キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2020年8月5日  授業風景

田口先生×アイドルカレッジによる「アイドル論」の授業が行われました!

皆さんこんにちは!

好きなアイドルはピンク・レディーと中森明菜、キャラクターデザイン学科副手のドイです!

 

先月の音楽プロデュース論の授業にて、

サウンド領域担当の田口雅敏先生による「アイドル論」が行われました。

 

「アイドル論」とは音楽プロデュース論にて実施企画された、アイドル領域での戦略や他グループとの差別化などアイドルプロデュースの現状についてのお話をして頂く授業です。

スクショ001

 

 

今回の「アイドル論」ではなんと!

東京で活躍している現役のアイドルグループ、アイドルカレッジから南千紗登さんと田口空さんのお二人が

オンラインゲストとしてお越しくださいました!!

 

スクショ004

↑南 千紗登(みなみ ちさと)さん

スクショ005

↑田口 空(たぐち そら)さん

 

本物のアイドルからアイドル領域についてのお話をして頂けるなんて、すごく豪華な授業!

オンライン授業だからこそ実現できた企画ですね。

 

アイカレ

アイドルカレッジとは“未来のアイドルをみんなと育てていこう”をテーマに掲げ、女の子たちに歌やダンス、演技などのレッスンを積ませ、その過程を公開授業という形でファンの方たち(通称:クラスメイト)に見てもらう事で、アイドルとしての成長過程を応援してもらうという、名前の通り「アイドルの学校」として活動しているアイドルグループです。

結成から10年近く活動を続けており、テレビアニメの主題歌やドラマのEDテーマを担当したり、舞台や映画でのソロ活動をしたりと、様々な方面で大活躍しています。

 

南×田口

南千紗登さん(※写真左)はアイドルカレッジの初代リーダーを務めていた方です。

舞台や映画にも出演されている他、なんと週刊プレイボーイのグラビア投票企画にて過去最多得票でグランプリに選ばれたという経歴も!

 

田口空さん(※写真右)は田口先生と苗字が一緒ですね。

面白い偶然もあるものですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・という事ではないんです!

そう、実は!田口空さんは田口先生の娘さんなんです!!

田口先生の娘さんがアイドルカレッジのメンバーだったという点も、ゲストとしてお越し頂けた理由のひとつという訳ですね。娘がアイドルとは凄いですね田口先生・・・。

 

スクショ003

↑実の娘と授業として真面目に話す事に、ちょっぴり恥ずかしさを隠せない田口先生。

とても微笑ましいです。

 

 

授業では、グループでの活動についてのお話やアイドルに対する自身の想いなどを熱く語って頂いたり、

横浜アリーナでのライブ映像や新曲のMVを流して頂いたりしました。

 

アイドルとして今なにができるのか、存続するために何が必要なのか、どこまで上に上がれて、いつまで続けられるのか。

そういった事を日々考えながら前に進んでいくという事の難しさを話すお二人の姿は、とても印象的でした。

 

スクショ006

アイドルになった事について、

「もしアイドルとしての道を歩まなかったら、周りの皆と同じような学生生活や交友関係があったのかなと思う事はあるけど、その分アイドルにならなければ出来なかった経験をたくさん出来ているから、何かを失ったとは思っていない。全てプラスだと思っている。」

と語る南さん。前向きな姿勢がとても素敵だと感じました。

 

スクショ007

大学生でもある空さんからはアイドル活動と学生生活の両立についてのお話をして頂きました。

空さんの「何かを両立する」という事に対する向き合い方は、学生たちの胸にも響いたのではないでしょうか。

 

 

最後に

『自分たちがアイドルになれたように、走り続ければ得られるものは必ずあるし、掴める未来もまだ先にある。

皆がちょっとへこんだ時とかに笑顔を届けられるようなグループを目指して、私たちはこれからも頑張るので、

学生の皆さんも前を向いて頑張って欲しい。』

というメッセージを伝え、授業を締めくくってくださいました。

 

 

学生たちからは

「本物のアイドルの方から実際に話を聞けるなんてすごい経験!」

「売れる為にいろんな戦略や地道な努力をしていると分かって、アイドルってすごい力を持ってると感じました。」

「それぞれのグループでそれぞれの方向性を持っているのが分かって面白かったです。」

「現役アイドルの方がどういうことを考えているのかを知ることができて、とても興味深かったです。」

などの感想をたくさん頂けました。

 

また、

「アイドルカレッジというグループを今日はじめて知って興味が湧きました!色々調べてみようと思います。」

と、今回の授業を機にアイドルカレッジをもっと知りたい!と思った学生さんもいらっしゃったようです。

 

 

本記事を読んでアイドルカレッジが気になったという方は、是非ホームページをご覧ください!

お気に入りのメンバーに出会えるかもしれませんよ?

※アイドルカレッジのホームページはこちら!

 

 

田口先生、南千紗登さん、田口空さん、今回は素敵な授業を本当にありがとうございました!!

 

1280x720_topgb_03132

  • LINEで送る

2020年7月21日  授業風景

HappyElements様との合同授業(7/8 ゲーム特殊演習)

2

 

今回はHappy Elements(株)さんとの合同授業である「ゲーム制作特殊演習」の授業についてお送りします。

この授業では、架空のゲームプロットを元にコンセプトアートを作成する課題を出しています。

コンセプトアートというのは、これから開発を行なう新規ゲームタイトルのイメージを開発スタッフの間で共有するために作成されるイメージ画を指します。

ゲームは大勢のスタッフによる共同開発になるので、こういうイメージの共有はとても大事なんです。

ゲームの方向性を決める役割も果たすため、当然ながら単に好きなイラストを描くのではなく、企画コンセプトを吟味した上で、その面白さやゲーム性をどのように伝えるかが重要になってきます。

 

今回の課題となるプロットは、「現代の京都を舞台に、小野篁の子孫と小野小町の子孫が夜な夜な町へ繰り出して妖怪退治をする」というスマホ向けゲームを想定したものです。ゲームシステム等の細かい設定はあるんですが、書き出すと切りがないのでザックリとこの辺で。

 

…と、文章で書いても面白くもなんともないので、イラストレーションゼミ2年生の石戸智恵美さんの作品を紹介したいと思います。

 

 

1

 

まずこちらはレイアウトですね。プロットをよく読んだ上で、カメラアングルやキャラクターの立ち位置を決めていきます。ザクザクと描き込んでいますが雰囲気は伝わります。

 

2

 

レイアウトが決まったら、今度はキャラクターの表情も伝わるように細部まで描き込んでいきます。

 

 

そして着彩し、光やエフェクトを加えて仕上げ。満月も神秘的でありながら不気味さが出ていてとても綺麗にできています。

 

3

そしてアートディレクターさんからの講評です。

「綺麗に描けてるけど、妖怪と闘う要素が含まれていない為、コンセプトアートとしては弱い」とバッサリ!

そうなのです。ついキャラクターを描くことに一生懸命になりがちなのですが、要は「何をして遊ぶゲームなのか」が加味されていないと、ゲーム開発におけるコミュニケーションツールとしては弱くなってしまうのです。例えば奥の鳥居に妖怪が巻き付いてたりすると、ゲームの遊びとしての要素が少し見えてきたかも知れません、とのアドバイスもいただきました。

また、これが開発内部に向けたコンセプトアートではなく一般ユーザーに向けた宣伝素材なのだとしたら、キャラクター紹介の一つとしてこういう絵があっても問題はないとのこと。目的によって描くべき内容が異なるのですね。

 

今年の課題はなかなかハード。いや、ものすごくハード(笑)

当初は授業内容を考えるときにぶっちゃけ迷ったんです。

クォリティを求めるなら会社に入ればいくらでも描けます。でも今は大学生として自由な発想で自身の描き方を模索するとき。いやいやしかし、発想力を鍛える授業は既にたくさんあるので、ならば技術面をとことん伸ばす専門授業でありプロの現場のシミュレーションともいえるような内容にしてしまおうではないか!ということで、一周回って表現力を追求する授業構成になりました。

 

次回からはキャラクターデザインの実習作業に入ります。こちらも完成をお楽しみに。

 

 

Happy Elements公式サイト

https://www.happyelements.co.jp/

 

6

  • LINEで送る

2020年7月15日  授業風景

1年生初の対面授業が行われました!~7月1日編~

こんにちは、キャラクターデザイン学科副手のディアスです!

 

緊急事態宣言の解除に伴い、本学では希望する学生は登校することができる「登校可能日」が数日間設けられました。

5月半ばにオンライン授業が始まり、今やすっかり梅雨の時期に突入してしまいましたが、2020年度前期初の対面授業です。

 

学生と教員が数ヵ月ぶりに顔を合わせて行う授業となり、「やっぱり直接評価やアドバイスをしていただけるのは嬉しい」「友達と久々に会えて良かった」など、喜ぶ声が多く聞こえました。

 

今回は初日の、7月1日(水)の登校可能日の授業風景をお伝えします!

 

 

0701_CG

↑1年生CG制作基礎の授業風景

 

対面授業とはいえ、館の各所には消毒用のアルコールの設置や教室の換気、マスクの着用、学生間の距離を空けるなど、感染症防止対策をした上での受講となりました。

また、登校できない学生のために、オンライン授業も同時開講しました。

 

画面越しでしか1年生の受講する姿を見ることができなかったので、本来あるべき姿ながら、画面に食い入って受講する1年生の姿を見て少し感動しました

 

 

0701_CG2 0701_CG3

↑休み時間にCGのソフトについて会話する1年生

 

授業に集中しているせいか、人が十数人いるのが信じられないくらい教室が静まり返っていたので、「初めての登校で緊張しているのかな?」と思っていましたが、休み時間になった途端

「あの課題どうやって作ったの?」「あのツールってどうやって使うの?」「さっきのあのやり方わかった?」と水を得た魚のようにぴちぴちと盛り上がる姿を見て、またもや感動してしまいました。忘れかけていたこの姿

 

0701_アイデアソンIII

↑同時刻、別室で行われていたアイデアソンの授業風景

 

こちらは十分すぎるくらいソーシャルディスタンスを確保しつつ、受講している様子がうかがえます!

 

0701_アイデアソンIII2

「みんな元気~?」

数ヵ月ぶりに登校できて嬉しいのは学生たちだけではありません。

突然の学科長の登場に、登校した学生も画面越しの学生も、カメラを持った副手もニッコリ!

 

0701_キャラべ 0701_キャラべ7

↑3・4限目に行われたキャラクターベーシックA・Bの授業風景

 

こちらは机の間隔を空け、学生同士が対面しないよう席をずらしています。また、ハウリングしないようイヤホンの着用をお願いし、対面授業とオンライン授業を同時開講する上での工夫もされています。

教室の机が学生で埋まる姿を見て、こんなに感動する日がくるとは(3回目)。

 

 

0701_キャラべ4 0701_キャラべ5

↑自分の作品をプレゼンする1年生

 

自身の作品への思いが語られる、熱い3分間です。

初めての対面でのプレゼンに緊張しながらも、さすがキャラクターデザイン学科の学生といったところでしょうか。みなさん、なんとも生き生きとした表情が素敵です。

気付くと構えたカメラを下ろし、私もその輪に混ざって強く頷いてしまいます。

 

0701_キャラべ6

その賑わう様子に、思わず学科長も隣の教室からチラリ。

 

0701_キャラべ8 

0701_キャラべ11 0701_キャラべ10 0701_キャラべ9

1年生とは思えないほど、クオリティが高くユニークな作品がモニターに並びます。

やり切ったような面持ちで、1年生は引き続き5限目のキャラクター形成論の教室へと足を運びました。

 

0701_キャラ形2 0701_キャラ形3

0701_キャラ形

↑キャラクター形成論の授業風景

 

笑顔で受講する1年生の様子が、マスク越しでもうかがえます。

「疲れてない?」と聞くと「全く!!楽しいです!!」と返ってくるそのエネルギーに圧倒されつつ、授業を楽しむ1年生の姿を見ることができ、私も嬉しい気持ちでいっぱいでした。

 

0701_キャラ形4 0701_キャラ形5

↑プロジェクターで映し出された映像に指を置き、そこを中心にどんどん展開されていく映像を鑑賞する1年生

 

こんなふうに授業に参加できるのも、対面授業ならではですね!

 

 

あらゆる感染症防止対策を実行しながらの登校日となりましたが、まだまだ画面越しでの受講時間の方が長い1年生にとって、前期7週目の授業ながら刺激たっぷりの1日だったのではないでしょうか?

油断できない日が続きますが、対面授業再開に向けて期待が高まってゆくばかりです。

 

 

予想以上のボリュームとなってしまったので、別日の登校日の様子はまた別の記事にてお楽しみください!

 

★次回に続く―――――

  • LINEで送る

2020年2月12日  授業風景

Happy Elements様との連携授業

 ゼミ通

 

 

 

ゲーム開発会社Happy Elementshttps://www.happyelements.co.jp/)様との連携授業も今年で二年目。

「あんさんぶるスターズ!」「メルクストーリア」「ラストピリオド」といった

有名ゲームを手掛けてきた第一線のアートディレクターの先生方に本学までお越しいただき、

現場のノウハウを元に実践的な創作の授業を展開しています。

 

昨年度はグループに分かれてオリジナルのゲーム企画を立て、その企画書を作るところまでを授業の中で行っていました。

今年度は趣向を変え、表現力のアップを狙った強化授業として、個人制作としてのビジュアル制作に重きを置く形で実施しました。

受講者は、ゲーム業界でのイラストレーターやUIデザイナーを目指す学生12名。

30名ほどの受講希望者の中から、ポートフォリオの審査を経て選ばれました。

ゼミ通2

 

前期の授業は、予め用意されているゲームの企画書を読み込んでゲームシステムを吟味し、

そのゲームの世界観を表すコンセプトアートと登場キャラクターを描くという内容になっていました。

 

ここまでは以前「ゼミ通ヒーローズ」というゲームゼミのブログでも紹介しましたね。

https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=106684

 

そして後期に入ると、前期で完成したビジュアルを使って実際のゲーム画面を想定して

UI(ユーザー・インターフェース)デザインを設計し、設定資料集を作成するという内容の授業を行ないました。

 

ゼミ通3

 

制作されたビジュアルは、ただ並べるだけではなく、初めて見る人にも伝わるように意識しながら紙面をレイアウトしていきます。

 

 

 

ゼミ通4

メニュー画面や戦闘画面など、ゲームの流れが伝わるように要所要所の画面を作り込んでいきます。

 

 

物語やキャラクターがあると、つい世界観に合わせたUIデザインを作り込んでしまう傾向があります。

もちろんそれは大事なことなのですが、そこはやはりゲームなので視認性や触りやすさを重視してデザインをしなければいけません。

今回のゲーム企画が和風テイストの世界観だったため、どうしても学生たちは和風のフォントやボタンのデザインに偏ってしまいがちで、

和柄背景と和風のフォントがぶつかりあってとても見にくい画面になってしまう場面も見受けられました。

ここらへんはHappy Elementsの先生方よりビシーッと注意され、ゲームのUIにとって一番大事なものを理解できた様子でした。

「美しいかどうか」ではなく「何をするゲームなのか」がちゃんと伝わらないとプレイヤーに対して不親切ですからね。

 

 

 

 

今年度はこれで終了となりますが、また次年度も連携授業を展開していきます。

 

 

 

  • LINEで送る

2019年12月16日  授業風景

「パンダの穴」的企画コンペが行われました!

 

みなさんこんにちは!

 

「キャラクタービジネス」の授業内で企画プレゼン&授賞式の模様についてレポートします!

 

 

「キャラクタービジネス論」は、キャラクターの社会実装、ビジネスデザインをテーマに学んでいます。
今回、ガチャブランドとして有名な「パンダの穴」の協力をもらい「京都」をテーマとした、ガチャのデザインコンテストを行いました。
学生たちは「企画コンセプト」「ガチャ内容物デザイン」「盤面デザイン」に約1ヶ月を費やしグループワークから創り上げました。

 

今回はそのガチャ企画の発表日。

「パンダの穴」統括ディレクターで電通テックの飯田雅実さまに審査員としてお越しいただきました!

 

 

image1

ぱんだ

飯田様。プレゼンで優秀なグループには素敵な賞が・・・!

 

 

それぞれのグループがこれまで企画してきたガチャ企画をプレゼンしていきます。

 

 IMG_2290IMG_2310 IMG_2319

プレゼンの様子。緊張しながらもしっかりプレゼンテーションしていました!

 

 

 

 

そして審査の結果、選ばれたグループにはオリジナルデザインの賞状が送られました!

 

 

 

 

★ブロンズ賞★寺田さん関さんチーム

 

 

「堪忍して寝~えろう人気でしんどいねん~」

猫の通称ごめん寝、すまん寝と呼ばれる愛くるしいポーズを参考に、「折角遠いとこからわざわざ京都に来てくれたのに、混雑していてごめんなさいね」と観光客に
気を使っているように見えて、実は睡眠して休憩を図る、いけずな京都の有名な観光地、お土産たちをキャラクター化しました!

 IMG_2338

ブロンズ

 

★シルバー賞★

稲森さん、礒川さん、谷藤さん関さんチーム

「いてこまいこ」

 

近年、急激な観光客の増加による「オーバーツーリズム」の問題。

京都を代表し、観光客に迷惑している舞妓さんをモチーフした作品!

京都の名物を武器に、実際の舞妓さんでは絶対にあり得ない「必殺仕事人」的なキャラクターデザインに挑戦しました!

 

ぱんだ2

いてこまいこ

 

 

 

★ゴールド賞★

北園さん、中井さん、ヘレンさん 

「カンコウチュウ」

カンコウ+ウチュウ(観光+宇宙)をテーマにキャラクター化に挑戦!
『シンリャクチュウ?いやいや、ボクらカンコウチュウ!』をキャッチコピーに
宇宙人が京都に観光しにきていたら・・・?という発想からオリジナルキャラクターがデザインされています!

観光をテーマとして、国内他の観光地へのシリーズ性・連続性が高く評価されました〜。

IMG_2348

かんこうちゅう

 

 

 賞をもらえたチームも、そうでないチームもこの企画を通して作品を創る楽しさや難しさを実感したことでしょう。

5分という短い発表時間!発表スタイルもそれぞれ芝居を織り交ぜたり創意工夫があり、ユーモアたっぷり!

それぞれチーム、個人の個性・独創性が出て、笑顔の絶えない楽しい発表となりました。
貴重な経験を、飯田様、「パンダの穴」チームの皆さま、本当にありがとうございました!

 

 

<参考>
ガチャブランド「パンダの穴」の独特な企画の作り方
第一回:「シャクレルプラネット」の企画者が語ります
https://bae.dentsutec.co.jp/articles/gacha-creator01/

 

 

 

1 2 3 18

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。