームハード)でもアナログ玩具でも何でも自由。

本学のゲームゼミではデザイナーにもプランナーにもまずはゲームプランニングの基本から教えているため、

コンセプトとシステムを先に練り込んでからキャラクターを演出する傾向があります。

 

しかし今回は「魅力的なキャラクター」を同比率で盛り込まなくてはなりません。

キャラクターの比重が高いと物語が先行してゲーム性が薄くなり、比重が低いとキャラクターが単なる飾りで終わってしまいます。

そんな、非常にバランスのとり方が難しい良い企画だと感じました。

 はぴえれ

Happy Elements天野様によるゲームプランニングの講義風景。

 

今回は企画の概略が見えてきたところで一旦終了です。

次回はコンセプトを練り込み、企画草案書としてゲームの全貌が見えてくるところまでを詰めていく作業を行ないます。

 

今後定期的にブログにて受講生たちの奮闘ぶりを公開していきます。ご期待ください!

 

 

 

 

1 2 3 16

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。